高橋健太郎 (バレーボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 健太郎
Kentarō Takahashi
東レ・アローズ  No.2
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1995-02-08) 1995年2月8日(23歳)
出身地 日本の旗 山形県川西町[1]
ラテン文字 Kentarō Takahashi
身長 202cm
体重 100kg
血液型 A型
選手情報
所属 東レ・アローズ
愛称 ケンタロウ
ポジション MB/OP
スパイク 350cm[2]
ブロック 330cm[2]
テンプレートを表示

高橋 健太郎(たかはし けんたろう、1995年2月8日 - )は、日本バレーボール選手である[3]筑波大学卒業。全日本メンバー[3]V.LEAGUE Division1の東レ・アローズに所属している[4]

来歴[編集]

山形県川西町出身[5]川西町立第一中学校[6]時代は野球に打ち込みプロ野球選手を目指したが、の故障で断念[5][7]米沢中央高等学校入試時に高身長がバレーボール部顧問の目に留まった。全国私学バレーボール連盟会長であった同校校長の口添えもあり、バレーボール部へ入部した[5][7]

2012年に全日本ユース代表に選出され、アジアユース選手権に出場し[1][8]、銅メダル獲得に貢献した[1][9]

2014年4月、全日本メンバーに登録され[10]、東京オリンピックに向けた強化選手であるTeam COREのメンバーにも選出された[11]。同年のワールドリーグメンバーに登録された[12]

2015年2月に右膝の骨折により戦線を離脱したが[5]、4月に全日本男子の南部正司監督は期待の全日本若手ユニットである「NEXT4」の一員に指名した[7][13]。同年9月に開催されたワールドカップ開幕試合である対エジプト戦に途中出場し[3][14]、メジャー三大大会デビューを果たした。

2016年10月、Vプレミアリーグ東レ・アローズは高橋の入部内定を発表した[15]

球歴[編集]

所属チーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 米沢日報デジタル. “高橋健太郎選手、世界への挑戦”. 2015年8月30日閲覧。
  2. ^ a b sportsnavi. “選手プロフィール”. 2015年8月30日閲覧。
  3. ^ a b c 日本バレーボール協会. “全日本男子メンバー”. 2015年8月30日閲覧。
  4. ^ 選手紹介”. 東レ男子バレーボール部. 2018年8月27日閲覧。
  5. ^ a b c d 『月刊バレーボール』2015年8月号 44-45ページ
  6. ^ 日本バレーボール協会. “Project CORE”. 2015年8月30日閲覧。
  7. ^ a b c sportsnavi. “NEXT4の目立ちたがり屋・高橋健太郎 未完の大器はオポジットとして大成なるか”. 2015年8月30日閲覧。
  8. ^ 日本バレーボール協会. “第9回アジアユース男子バレーボール選手権大会 - 全日本メンバー”. 2015年8月30日閲覧。
  9. ^ 日本バレーボール協会. “第9回アジアユース男子バレーボール選手権大会 - 試合結果”. 2015年8月30日閲覧。
  10. ^ 日本バレーボール協会. “2014年全日本男子”. 2014年4月15日閲覧。
  11. ^ 日本バレーボール協会. “指導方法策定、普及事業、有望選手発掘、選手強化の4つを柱とする『Project CORE』発表記者会見を開催!”. 2014年6月27日閲覧。
  12. ^ 日本バレーボール協会. “全日本メンバー”. 2015年8月30日閲覧。
  13. ^ nikkansports. “男子バレー石川ら「NEXT4」結成”. 2015年8月30日閲覧。
  14. ^ FIVB. “Match result”. 2015年9月8日閲覧。
  15. ^ 東レ・アローズ男子バレーボール部. “内定選手加入について”. 2016年11月8日閲覧。