小田勝美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小田 勝美
Katsumi Oda
堺ブレイザーズ
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1952-05-06) 1952年5月6日(65歳)
出身地 兵庫県氷上郡春日町(現丹波市
ラテン文字 Katsumi Oda
身長 198cm
体重 85kg
血液型 AB型
選手情報
所属 堺ブレイザーズ
愛称 カツ
役職 部長
ポジション センター
指高 250cm
スパイク 340cm
ブロック 335cm 
テンプレートを表示

小田 勝美(おだ かつみ、1952年5月6日 - )は、日本の元男子バレーボール選手。兵庫県春日町(現・丹波市)出身。

株式会社ブレイザーズスポーツクラブ常務取締役、堺ブレイザーズ(V・プレミアリーグ所属男子バレーボール部)部長、Vリーグ機構理事、公益財団法人日本バレーボール協会強化事業本部副本部長[1]

来歴・人物[編集]

新日鐵時代には、100cmを越す並外れたジャンプ力のセンタープレーヤーとして活躍し、1976年モントリオールオリンピックの代表にも選ばれた。日本リーグでは、田中幹保とともに1973年から始まった新日鐵の4連覇、3連覇の立役者としてチームを牽引し、ベスト6にも8回選出されている。また、スパイク賞2回、ブロック賞3回を受賞し、これらの輝かしい球歴に対して、2007年4月に、Vリーグ栄誉賞(個人記録で傑出した選手)を授与された。

球歴[編集]

  • 所属チーム
    • 新日本製鐵(新日鐵)(1971-1987)
  • 全日本代表としての主な国際大会出場歴
    • オリンピック - 1976
    • 世界選手権 - 1974,1978
    • ワールドカップ - 1977

脚注[編集]

  1. ^ “日本バレーボール協会 川合氏らが副強化本部長”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2011年6月21日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2011/06/21/kiji/K20110621001061500.html 2013年9月23日閲覧。 

外部リンク[編集]