平野信孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平野 信孝
Nobutaka Hirano
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1972-12-05) 1972年12月5日(45歳)
出身地 愛知県あま市(旧海部郡七宝町
ラテン文字 Nobutaka Hirano
身長 196cm
体重 81kg
選手情報
愛称 ヘイタ
ポジション OP
利き手
スパイク 341cm
ブロック 333cm
テンプレートを表示

平野 信孝(ひらの のぶたか、1972年12月5日 - )は、日本の元男子バレーボール選手、指導者。愛知県あま市出身。ポジションはオポジット

来歴[編集]

七宝中学1年次から家族の影響でバレーを始める。美和高校から東海大学へと進学する。学生時代に世界ユース世界ジュニアアジアジュニアを経験した。[1]

1995年4月、日本たばこ産業(JT)入社、JTサンダーズへ入団した[2]。同年度の第1回Vリーグで新人賞、同年度の黒鷲旗では若鷲賞を獲得した。以降JTのエースとして活躍していく。

一方全日本代表では1996年から選抜され、1998年世界選手権1999年ワールドカップに出場した。

2006-07シーズンに10シーズン230試合以上出場達成し、JTでは初となるVリーグ栄誉賞を受賞した[3]。 2007-2008シーズンを最後に現役引退、リーグ通算で1193得点を挙げた[2]

2008年JTサンダーズのコーチに就任した。2012年を以てコーチも退任し、JTでの社業に専念する[4]

球歴・受賞歴[編集]

所属チーム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ インタビュー”. JT公式(Internet Archive). 2005年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月17日閲覧。
  2. ^ a b 臺・平野が引退 バレー男子JT”. 中国新聞(Internet Archive) (2008年6月4日). 2010年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月17日閲覧。
  3. ^ 特別功労賞にJT男子選出 バレーリーグ40年で表彰”. 中国新聞(Internet Archive) (2007年4月4日). 2007年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月17日閲覧。
  4. ^ JTの徳元が引退 小川ら退部”. 中国新聞 (2012年5月18日). 2012年5月18日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]