東京ヴェルディバレーボールチーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京ヴェルディ
原語表記 東京ヴェルディバレーボールチーム
ホームタウン 東京都稲城市
クラブカラー     グリーン
創設年 2001年
所属リーグ VチャレンジリーグII
チーム所在地 東京都稲城市
体育館所在地 東京都文京区
代表者 山中禎一郎
監督 瀧澤利一
ホームページ 公式サイト
 表示 

東京ヴェルディバレーボールチーム(とうきょうヴェルディバレーボールチーム)は、東京都を本拠地とする男子バレーボールクラブチームである。現在V・チャレンジリーグIIに所属。

概要[編集]

Jリーグに加盟する東京ヴェルディの総合スポーツクラブ化の一環で、東京教員バレーボールクラブを前身として2001年に結成[1]。結成以降、教員以外の選手も入団している[2]。2002年V1リーグ(現・Vチャレンジリーグ)昇格。

チーム名『ヴェルディ』の意味は、Jリーグチームと同じく、「緑」を意味するポルトガル語「verde」からの造語である[3]

事務局はホームタウンである稲城市よみうりランド内にあるが、練習場は主に筑波大学附属高校の体育館が使用されている[3]。練習見学希望の場合は要問合せとしている[4]。ホームゲームは都内の体育館で開催され、稲城市内の稲城市総合体育館が使われることもある。

一般ファン向けの後援会も設立されている。また、バレーボール教室などの指導普及活動も積極的に行っている[1][5]

Jリーグチームとは別に独立採算によるクラブチーム形式で運営され、メンバーは各自で仕事を持ちながら競技活動を続けている[1]

歴史[編集]

2001年、東京ヴェルディ1969に対しバレーボールとセットであればスポンサードするという企業の要請に応え[6]東京教員バレーボールクラブを組織変更し活動開始。

2001年7月の全日本実業団優勝大会で優勝。2002年、第22回地域リーグで優勝。V1リーグ(現・Vチャレンジリーグ Vリーグ2部相当)出場決定入替戦では敗れるが、V1リーグから休部チームが出た影響で繰り上げ昇格。

2002/03シーズンの第5回V1リーグでいきなり準優勝を果たし、Vリーグ(現・Vプレミアリーグ)出場決定入替戦に出場。入替戦では豊田合成トレフェルサから1セットも取れずに連敗し、Vリーグ昇格はならず。第6回V1リーグでは3位。第7回V1リーグで2度目の準優勝を果たすが、入替戦ではまたも豊田合成に敗れる。第8回V1リーグでも2年連続の準優勝を果たし、入替戦の相手はまたも豊田合成となり、第1戦はフルセットの末敗戦。第2戦も敗れ昇格はならなかった。2006/07V・チャレンジリーグでも準優勝し、3年連続の入替戦出場となり、このシーズンではNECブルーロケッツが相手となるが、第1戦でフルセットまで持ち込みながら、またも連敗で昇格はならなかった。

2007/08V・チャレンジリーグでは4位、2008/09V・チャレンジリーグでは5位と、順位を少し落とすが、以降もしばらく上位を保つ。2010年、第59回黒鷲旗全日本選抜大会で、グループ戦でV・プレミアリーグの大分三好ヴァイセアドラーを降しベスト8に入る。

2012年1月、2011/12V・チャレンジリーグのトヨタ自動車戦において、試合開始時刻に到着が間に合わず没収試合となり[7][8]、Vリーグ機構から譴責処分を受けた[9]

2015/16シーズンからVチャレンジリーグが2部化され、VチャレンジリーグIに組み込まれたが同リーグで最下位となり[10]、VチャレンジマッチでVC長野トライデンツにセット率の差で苦杯を喫してVチャレンジリーグII(Vリーグ3部相当)に降格となった[11]

2016/17シーズンでは優勝を果たして埼玉アザレアとの入替戦に臨んだが、2連敗してチャレンジリーグIへの復帰はならなかった[12]

成績[編集]

主な成績[編集]

V1リーグ / チャレンジリーグ・チャレンジリーグI
V・チャレンジリーグII
  • 優勝 1回(2016/17シーズン)
黒鷲旗全日本選抜大会
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし

年度別成績[編集]

