猫田勝敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
猫田 勝敏
Katsutoshi Nekoda
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1944-02-01) 1944年2月1日
出身地 広島県広島市安古市町
ラテン文字 Katsutoshi Nekoda
身長 179cm
選手情報
愛称 世界一のセッター
ポジション S
 
獲得メダル
オリンピック
1972 男子バレーボール
1968 男子バレーボール
1964 男子バレーボール
テンプレートを表示

猫田 勝敏(ねこだ かつとし、1944年2月1日 - 1983年9月4日)は、日本の元男子バレーボール選手。広島県広島市安佐南区安古市町(旧・安佐郡安古市町)出身。

人物[編集]

1964年東京オリンピックからモントリオールオリンピックまで、4大会連続でオリンピック出場(日本のバレー男子選手で最多[1])を果たし、金・銀・銅の3個のメダルを獲得[注 1]、「世界一のセッター」と称された。またそのトスの正確さから、当時世に知られ始めたばかりのコンピュータから名を取って「日本のコンピュータ猫田」とも呼ばれた。

日本バレーボール協会の「バレーボール栄誉選手賞」受賞。国際バレーボール連盟の「世界バレーボール20世紀の最優秀賞特別賞」受賞[2]

努力家であり人格者でもあり、生涯をバレーボールに費やした。奇策「天井サーブ」を編み出したことでも知られる[3]。練習、合宿、遠征、試合の連続で家族を顧みることも出来なかったが、それを思ってか胃癌に侵された際の闘病中に「かあちゃん、すまん」という言葉を残した。幻覚症状の出た死の直前の病床でも、ブロックサインを出し続けたといわれる。最期の言葉は「後1本……、後1本……」であったという[4]

自身の従姉妹の息子は、プレミアリーグ (バレーボール)パナソニック・パンサーズでプレーし、後にビーチバレーに転向した今井啓介である[5]

来歴[編集]

猫田が生まれ育った広島県安古市町は、古くからバレーボールが盛んな土地柄で、両親がバレーボールに打ち込んでいたこともあって、広島市立古市小学校に入ると自然にバレーボールを始める[6]広島市立安佐中学校時代では、9人制でセンターを務めていた。当時は9人制から6人制へ移行する端境期であったが[6]崇徳高校に進学後、当時の監督の稲葉正文に、セッターとしての素質を見出される[6]1959年(昭和34年)1年生の時に、国体高校男子で優勝を果たす。

1962年(昭和37年)、高校卒業後、地元の日本専売公社広島地方局(現日本たばこ産業広島支店)に入社。専売広島男子排球部(現JTサンダーズ)に入部した。直後に、当時の全日本男子監督、松平康隆の目にとまる。

同年12月、18歳で初めて全日本に選出される。
松平康隆は「猫田君がいなかったら、私は世界一を目指さなかったかもしれない」と述べている[7]。松平は1972年のミュンヘンオリンピックで金メダルを取れるチームを作ると誓い、1年のうち、9ヶ月を全日本の合宿に費やした[6]

1964年(昭和39年)、20歳で東京オリンピックに出場し、銅メダルを獲得する[注 2]。日本が先鞭をつけたさまざまなクイック、時間差攻撃は、猫田を抜きにしては語れない[7]オープン攻撃一本やりのバレーボールに革命を起こしたのが猫田だった[7]。以降、猫田は全日本の正セッターとして不動の地位を築いていく。

1968年(昭和43年)、再び松平監督の下で、メキシコオリンピックで銀メダルを獲得。

1971年(昭和46年)9月、翌年にミュンヘンオリンピックが迫っていた中、試合中に西本哲雄と接触し右腕複雑骨折をしてしまう。猫田抜きで金メダル獲得は有り得ず、病院に駆け付けた松平は猫田の顔を見るなり、思わず「何やってんだ、バカ野郎!」と怒鳴った[8]

1972年(昭和47年)6月、オリンピック出場が危ぶまれていたが、約8ヶ月のリハビリ生活の末に、NHK杯で試合に復帰する。オリンピック開幕2ヶ月前だった。これには、東京体育館に詰めかけた観客から大きな拍手が起こった。当時、全日本男子をモデルにした『ミュンヘンへの道』(TBS)が大人気で、国民のバレーボールに対する関心も高かった[8]。試合後、取材を受けた松平は「猫田が戻ってきた」と興奮して話した[8]

同年8月ミュンヘンオリンピックで念願の金メダルを獲得、日本バレーを世界の頂点に導いた。

1974年(昭和49年)、所属の専売広島で選手兼任監督に就任[9]

1976年(昭和51年)、モントリオールオリンピックに出場、4大会連続日本代表となったが、惜しくも4位入賞に留まり4大会連続メダル獲得はならなかった。尚開会式では日本選手団の旗手も務めた。

1980年(昭和55年)、ブルガリアで開催されたモスクワオリンピック最終予選で日本代表は五輪落選となる。同大会を最後に現役を引退して専売広島の監督に専念[注 3]

1981年(昭和56年)、胃癌に蝕まれていることが判明(本人には告知せず)。摘出手術を行うもその後入退院を繰り返す。

1983年(昭和58年)9月4日、死去。 (1983-09-04) 1983年9月4日(39歳没)。

エピソード[編集]

