藤井直伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藤井 直伸
Naonobu Fujii
東レアローズ  No.21
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1992-01-05) 1992年1月5日(30歳)
出身地 宮城県石巻市
ラテン文字 Naonobu Fujii
身長 183cm
体重 78kg
血液型 O型
選手情報
所属 東レアローズ
愛称 フジイ
ポジション S
指高 232cm
利き手
スパイク 320cm
テンプレートを表示

藤井 直伸(ふじい なおのぶ、1992年1月5日 - )は、日本バレーボール選手。全日本代表メンバー[1]V.LEAGUE Division1の東レアローズに所属している [2][3]

来歴[編集]

宮城県石巻市雄勝町出身[2]。入学した中学ではスポーツ系のクラブ活動がバレーボール部しかなく、同部へ入部した[3][4]。県内のバレーボール強豪校である宮城県古川工業高等学校を経て、順天堂大学に進学。大学1年の時に実家が東日本大震災で被災。津波で実家が流され、仮設住宅を転々とした[5]。家族が職を失いバレーを続けられる状況ではなくなったが、大学は藤井ら被災者に学費免除の救済措置を取ったことでバレーを続けることができた[6]。2013年11月にV・プレミアリーグ東レアローズの内定選手となった[7]

2016/17シーズンには、安定したサーブレシーブに加えてクイックを多用する藤井のトス回しで[8]チームを8年ぶりの優勝に導き、自らもベスト6に耀いた[9]

2017年3月に全日本メンバーに初招集され[8][10]バレーボール・ワールドリーグポプラート大会でシニア国際大会でデビューを果たした[11]。藤井は「(ミドルを多用する)ひと味違うセッターが欲しかったのかな」と選出された理由を考えていたが[8]、ワールドリーグを順調に乗り切ると、2018年バレーボール男子世界選手権予選突破、アジア選手権優勝と大きな結果を出した[12]。アジア選手権では自らもベストセッター賞に輝いている[12]。2020/21シーズン選手間投票で「アタッカー&セッターのベストコンビNo.1」に選ばれた[13]

2021年東京オリンピックメンバーに選出され、7月24日のベネズエラ戦でオリンピック初出場した[14]。同戦に途中出場し、李博へのクイックで試合を決めた。[14]

2021年9月26日、元日立リヴァーレ佐藤美弥との結婚を発表[15]。佐藤もポジションはセッターだった[15][16]

2022年2月27日、胃癌を患い、既にステージ4まで進行し、脳にも転移していることを公表した[17]。務めていた主将は本人の強い意志で交代しないこととなった[18]

SNSなどを通じ、治療費のために募金を募った。わずか数日で募金を終了。数日の間で集まった募金へのお礼を述べた。

人物[編集]

  • ミドルを多用するプレイスタイルで、それまでサイドの攻撃が主流だった日本のバレーボールを変えた先駆者。[19]
  • 高校時代は身長が高かったため、自分が決めた方が早いとアタックをバンバン撃つ攻撃的なセッターだった。
  • 宮城県出身で仙台のことを「東北のラスベガス」と言っている。[20]
  • 最近(2018年2月頃)の自分のキャッチコピーは「よく寝られるようになった、神経質男子」[20]
  • 同じ東レアローズに所属するミドルブロッカーの李博との息の合ったクイックでリーグ優勝に貢献。共に全日本メンバーに招集された。
  • 李博とはファンが選ぶベストコンビに選ばれた[21]。愛称は「ふじーりー」。代表では「東レライン」と呼ばれる。得意な攻撃は縦のBクイック。
  • 親善試合の放送中、藤井の方が歳下だが「李博は僕の武器です」と話していたと紹介される。[22]
  • 2020/21シーズン選手間投票で「アタッカー&セッターのベストコンビNo.1」に選ばれた[23]。サントリーのセッター大宅真樹からは「僕の目指す場所です」、チームメイトの小澤宙輝からはハイキュー!!になぞって「変人速攻」というコメントが寄せられている。
  • 2021/22シーズン選手間投票で「アタッカー&セッターのベストコンビNo.1」に選ばれ2年連続の受賞となった。[24]
  • Vリーグでも縦のクイックを使うことがスタンダードとなり、クイックとパイプ攻撃が今のバレーのメインとなる中で、次の課題として取り組んだのが両サイドへのトスの、ファーストテンポでの正確性。特にレフトへのトスの精度で五輪に向けて 「祐希のことを研究した。以上です」と語った。[19]

球歴[編集]

所属チーム履歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 2017年
    • 2016/17V・プレミアリーグ ベスト6
    • 第19回アジア選手権 ベストセッター賞

個人成績[編集]

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[25]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2014/15 東レ 21 72 13 9 69.2% % 15 0.21 251 3 % 10.1% 6 0.0% 27
2015/16 21 72 23 9 41.2% % 20 0.28 226 5 % 9.5% 4 0.0% 37
2016/17 21 78 21 16 76.2% % 15 0.19 250 6 % 11.0% 3 0.0% 37
2017/18 21 80 9 6 66.7% % 12 0.15 299 13 % 7.7% 6 0.0% 31
2018/19 % % % % %

