越谷章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
越谷 章
Akira Koshiya
東レ・アローズ
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1979-06-12) 1979年6月12日(42歳)
出身地 神奈川県横須賀市
ラテン文字 Akira Koshiya
身長 186cm
体重 77kg
血液型 A型
選手情報
所属 東レ・アローズ
愛称 コシヤ
役職 監督
ポジション OH
指高 250cm
利き手
スパイク 345cm
ブロック 336cm
テンプレートを表示

越谷 章(こしや あきら、1979年6月12日 - )は、日本の男子元バレーボール選手。バレーボール指導者。現役時代のポジションはウイングスパイカー。2020/21シーズンから、Vプレミアリーグ東レ・アローズ (女子)監督を務めている。

来歴[編集]

神奈川県横須賀市出身。実兄の影響で池上中学1年よりバレーボールを始める。全日本ユース代表やジュニア代表を経験し、大学卒業後、東レ・アローズへ入団。

2003年から2004年にかけて、田中幹保率いる全日本代表に選抜され活躍した。

2003年ワールドカップでのねんざや、2007年の肘の手術など、度々ケガや故障に悩まされて来たが、2007/08シーズンVプレミアリーグで復活を果たし、レシーブ賞を受賞した。

2012年にはロンドンオリンピックへの切符を賭けた全日本代表に8年ぶりに招集され、世界最終予選に出場したが、オリンピック出場を果たすことは成らなかった。

ロンドンオリンピック世界最終予選最終戦のイラン戦を最後に現役を引退[1]

現役引退した2012年より、女子の東レ・アローズへ移籍して同チームのコーチに就任[2]。これにより2012/13年シーズンよりバレーボール指導者として再出発することとなった。8シーズンコーチを務め、2020/21シーズンに監督に昇格[3]

球歴・受賞歴[編集]

  • 全日本代表 - 2003-2004年、2012年
  • 受賞歴
    • 2003年 - 第9回Vリーグ 新人賞
    • 2008年 - 2007/08 Vプレミアリーグ レシーブ賞
    • 2010年 - 2009/10 Vプレミアリーグ サーブレシーブ賞

選手としての所属チーム[編集]

指導歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東レ・アローズ (2012年7月10日). “越谷章選手勇退について”. 2013年2月9日閲覧。
  2. ^ 東レ男子 越谷章選手勇退 女子コーチへ”. バレーボールワールド (2012年7月10日). 2014年2月16日閲覧。
  3. ^ “2020-21シーズン新体制、スローガンについて” (プレスリリース), 東レアローズ(女子), (2020年5月14日), https://www.toray-arrows.jp/women/schedule/topics/detail.html?key=5FCFB19B037B75BC49258568001B7556 2020年12月7日閲覧。 

外部リンク[編集]