プンルアン・ソー・シンユー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プンルアン・ソー・シンユー
基本情報
本名 Panya Utok
通称 Phuengluang Onesongchai Gym
Machine Gun Kid
階級 バンタム級
身長 164cm
リーチ 170cm
国籍 タイ王国の旗 タイ
誕生日 (1988-04-16) 1988年4月16日(28歳)
出身地 ウタイターニー県
プロボクシング戦績
総試合数 56
勝ち 52
KO勝ち 35
敗け 4
テンプレートを表示

プンルアン・ソー・シンユーPungluang Sor Singyu、男性、1988年4月16日 - )は、タイプロボクサー、元ムエタイ選手。ウタイターニー県出身。第18代・第21代WBO世界バンタム級王者。バンタム級離れのパワーを持ち、タフを兼ね備える選手。

ソンチャイ・ラタナスバン(Songchai Ratanasuban)が会長を務めるワンソンチャイ・ボクシング・プロモーション所属。

プロモーターはソンチャイ・ラタナスバン会長の息子であるシラポップ・ラタナスバン(Siraphop Ratanasuban)が務めている。

来歴[編集]

両親はサトウキビとジャガイモの農家だったが、干ばつの影響でラーメン屋に転職する。12歳の時に家計を助けるためムエタイの試合に出場[1]ムエタイで50戦程試合を経験してボクシングへ転向した[2]サーマート・パヤクァルンが憧れの存在[2]

2004年9月27日、プロボクシングデビュー。

2006年7月27日、ブライアン・ビセラとWBCユース・世界バンタム級王座決定戦を行い初回TKO勝ち。WBC世界バンタム級ユース王座の獲得に成功した。

その後5度防衛するが、2009年5月9日、ベルギーに乗り込み、無敗のシュテファーヌ・ジャモエと無敗同士の対決を行い、打ちに行くも、ジャモエの技巧に裁かれ1-2の僅差判定負け。初黒星を喫し、6度目の防衛に失敗し王座から陥落した。

2009年10月31日、バンコクにて、フリオ・メエリンとWBOアジア太平洋バンタム級ユース王座を賭け対戦し、初回KO勝ちで王座獲得に成功。その後年齢制限で返上するまで6度防衛した。

2011年10月11日、ネイサン・ボルシオとWBOオリエンタルバンタム級暫定王座を賭け対戦し、2回TKO勝ちで王座獲得に成功。その後3度防衛した。

2012年10月20日、ホルヘ・アルセの王座返上に伴うWBO世界バンタム級王座決定戦でWBO世界同級1位アレックス・ジョン・バナルと対戦。この試合はフィリピンメトロ・マニラの都市パサイSMモール・オブ・アジア内にあるモール・オブ・アジア・アリーナで行われ、ノニト・ドネアも観戦に訪れていた。前評判はホームのバナル有利の評価だったが、試合は終始プンルアンペースで試合が進み、6回のローブローによる減点で完全にペースを握って9回にダウンを奪い、起き上がったバナルをダメージありと判断したレフェリーがストップ。9回1分45秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[3]。タイのプロボクサーではラタナチャイ・ソーウォラピン以来WBOの世界王者が誕生。ウィラポン・ナコンルアンプロモーション以来、7年振りのバンタム級世界王者が誕生した。

2013年3月2日、ナミビアの首都ウィントフックのウィントフック・カウンティー・クラブ・リゾートで、WBOインターナショナルバンタム級王者のWBO世界バンタム級1位パウルス・アムブンダと指名試合を行うも、12回0-3(2者が112-116、113-115)の判定負けに喫し初防衛に失敗し王座からも陥落した。

2013年5月10日、ナコーンサワン県にて、再起戦としてフレディレックス・ロドリゲス(フィリピン)とWBOインターナショナルバンタム級王座決定戦を行い、2回KO勝ちで再起に成功した。

2014年7月12日、MGMグランド・ガーデン・アリーナがアメリカデビュー戦。当初は同年5月10日に予定されていた興行主の現地プロモーターの都合で延期となったWBO世界バンタム級王者亀田和毅との指名試合に臨み[4][5]、4回には右のカウンターで王者をぐらつかせるが、7回に左ボディでキャリア初ダウンを奪われ、苦痛で悶絶しているのを見たレフェリーがカウントを途中でストップ。7回1分35秒KO負けを喫し1年4ヵ月ぶりの王座返り咲きに失敗した[6]