大会名 順位 参加チーム数 試合数
V1リーグ 第5回 (2002/03) 準優勝 8 14 10 4
第6回 (2003/04) 3位 7 12 6 6
第7回 (2004/05) 準優勝 8 14 10 4
第8回 (2005/06) 準優勝 8 14 11 3
V・チャレンジリーグ 2006/07シーズン 準優勝 9 16 12 4
2007/08シーズン 4位 10 18 12 6
2008/09シーズン 5位 12 18 11 7
2009/10シーズン※ 4位 11 15 8 7
2010/11シーズン 4位 11 16 11 5
2011/12シーズン※ 5位 11 15 5 10
2012/13シーズン 5位 11 20 13 7
2013/14シーズン 5位 11 20 11 9
2014/15シーズン 7位 12 22 11 11
V・チャレンジリーグI 2015/16シーズン 8位 8 21 4 17
V・チャレンジリーグII 2016/17シーズン 優勝 8 21 19 2
2017/18シーズン 10

(注)※印のシーズンはレギュラーラウンドと上位リーグの合計。

選手・スタッフ[編集]

選手[編集]

2017年9月21日版[13]

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考
1 飯塚俊彦 IIZUKA 日本の旗 日本 WS
2 浅岡遥太 ASAOKA 日本の旗 日本 L
3 早瀬省吾 HAYASE 日本の旗 日本 L
4 宮田航輔 MIYATA 日本の旗 日本 L
5 田尻信太郎 TAJIRI 日本の旗 日本 S
7 倉田真 MAKOTO 日本の旗 日本 WS 主将
8 清水久雄 HISAO 日本の旗 日本 S/WS
10 三浦拓也 MIURA 日本の旗 日本 WS
11 奥田晃 OKUDA 日本の旗 日本 S コーチ兼任
12 榎本京祐 ENNOMOTO 日本の旗 日本 MB/WS
13 サポーターのみなさん
16 長澤朔 NAGASAWA 日本の旗 日本 MB
18 荻野翼 OGINO 日本の旗 日本 MB
23 瀧澤利一 TAKIZAWA 日本の旗 日本 WS 監督兼任
25 與崎風人 YOZAKI 日本の旗 日本 OP

スタッフ[編集]

2017年8月15日版[13]

役職 名前 国籍
部長 山中禎一郎 日本の旗 日本
監督兼選手 瀧澤利一 日本の旗 日本
コーチ 加賀博紀 日本の旗 日本
コーチ兼選手 奥田晃 日本の旗 日本
マネージャー 橋浦萌文 日本の旗 日本
マネージャー 石間小百合 日本の旗 日本
トレーナー 堀内光唯 日本の旗 日本
トレーナー 大西理 日本の旗 日本
トレーナー 近藤孝則 日本の旗 日本
指導普及部長 藤生栄一郎 日本の旗 日本
指導普及部コーチ 加藤弘一 日本の旗 日本
指導普及部コーチ 大下将 日本の旗 日本
指導普及部コーチ 中村耕平 日本の旗 日本
マネジメントスタッフ 和井田剛史 日本の旗 日本
マネジメントスタッフ 田島一浩 日本の旗 日本
マネジメントスタッフ 檜森輝尚 日本の旗 日本
アドバイザー 浅岡寿郎 日本の旗 日本

在籍していた主な選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c チーム概要”. 東京ヴェルディバレーボールチーム. 2013年10月26日閲覧。
  2. ^ チーム沿革”. Vリーグ機構. 2013年10月26日閲覧。
  3. ^ a b チーム概要”. Vリーグ機構. 2013年10月26日閲覧。
  4. ^ 東京ヴェルディバレーボールチーム公式ブログ”. 2013年10月26日閲覧。
  5. ^ SCHOOL バレー教室”. 東京ヴェルディバレーボールチーム. 2013年10月26日閲覧。
  6. ^ <スポーツ21世紀> 新しい波(6) 首都の顔目指すFC東京と東京ヴェルディ 『毎日新聞』2001年2月17日 東京朝刊
  7. ^ 没収試合のお知らせ(チャレンジリーグ男子)”. Vリーグ機構 (2012年1月7日). 2013年10月26日閲覧。
  8. ^ 本日の試合について”. 東京ヴェルディバレーボールチーム公式ブログ (2012年1月7日). 2013年10月26日閲覧。
  9. ^ 2011/12V・チャレンジリーグ男子大会没収試合に関する制裁について”. Vリーグ機構 (2012年1月24日). 2012年1月24日閲覧。
  10. ^ 記録・ランキング”. Vリーグ機構. 2016年10月22日閲覧。
  11. ^ VC長野トライデンツのV・チャレンジリーグⅠ男子 昇格決定のお知らせ”. Vリーグ機構. 2016年10月22日閲覧。
  12. ^ 【レポート】トヨタ自動車が入替戦勝利! JAぎふ、警視庁、埼玉アザレアは残留~V・チャレンジリーグ入替戦(3/5)~”. Vリーグ機構. 2017年3月6日閲覧。
  13. ^ a b チーム登録選手”. Vリーグ機構. 2017年8月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]