丸山孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

丸山 孝(まるやま たかし、1953年1月28日[1][2] - )は、日本の元男子バレーボール選手(全日本代表)、バレーボール指導者。ポジションはセッターライト[3]

東京都出身。中央大学附属高等学校3年の時に三冠を達成。中央大学進学後、ユニバーシアードモスクワ大会(1973年)に出場し、3年次に全日本入り。4年次には秋リーグとインカレの全タイトルで優勝を果たした。卒業後の1975年に日本鋼管(現・JFEエンジニアリング)に入社し、NKKナイツの選手として活躍[1]。1980年度から主将を務め、1983年度からは花輪晴彦に主将を引き継いで選手兼任コーチとなった(1986年度まで)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b 「スポーツ人名事典」(1995 日外アソシエーツ) 528頁
  2. ^ Takashi Maruyama Bio, Stats, and Results Olympics at Sports-Reference.com
  3. ^ 国際大会記録│日本バレーボール協会