辻合真一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
辻合 真一郎
Shinichiro Tsujiai
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1954-11-16) 1954年11月16日(62歳)
出身地 大阪府大阪市
ラテン文字 Shinichiro Tsujiai
身長 185cm
体重 82kg
血液型 O型
選手情報
ポジション レシーバー
指高 232cm
スパイク 302cm
テンプレートを表示

辻合 真一郎(つじあい しんいちろう、1954年11月6日 - )は日本の元男子バレーボール選手。バレーボール全日本男子監督も務めた。

来歴[編集]

大阪府大阪市出身。大商大附属高校卒業後、新日本製鐵に入社。現役時代にレシーブの名手として活躍し、1977年ワールドカップバレーボール1978年バレーボール世界選手権に日本代表として出場した。

引退後は1991年から1995年まで大古誠司監督のもと、男子代表チームのコーチを務めた。大古監督の突然の退任により、1996年に監督になったが、アトランタオリンピックのアジア予選で五輪出場権を逃し退任した。

その後はVリーグ中継等で解説を務める等、バレーボールに携わっている。2004年から2年間春高バレーコーチングキャラバンのコーチに選出され、高校チームを指導した。

受賞歴[編集]

  • 1977年 - 第10回日本リーグ レシーブ賞、サーブ賞
  • 1978年 - 第11回日本リーグ レシーブ賞、サーブ賞
  • 1979年 - 第12回日本リーグ レシーブ賞
  • 1980年 - 第13回日本リーグ レシーブ賞

外部リンク[編集]