脚注[編集]

  1. ^ Player”. FIVB. 2017年9月10日閲覧。
  2. ^ a b 選手詳細”. Vリーグ機構. 2017年9月10日閲覧。
  3. ^ a b #21 藤井直伸”. 東レアローズ男子バレーボール部. 2018年8月29日閲覧。
  4. ^ 「月刊バレーボール」2016年12月号臨時増刊 Vリーグ観戦ガイドブック 39ページ
  5. ^ 五輪代表入りの東レセッター藤井、被災地の希望つなぐ 宮城・石巻出身 実家が被災あなたの静岡新聞、2021.6.22
  6. ^ 東レ 藤井直伸「初全日本は素直に嬉しかったです。尊敬する選手は、中学の頃は朝長孝介さんでした」”. バレーボールマガジン (2017年12月6日). 2022年2月27日閲覧。
  7. ^ 新人内定選手4名の入部について”. 東レアローズ男子バレーボール部. 2017年9月10日閲覧。
  8. ^ a b c 「月刊バレーボール」2017年6月号 27-29ページ
  9. ^ 2016/17シーズン Vリーグ個人賞 受賞者一覧”. Vリーグ機構. 2017年9月10日閲覧。
  10. ^ 2017年度全日本男子チーム 選手・監督・スタッフ”. 日本バレーボール協会. 2017年9月10日閲覧。
  11. ^ FIVBワールドリーグ2017 - 全日本メンバー”. 日本バレーボール協会. 2017年9月10日閲覧。
  12. ^ a b 「月刊バレーボール」2017年9月号 14-15ページ
  13. ^ Vリーグ公式 [@vleague_or_jp] (2021年6月9日). "/ #V1男子 アタッカー&セッターのベストコンビNo.1が決定🙌 \ 選手間投票で最多得票を獲得したコンビを発表📣 1位に選ばれたのは… #東レアローズ @toray_arrowsmen #李博 #藤井直伸 選手のコンビ✨🌈 お馴染みのこのコンビがやはり最多でした😆 #vleague #バレーボール #男子バレー" (ツイート). Twitterより2022年2月27日閲覧
  14. ^ a b 【TOKYO2020】ベネズエラに完勝。幸先の良いスタートを切る!”. VOLLEYBALL NEXt (2021年7月27日). 2022年2月27日閲覧。
  15. ^ a b 日本代表・東レの藤井直伸と元日本代表・日立の佐藤美弥が結婚”. バレーボールマガジン (2021年9月26日). 2021年10月15日閲覧。
  16. ^ 胃がんステージ4告白の藤井直伸の妻、美弥さんも決意「私も共に闘います」【全文】”. デイリースポーツ online (2022年3月1日). 2022年3月1日閲覧。
  17. ^ “バレー男子日本代表・藤井直伸、胃がんステージ4告白 目の不調で検査入院し判明「脳の方にも転移」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年2月27日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/02/27/kiji/20220227s00070000479000c.html 2022年2月27日閲覧。 
  18. ^ 活動スケジュール・トピックス | 東レアローズ男子バレーボール部 | TORAY”. www.toray-arrows.jp. 2022年2月28日閲覧。
  19. ^ a b バレー藤井直伸、見失った“らしさ”を取り戻したキーパーソンの自信「他の人にはない使命感を…」”. REAL SPORTS (2021年7月23日). 2021年7月27日閲覧。
  20. ^ a b 「月刊バレーボール」2018年2月号149ページ
  21. ^ Vリーグ公式 [@vleague_or_jp] (2021年2月11日). "【#V1男子 月間MVP👑】 今月(12・1月)は #ベストコンビ をファンの皆様の投票で決定😆 今月のMVPに選ばれたのは… #東レアローズ @toray_arrowsmen #藤井直伸 & #李博 選手🙌🌈 ファンの皆さんに愛称で親しまれるまさに #ベストコンビ✨ ファンの方からのコメントも動画で👍 #vleague #Vリーグ" (ツイート). Twitterより2022年2月27日閲覧
  22. ^ バレーボール日本代表国際親善試合〜東京チャレンジ〜男子 日本×中国 2021年5月2日
  23. ^ Vリーグ公式 [@vleague_or_jp] (2021年6月9日). "/ #V1男子 アタッカー&セッターのベストコンビNo.1が決定🙌 \ 選手間投票で最多得票を獲得したコンビを発表📣 1位に選ばれたのは… #東レアローズ @toray_arrowsmen #李博 #藤井直伸 選手のコンビ✨🌈 お馴染みのこのコンビがやはり最多でした😆 #vleague #バレーボール #男子バレー" (ツイート). Twitterより2022年2月27日閲覧
  24. ^ https://twitter.com/vleague_or_jp/status/1537736822142517250” (日本語). Twitter. 2022年6月20日閲覧。
  25. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2018年8月29日閲覧。

外部リンク[編集]