関田誠大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
関田 誠大
Masahiro Sekita
堺ブレイザーズ  No.11
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-11-20) 1993年11月20日(26歳)
出身地 東京都江東区[1]
ラテン文字 Masahiro Sekita
身長 175cm
体重 73kg
血液型 B型
選手情報
所属 堺ブレイザーズ
愛称 ゴリポン、セキタ
ポジション S
指高 225cm
利き手
スパイク 320cm
ブロック 305cm
テンプレートを表示

関田 誠大(せきた まさひろ、1993年11月20日 - )は、日本の男子バレーボール選手。V.LEAGUE Division1の堺ブレイザーズに所属している[2]

来歴[編集]

東京都江東区出身。実姉の影響で小学1年次よりバレーボールを始めた[3]東洋高等学校バレー部では、1年生からレギュラーセッター。1学年上の柳田将洋らと共に出場した2010年3月の春高バレーでは、同校を初優勝に導いた[4]

中央大学法学部に進学[5]。バレー部(2学年下に石川祐希も在籍)で4年次には主将を務め[6]、「ミキプルーンスーパーカレッジバレー2015全日本大学選手権」では最優秀選手賞を受賞[7]ユニバーシアード(2015年 第28回 光州大会)にも出場した[8]

2015年12月1日、パナソニック・パンサーズに内定(同期は今村貴彦山内晶大[9]

2016年より、日本代表メンバーに選出される。リオデジャネイロ五輪男子世界最終予選兼アジア予選メンバーにも選出され、最後の2試合でスタメン出場した[10]2018年世界選手権でも出場機会を得た[11]

2018年堺ブレイザーズに移籍。背番号は11[12][13]

2019年ワールドカップでは多くの試合でスタメン出場を果たしチームは4位に躍進した[14]

球歴[編集]

所属チーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Vリーグ 選手紹介
  2. ^ 選手・スタッフ紹介”. パナソニック・パンサーズ. 2018年8月22日閲覧。
  3. ^ 「月刊バレーボール」2017年12月号臨時増刊 47ページ
  4. ^ 女子は東龍が史上初の3連覇、男子は東洋が初優勝=春高バレー総括 2/2 「勝利の要となったセッター・関田誠大の存在」 - スポーツナビ
  5. ^ バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対法大 - 中央大学
  6. ^ 関田誠大 - 雲外蒼天 〜Chuo univ. volleyball team〜
  7. ^ 中大・関田誠大がMVP 全日本大学バレー - 日刊スポーツ
  8. ^ バレーボール(男子) - JOC
  9. ^ “2016年度 新人選手紹介” (プレスリリース), パナソニック・パンサーズ, (2015年12月1日), https://panasonic.co.jp/sports/volleyball/info/2015/151130110633977.html 2020年7月19日閲覧。 
  10. ^ MATCH SCHEDULE”. Men's World Olympic Qualification Tournament. FIVB. 2020年7月20日閲覧。
  11. ^ MATCH SCHEDULE”. FIVB Volleyball Men's World Championship Italy and Bulgaria 2018. FIVB. 2020年7月20日閲覧。
  12. ^ “退団選手のお知らせ” (プレスリリース), パナソニック・パンサーズ, (2018年9月29日), https://panasonic.co.jp/sports/volleyball/info/2018/180929090000001.html 2020年7月19日閲覧。 
  13. ^ “新加入選手(移籍・内定)について” (プレスリリース), 堺ブレイザーズ, (2018年10月3日), https://www.blazers.gr.jp/web/news/%e6%96%b0%e5%8a%a0%e5%85%a5%e9%81%b8%e6%89%8b%ef%bc%88%e7%a7%bb%e7%b1%8d%e3%83%bb%e5%86%85%e5%ae%9a%ef%bc%89%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/ 2020年7月19日閲覧。 
  14. ^ Match Schedule”. 2019 FIVB Volleyball Men's World Cup. FIVB. 2020年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]