2015年8月7日、ラーチャブリー県ラーチャブリー・スタジアムにて亀田和毅の王座返上に伴い空位となったWBO世界バンタム級王座を赤穂亮(横浜光)と争う。2回にロープを背負ってクリンチの要領で体を入れ替えた際に右を2発入れ、ダウンした赤穂は立ち上がる事が出来ずに試合終了。2回KO勝利を収め2年5ヶ月振りの王座返り咲きに成功した[7]。なお判定では赤穂にリードを奪われていた。

2015年8月10日、WBOは最新ランキングを発表し、上述の赤穂戦に勝利し王座獲得に成功したプンルアンはWBO世界バンタム級王者としてランクインした[8][9]

WBOはランキング発表後、12月16日に行われる大森将平vsマーロン・タパレスとの指名挑戦者決定戦でタパロスが大森を破り勝利したためタパロスとの指名試合を発令した。

2016年2月12日、ナコーンラーチャシーマー県でWBO世界バンタム級5位のヘトロ・パブスタンと対戦し7回終了時3-0(3者共に70-63)の負傷判定勝ちで初防衛に成功した[10]。当初はタパロスとの指名試合の予定だったが、WBOを交えた交渉でプンルアンに1試合挟むことで合意。指名試合を行うことを確約することを条件に選択試合を承認した。

2016年7月27日、アユタヤでWBO世界バンタム級1位のマーロン・タパレスと対戦。5回に2度ダウンを奪っていきなりストップ寸前まで追い詰める好スタートを切ったが続かず、6回にダウンを奪い返されどんどんダメージを与えられる。11回にボディフックでダウンを奪われ最後はフックをもらって失神。11回37秒KO負けを喫し指名試合を制しての2度目の防衛に失敗し王座から陥落した[11]。同日、WBOは最新ランキングを発表し、上述のタパレス戦に敗れ王座から陥落したプンルアンをWBO世界バンタム級8位にランクインした[12][13]

獲得タイトル[編集]

  • WBC世界バンタム級ユース王座
  • WBOアジア太平洋バンタム級ユース王座
  • WBOオリエンタルバンタム級暫定王座
  • 第18代WBO世界バンタム級王座(防衛0)
  • WBOインターナショナルバンタム級王座
  • WBOアジア太平洋バンタム級暫定王座
  • WBOアジア太平洋バンタム級王座
  • 第21代WBO世界バンタム級王座(防衛1)

脚注[編集]

  1. ^ Q&A: Pungluang Sor Singyu”. The Ring (2014年7月7日). 2014年7月10日閲覧。
  2. ^ a b Pungluang Sor Singyu: "I want to fight Koki Kameda"”. Max.Boxing. 2014年2月28日閲覧。
  3. ^ プンルアンKO戴冠 WBOバンタム級決定戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年10月21日
  4. ^ 【BOX】和毅、V2戦7月に延期へ プロモーターの都合 スポーツ報知 2014年4月27日
  5. ^ 異例事態!亀田和毅の世界戦テレビ中継なし 東京スポーツ 2014年6月19日
  6. ^ 亀田和毅KO勝ち、ベガスで実力と名前をアピール Boxing News(ボクシングニュース) 2014年7月13日
  7. ^ 赤穂亮まさかの2回KO負け、WBO世界王座決定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年8月7日
  8. ^ WBO RABKING AUGUST 2015 WBO公式サイト 2015年8月10日
  9. ^ WBOランキング、山本隆寛らがランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2015年8月15日
  10. ^ プンルアンがWBOバンタム級初防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年2月12日
  11. ^ 元日本王者の芹江匡晋が引退、プンルアン王座陥落 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月27日
  12. ^ WBO RANKING JULY 2016 WBO公式サイト 2016年7月27日
  13. ^ 内山高志、村中優らがWBOランキング登場 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月29日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ホルヘ・アルセ
第18代WBO世界バンタム級王者

2012年10月20日 - 2013年3月2日

次王者
パウルス・アムブンダ
空位
前タイトル保持者
亀田和毅
第21代WBO世界バンタム級王者

2015年8月7日 - 2016年7月27日

次王者
マーロン・タパレス