サーマート・パヤクァルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サーマート・パヤクァルン
Samart Payakaroon.jpg
2000年
基本情報
本名 Samart Tiptarmai
通称 Payaknayok
階級 スーパーバンタム級
国籍 タイ王国の旗 タイ
誕生日 (1962-12-05) 1962年12月5日(54歳)
出身地 タイ王国の旗 タイバーンパコン郡
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 23
勝ち 21
KO勝ち 12
敗け 2
テンプレートを表示

サーマート・パヤクァルンSamart Payakaroon1962年12月5日 - )は、タイ男性ムエタイ選手、元プロボクサー。ムエタイ4階級を制覇し、国際式ボクシングでも第8代WBC世界スーパーバンタム級王座を1度防衛した。ムエタイ、ボクシング合わせて5冠王。現在はタイでムエタイのインストラクターをしている[1]

サーマートとはタイ語天賦の才という意味であり、Payakはという意味である。「ムエタイの芸術」とも評されたが、練習嫌いとしても有名であった。[要出典]

来歴[編集]

兄の影響で、11歳でムエタイを始めた。

ルンピニー・スタジアムで、1980年ミニマム級(105lb)、ライトフライ級(108lb)、1981年スーパーフライ級(115lb)、フェザー級(126lb)と4階級の王者となった。

1982年8月24日、プロボクシングデビュー。

1986年1月18日WBC世界スーパーバンタム級王者ルペ・ピントールメキシコの旗 メキシコ)に挑戦し、5回KO勝ちで王座を獲得した。

1986年12月10日、元同級王者ファン・メサアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と対戦し、12回TKO勝ちで初防衛に成功した。

1987年5月8日、元IBF世界バンタム級王者ジェフ・フェネックオーストラリアの旗 オーストラリア)と対戦し、4回KO負けで王座から陥落。フェネックは2階級制覇となった。

1988年2月27日にボクシングの試合を最後にリングを離れた。

1993年4月、日本で新妻聡日本の旗 日本)とキックボクシングルールで対戦し、2度のダウンを奪って判定勝ち。

1993年8月8日に5年5か月ぶりにボクシングに復帰。

1994年9月11日WBA世界フェザー級王者エロイ・ロハスベネズエラの旗 ベネズエラ)に挑戦し、8回TKO負けで2階級制覇ならず。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Pungluang Sor Singyu: "I want to fight Koki Kameda"”. Max.Boxing. 2014年2月28日閲覧。

外部リンク[編集]

前王者
ルペ・ピントール
第8代WBC世界スーパーバンタム級王者

1986年1月18日 - 1987年5月8日

次王者
ジェフ・フェネック