保田靖則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

保田 靖則(やすだ やすのり、1952年11月20日[1][2] - )は、日本の元男子バレーボール選手(全日本代表)、バレーボール指導者。ポジションはセンター[3](後に補助)。

神奈川県南足柄市出身。藤沢高等学校時代は3年連続で全国大会出場を果たした。卒業後の1971年富士フイルムに入社し、富士フイルム・プラネッツ(自身の出身地に本拠地を持つ)の選手として活躍[1]。1977年度から主将を務め、1980年度からは御嶽和也に主将を引き継いで選手兼任コーチとなった(1983年度まで)。1984年度から1989年度まで専任コーチを務めた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b 「スポーツ人名事典」(1995 日外アソシエーツ) 572頁
  2. ^ Yasunori Yasuda Bio, Stats, and Results Olympics at Sports-Reference.com
  3. ^ 国際大会記録│日本バレーボール協会