上甲正典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上甲 正典
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県三間町(現:宇和島市
生年月日 (1947-06-24) 1947年6月24日
没年月日 (2014-09-02) 2014年9月2日(67歳没)
選手情報
ポジション 三塁手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

上甲 正典(じょうこう まさのり、1947年6月24日 - 2014年9月2日)は、元高校野球の指導者で、愛媛県立宇和島東高等学校野球部監督を経て、済美高等学校愛媛県松山市)野球部元監督。

来歴・人物[編集]

愛媛県三間町(現・宇和島市)に生まれる。宇和島東高では三塁手として活躍するも甲子園出場は無し。その後、龍谷大学文学部社会学科(現在は社会学部社会学科)に進学。4年間ベンチ入りしたが、リーグ戦には8試合の出場にとどまった。大学卒業後の1969年に京都の三和金属に就職したが、すぐ退社。宇和島に戻り製薬会社に再就職。セールスの傍ら薬種商になる勉強を重ねて、薬店を開く。

1975年に母校・宇和島東高校のコーチとなり、2年後に監督就任。1987年第69回全国高等学校野球選手権大会で甲子園初出場。翌年春の第60回選抜高等学校野球大会で宇和島東高をセンバツ初出場初優勝に導く。

その後、2001年6月に妻をで亡くし(享年52)、宇和島東の監督を辞任した。しかしその後、生前、妻が友人に対し話していた「監督をやっている時の夫の顔が一番好き」「夫から野球を取ったら何が残る」などと言う言葉を聞き、宇和島の薬店を閉店させ、以前から勧誘を受けていた済美高校の監督に事務職員という立場で同年10月、野球部の創部とともに就任した。

2004年には福井優也投手らを擁し、第76回選抜高等学校野球大会で済美高を創部2年目ながらセンバツ初出場初優勝に導く。甲子園で2つの高校を優勝に導いた監督は、原貢木内幸男に次ぎ3人目であった。また、選手権では、先に原貢監督が2つの学校を「初出場初優勝」させているが、選抜甲子園では上甲が初めてである。同年の第86回全国高等学校野球選手権大会にも出場し、決勝戦まで進出。春夏連覇に王手をかけたが、決勝戦で駒大苫小牧に10-13で敗れ準優勝に終わった。

2008年には同校の3年ぶり3回目となる第90回全国高等学校野球選手権記念大会出場を決めた。同大会では智弁和歌山に0-3で完封負けし初戦敗退であった。

2013年には、愛媛大会で157キロをマークした2年生エース・安樂智大投手らを擁し、同校にとって9年ぶり2度目となる第85回選抜高等学校野球大会への出場を決める。決勝まで勝ち進み、試合前に「相手に離されず最少失点で守りたい。最後に1点多く取って終われたらと思う。(安樂には)精神力で投げてほしい」と語ったが、浦和学院(埼玉)に1-17で敗れ、優勝はならなかった。さらに同年夏にも第95回全国高等学校野球選手権記念大会へ出場を決めたが、花巻東との三回戦で延長戦の末6-7で敗れ、「悔しい、本当に悔しい。私の采配で負けた」と話した。初戦の三重との試合の前の取材では、「球数の問題はプロでもよくいいますね。でもそれは日本の伝統ある高校野球にはそぐわない。肉体の限界を精神力で乗り越える。武士道精神のような厳しさもまた高校野球だと思います」と述べていた。同大会において、地方大会から甲子園敗退まで全イニングを安樂投手に投げさせた采配などが、高校球児の登板過多問題の一環として一部で取り上げられることもあった。

2014年の夏は、3年生になった安樂投手らを擁したが甲子園出場はならなかった。前年秋ごろから体調を崩しており、2014年9月2日午前9時15分、胆道がんのため愛媛県東温市の病院で死去した[1]。67歳没。なお上甲の亡くなる1週間前の8月26日、同じ四国の強豪校である明徳義塾の野球部監督・馬淵史郎[2]との会話を長女に懇願、病室へ見舞いに駆け付けた馬淵は上甲と背中合わせのまま約1時間半の間、野球の想い出話を語っていたという[3]。戒名は「弄球院正岳秀典居士」。

甲子園での成績[編集]

  • 宇和島東:出場11回・10勝10敗・優勝1回(春:出場4回・7勝3敗・優勝1回/夏:出場7回・3勝7敗)
  • 済美:出場6回・15勝5敗・優勝1回・準優勝2回(春:出場2回・9勝1敗・優勝1回・準優勝1回/夏:出場4回・6勝4敗・準優勝1回)
  • 通算:出場17回・25勝15敗・優勝2回(1988年春2004年春)・準優勝2回(2004年夏2013年春

キャリア・経歴[編集]

主な教え子[編集]

宇和島東時代[編集]

済美時代[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 済美 上甲正典監督が死去 67歳、胆道がん…センバツ2度制覇 スポーツニッポン 2014年9月2日閲覧
  2. ^ 上甲正典と馬淵史郎は奇しくも同じ愛媛県南予出身であり、共に野球部の監督として最大のライバルながら仲の良い親友同士だった(尚年齢は上甲の方が約8歳年上)。
  3. ^ 済美高の上甲監督が胆管がんで急死 67歳 日刊スポーツ 2014年9月3日閲覧

関連項目[編集]