八子大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
八子 大輔
Daisuke Yako
JTサンダーズ  No.7
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1988-10-07) 1988年10月7日(30歳)
出身地 埼玉県越谷市
ラテン文字 Daisuke Yako
身長 193cm
体重 87kg
選手情報
所属 JTサンダーズ
愛称 ヤコ
ポジション WS
指高 250cm
利き手
スパイク 355cm
ブロック 330cm 
テンプレートを表示

八子 大輔(やこ だいすけ、1988年10月7日 - )は、日本の男子バレーボール選手。ポジションはウイングスパイカーV.LEAGUE Division1のJTサンダーズに所属している[1]

来歴[編集]

埼玉県越谷市出身。小学生当時はサッカー少年だったが、実母と実兄の勧めで中学1年次からバレーボールを始めた[2]埼玉県立深谷高等学校のエースとして、2005年インターハイ制覇、2005年-2006年春高バレー連覇に貢献[3]

2007年春に進学した東海大学では1年生からレギュラーを獲得、2009年に東海大学バレーボール部シーズン5冠達成を経験し[4]全日本インカレでサーブ賞を受賞した[5]

アジアジュニア代表、世界ジュニア代表を経て、大学3年生の時に全日本代表に初選出。2009年ワールドグランドチャンピオンズカップでA代表デビューを果たし、銅メダルを獲得した[3]

4年生となった2010年は大学バレーボール部の主将を務め、5月開催の第59回黒鷲旗大会でベスト8進出に貢献し、若鷲賞(最優秀新人賞)を受賞した。

2011年春、JTに入社(JTサンダーズに入部)。「肩関節唇損傷」「棘上筋部分断裂」もあったが、リハビリを経て7月中旬、元の練習メニューに戻る[6]

同年11月、ワールドカップの代表に選出された。

球歴・受賞歴[編集]

  • 全日本代表 - 2009年、2011年-
    • ワールドグランドチャンピオンズカップ - 2009年
    • ワールドカップ - 2011年、2015年

所属チーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 八子大輔選手のプロフィール”. JTサンダーズ. 2018年8月27日閲覧。
  2. ^ 「月刊バレーボール」2017年12月号臨時増刊 54ページ
  3. ^ a b “JTが八子(東海大)獲得 バレー男子日本代表レフト”. 中国新聞. (2010年12月7日). http://www.chugoku-np.co.jp/sports/Sp201012070075.html 2010年12月7日閲覧。 
  4. ^ “男子バレー インカレ制し5冠達成”. 東海大学同窓会(東海大学新聞より転用). (2010年1月1日). http://www.kouyu.tokai.ac.jp/dousoukai/now/newspaper/tkn_100101_001.html 2010年7月25日閲覧。 
  5. ^ “男子最終結果”. 全日本大学バレーボール連盟. (2009-??-??). http://www.volleyball-u.com/inkare2009/index.html 2010年7月25日閲覧。 
  6. ^ ケガから復活 日本の救世主に バレーボール・JT 八子大輔選手|産経新聞 名古屋版 2011年10月03日

外部リンク[編集]

プロフィール
その他