レディースチャレンジカップ競走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レディースチャレンジカップ
格付け GII
優勝賞金 400万円
優勝戦 得点上位6名
準優勝戦 なし
予選 5日間
出場資格 獲得賞金ランキング上位の選手
主催者 各市町
開催地 日本の旗 持ち回り
開催時期 11月下旬
第1回執行日 2014年11月25日
次回開催予定
開催期間 2021年11月23日 - 11月28日
開催地 ボートレース多摩川
テンプレートを表示

レディースチャレンジカップ競走は、2014年に設立されたボートレースの女子限定競走 (G2)である。

大会の趣旨[編集]

年末に開催されるプレミアムGIクイーンズクライマックス」に向けた選手選考のためのトライアル戦と位置づけられる。

開催はSGチャレンジカップ」と同一会場・同時進行で開催することにより、男女それぞれのチャレンジカップの優勝者を決定する形を採る(そのため女子戦ではあるが、ファンファーレはSGのものを使用する)。

競走割り当て等[編集]

レディースチャレンジカップ実施要綱抜粋[要出典]

  1. 出場者20名。ただし、褒賞懲戒規程による出場停止処分及びあっせん保留処分を受けた選手は除外される。
  2. 優勝賞金400万円
  3. 1日当たりの競走4競走程度
  4. 勝ち上がり 予選5日間行い、得点率上位6選手による決勝戦を実施予定
  5. 出場資格 1月1日を起算日として10月31日までの賞金獲得額上位選手
    ※ただしSGチャレンジカップ競走に選出された場合は、そちらに斡旋される
    またレディースチャレンジカップ競走の優勝者は、ボートレースクラシックの優先出走権を得ることができない(通常GII競走は優先出走権が得られるが、この競走は例外となる)。ただし優勝回数にはカウントされ、優勝戦では順位に応じてオーシャンカップ競走の着順点を得る。

歴代優勝者[編集]

回数 開催年 優勝戦日 開催場 優勝者
選手名 登番 年齢 支部 枠番 コース 決まり手
1 2014年 11月30日 下関 岸恵子 3674 42 徳島 1 1 逃げ
2 2015年 11月29日 芦屋 寺田千恵 3435 46 岡山 1 1 逃げ
3 2016年 11月27日 大村 遠藤エミ 4502 28 滋賀 1 1 逃げ
4 2017年 11月26日 下関 遠藤エミ 4502 29 滋賀 1 1 逃げ
5 2018年 11月25日 芦屋 守屋美穂 4482 29 岡山 1 1 逃げ
6 2019年 11月25日 桐生 遠藤エミ 4502 29 滋賀 3 3 まくり
7 2020年 11月29日 蒲郡 寺田千恵 3435 51 岡山 3 3 差し

出典[編集]