李博 (バレーボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
李 博
Haku Lee
東レ・アローズ  No.15
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-09-27) 1990年9月27日(28歳)
出身地 宮崎県宮崎市
ラテン文字 Haku Lee
身長 194cm
体重 82kg
選手情報
所属 東レ・アローズ
愛称
ポジション ミドルブロッカー
テンプレートを表示

李 博(り はく、LEE Haku、1990年12月27日 - )は宮崎県宮崎市出身のバレーボール選手。ポジションはミドルブロッカー全日本代表メンバーで、V.LEAGUE Division1の東レ・アローズに所属している[1]

人物[編集]

両親は中華人民共和国出身で、すでに日本に帰化しており、日本国籍を取得[2]。父は三段跳びの元中国代表選手であり、母は中華人民共和国女子代表でプレーしたこともある元バレーボール選手であった[3][4]。その実母の勧めで小学4年次からバレーボールを始めた[5]

日向学院高等学校在学中に春の高校バレーやインターハイの選手として活躍[3]、そして筑波大学に入学。大学在学中に茨城県のバレーボールチーム「つくばユナイテッドSun GAIA」の選手として活躍、卒業後に東レ・アローズへ移籍し入団[6]

2017年にオーストラリアで行われたバレーボール世界選手権アジア予選メンバーとして活躍、本選に出場を獲得した[7]

2017年ワールドグランドチャンピオンズカップの取材で、自分には来ないなと思って助走に入らないと「なんで助走しないんだ」とチームメイトでセッターの藤井直伸に怒られる、敵との戦いの前に藤井との戦いだと話している。[8] その後の取材でこの話が広まっているがそれは誤解で「練習の時に、BパスCパスで助走をさぼっていたことがあって。藤井が上げたトスを打てなかったときに、周りの選手からしっかり入れよ!と注意されただけなんです」と話している。[9]

サイドもセッターも一通り経験している。セッターをやっているとき自分が前衛か後衛かわからなくなって後衛の時にツーアタックをしてしまい怒られたことがある。[10]

球歴[編集]

所属チーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 選手紹介”. 東レ男子バレーボール部. 2018年8月29日閲覧。
  2. ^ 全日本バレーボール応援ブログ
  3. ^ a b みっちゃん会長のブログ(2009年3月6日)
  4. ^ 「月刊バレーボール」2007年9月号 71ページ
  5. ^ 「月刊バレーボール」2017年12月号臨時増刊 31ページ
  6. ^ スポーツナビ
  7. ^ 日本バレーボール協会(2018年男子世界選手権アジア最終予選オーストラリア大会)
  8. ^ 2017-9-16ワールドグランドチャンピオンズ杯 日本対イラン
  9. ^ Sportivap(2017-10‐28)
  10. ^ 月刊バレーボール」2018年2月号147ページ
  11. ^ 日本オリンピック委員会(第27回ユニバーシアード競技大会)

外部リンク[編集]