猫田記念体育館
  • 没後、盟友の大古誠司は「全盛期、全日本が負けると『セッターの猫田の責任だ』とマスコミに叩かれ、大勝すると『攻撃陣大活躍』と言う活字が新聞に踊ったが、当時のメンバーだけは知っている。負けたのは全部アタッカーのミスで、勝った試合は全部猫田のトスのおかげだ」と語った。
  • アテネオリンピック全日本男子監督・田中幹保は「猫田さんが生きていれば、男子もこんなに弱くならなかったと思う」と話した[10]。1976年モントリオールオリンピックでセッターのライバルになった柳本晶一は「一生勝てないと思った」と話している[3][10]。2008年、下村英士は「今の全日本に猫田さんがいれば、五輪で金メダルを取れる」と断言した[10]
  • 奇策「天井サーブ」はミュンヘンオリンピック後に新たな武器が必要だなと、崇徳高校時代の9人制で屋外の運動場で練習をしていたとき、思い切り空に向けて滞空時間の長いサーブを打っていたことを思い出して取り入れたもの[3]
  • 所属の専売広島(現JTサンダーズ)では、1974年から選手兼任監督としてプレーし、1980年に現役を引退して監督に専念した[9]。亡くなる1983年まで約8年監督を続けたが、監督在任中、日本リーグで2位二回(第7回第12回)。第9回はリーグ最下位を経験。全日本のセッターとして17年間活躍したが「わしにとって、世界一より日本一の方が難しいかもしれん」が口癖だったといわれる[9]。セッターの後継者として大阪商大高校のセッター・眞鍋政義に早くから目を付け、眞鍋の両親から大学卒業後に専売広島入りの約束を取り付けていたが、眞鍋が大学二年のとき、猫田が亡くなり眞鍋は新日鐵入りした[9]
  • 酒豪、それも底なしだった[11]
  • 1989年(平成元年)、偉業を記念して猫田記念体育館が広島市に完成した。館内には、猫田の活躍を紹介するギャラリーがある。
  • 2003年(平成15年)、没後20年目にJTサンダーズは公式戦会場に「猫田シート」を設置し、親子ペアを招待している[12]
  • 2007年(平成19年)、没後25年目に広島県スポーツ少年団バレーボール交歓大会小学生の部に「猫田メモリアルベストセッター賞」という記念賞ができた[13]

球歴[編集]

  • 所属チーム
広島市立古市小学校広島市立安佐中学校崇徳高等学校→専売広島(現JTサンダーズ)

関連情報[編集]

著書

その他書籍

新聞

  • 奈島宏樹 『連載<伝説> ースポーツ・芸能・社会...日本を彩った者たちー 世界一のセッター 猫田勝敏』 日刊スポーツ、2008年5月13日(1)~5月24日(10)。

TV

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 日本バレーボール界で3種類のメダルを持っているのは猫田と南将之のみ。
  2. ^ 当時は出町豊とのツーセッター1966年(昭和41年)、第6回世界選手権の後、セッターが出町から猫田にバトンタッチされ、猫田の時代が始まった(『日本バレーボール協会五十年史―バレーボールの普及と発展の歩み』日本バレーボール協会、1982年、299頁。
  3. ^ 総監督に、高校時代の恩師の稲葉正文を迎え入れた。

出典

  1. ^ サオリン、リオ切符!伊に敗戦も2セット奪取で4大会連続五輪 - スポニチ、2016年5月22日
  2. ^ FIVB 20世紀最優秀賞決定”. 日本バレーボール協会 (2001年1月). 2010年4月22日閲覧。
  3. ^ a b c #世界一のセッター(6)「進化求めた末の天井サーブ」2008年5月20日18面
  4. ^ #世界一のセッター(9)「"あと1本"病室でも戦った」2008年5月23日24面
  5. ^ ひとりの選手として 今井啓介オフィシャルブログ 2011年10月27日付
  6. ^ a b c d #世界一のセッター(3)「球拾いに行ってきます」2008年5月15日20面
  7. ^ a b c 「SCOOP'83 バレーボールを100倍面白くした名セッター猫田逝く」、『サンデー毎日』、毎日新聞社、1983年9月25日号、 167頁。
  8. ^ a b c #世界一のセッター(4)「右腕骨折も"あきらめんけ"」2008年5月16日22面
  9. ^ a b c d #世界一のセッター(7)「後継者探しで勧誘に奔走」2008年5月21日20面
  10. ^ a b c #世界一のセッター(1)「スパイクミスは俺のせい」2008年5月13日20面
  11. ^ #世界一のセッター(4)「仲間うなった酒席での持論」2008年5月17日14面
  12. ^ 没後20年を記念し「猫田シート」設定 JT”. 中国新聞(Internet Archive) (2003年12月3日). 2010年4月22日閲覧。
  13. ^ 「名セッター猫田」次代にトス 広島県スポ少バレーに記念賞”. 中国新聞(Internet Archive) (2007年12月3日). 2010年4月22日閲覧。

外部リンク[編集]