ギレルモ・リゴンドウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はリゴンドウ第二姓(母方の)はオルティスです。
ギレルモ・リゴンドウ
Guillermo Rigondeaux after the win vs. Rico Ramos 20JAN2012 Las Vegas - Palms Casino.jpg
2012年1月20日、パームスで勝利した後のリゴンドウ
基本情報
本名 ギレルモ・リゴンドウ・オルティス
通称 El Chacal(ジャッカル)
The jackal
Rigo
階級 スーパーバンタム級
身長 161.5cm
リーチ 172cm
国籍  キューバ
誕生日 (1980-09-30) 1980年9月30日(37歳)
出身地 サンティアーゴ・デ・クーバ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 19
勝ち 17
KO勝ち 11
敗け 1
無効試合 1
テンプレートを表示
獲得メダル
 キューバ
男子 ボクシング
オリンピック
2000 シドニー バンタム級
2004 アテネ バンタム級
世界ボクシング選手権
2001 ベルファスト バンタム級
2005 綿陽 バンタム級
パンアメリカン大会
2003 サントドミンゴ バンタム級
中央アメリカ・カリブ海大会
2006 カルタヘナ バンタム級

ギレルモ・リゴンドウGuillermo Rigondeaux Ortiz、男性、1980年9月30日 - )は、キューバプロボクサー。現WBA世界スーパーバンタム級スーパー王者。元WBO世界スーパーバンタム級王者。カリブ・プロモーションズとロック・ネイション・スポーツの所属。ギジェルモ・リゴンドーと表記されることもある。サウスポースタイルからのシャープな右ジャブ、正確無比な左ストレートと瞬間移動のようなステップワークが武器だが、不意に貰ったパンチでダウンや大きくふらつく事があるなど打たれ脆い面も合わせもつ。

来歴[編集]

リゴンドウはキューバから亡命したことでキューバ革命闘士であった父親からは勘当され、ハバナに残してきた妻と子供は24時間体制でキューバ政府の監視下に置かれることになった[1]。 現在のトレーナーはホルヘ・ルビオ。過去にはイスマエル・サラス、ロニー・シールズやフレディ・ローチやペドロ・ディアスだったことがあるがいずれも短期間で解雇している[1]

オリンピックで獲得した2つの金メダルは溶解して金歯を作成、普段から装着していると自身で語っていたが[1]、来日時に「あくまでもジョークだね。オリンピックの金メダルは薄いので、歯を埋められるほどの金ではないよ」と明かした[2]

アマチュア時代[編集]

2000年オーストラリアシドニーで開催されたシドニーオリンピックバンタム級(54kg)で出場、2回戦で辻本和正を破り金メダルを獲得した[3]

2001年6月、北アイルランドベルファストで開催された世界ボクシング選手権にバンタム級(54kg)で出場、1回戦で辻本和正を破り金メダルを獲得した[4]

2003年7月、タイバンコクで開催された世界ボクシング選手権にバンタム級(54kg)で出場するが2回戦で敗退した[5]

2003年8月、ドミニカ共和国サントドミンゴで開催されたパンアメリカン競技大会にバンタム級(54kg)で出場、1回戦でアルヘニス・メンデス、決勝でアブネル・マレスを破り優勝した[6]

2004年8月、ギリシャアテネで開催されたアテネオリンピックにバンタム級(54kg)で出場し金メダルを獲得した[7]

2005年11月、中華人民共和国綿陽市で開催された世界ボクシング選手権にバンタム級(54kg)で出場し金メダルを獲得した[8]

2007年7月、パンアメリカン大会出場のために訪れていたブラジルでエリスランディ・ララとともに亡命未遂事件を起こし、以降はキューバ代表の座から外されたため、2008年北京オリンピック出場はできなかった。

アマ戦績は243勝4敗や400戦以上12敗などいくつかの説がある[9]

プロ時代[編集]

2007年3月20日、現在もマネージャーを務めているゲーリー・ハイドがキューバボクサーについて執筆しているライターになりすましてキューバに入国。リゴンドウとの接触に成功しマネージャー契約を交わす[10]。ハイドは同時にマイク・ペレスとも契約を交わした[10]

マイク・ペレスがハイドが手配した亡命業者を使ってキューバからの脱国に成功したが、脱国時にいくつかの問題が起こったことでリゴンドウはハイドに不信感を抱き、別ルートでの亡命を模索するようになった[10]

2007年7月下旬、パンアメリカン大会出場のために訪れていたブラジルでエリスランディ・ララと共に深夜に選手村から抜け出し亡命を図ったが失敗し、同年8月2日に身柄を確保されキューバへ強制送還された[10]

帰国後、亡命に失敗したリゴンドウに厳しい処分が下された。金メダル獲得時に贈られた車を政府に没収され、当局から監視されるようになった。友人や仲間の選手からも避けられるようになり、キューバ代表の座からも外されたリゴンドウは塞ぎ込み、自宅のバルコニーでタバコとビールを立て続けに呷りながら車や人々が行き交う通りを眺める日々を送るようになった[10]

2009年2月23日、ユデル・ジョンソン、ヨルダニス・デスパイネ、ユニエル・ドルティコスと共にハイドが手配した亡命業者の高速ボートでカンクンにたどり着き、そこから国境を越えアメリカ合衆国フロリダ州マイアミに亡命し、アリーナ・ボックス・プロモーションと契約した[10]

2009年5月22日、マイアミビーチでフアン・ノリエガと対戦し、3回1分9秒TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った[11]

2009年9月18日、マイアミビーチでジョバンニ・アンドラーデとNABA北米スーパーバンタム級王座決定戦を行い、3回2分53秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[12]

2010年11月13日、アーリントンカウボーイズ・スタジアムにてマニー・パッキャオアントニオ・マルガリートの前座で、元WBA世界スーパーバンタム級王者でWBA世界スーパーバンタム級3位のリカルド・コルドバとWBA世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦を行い、12回2-1(117-109、114-112、112-114)の判定勝ちを収めプロ7戦目にして世界王座獲得に成功した[13]

2011年3月19日、ダブリンのシティーウェスト・ホテルでWBA世界スーパーバンタム級11位のウィリー・ケーシーと対戦し、初回2分38秒TKO勝ちを収めWBA世界スーパーバンタム級暫定王座の初防衛に成功した[14]。防衛後地元テレビ局RTEは、リゴンドウの強烈な連打を津波と表現した。

2012年1月5日、自身の他、パイパロープ・ゴーキャットジムミニマム級)、ホセ・アルフレド・ロドリゲスライトフライ級)、ファン・カルロス・レベコフライ級)、リボリオ・ソリススーパーフライ級)、ウーゴ・ルイスバンタム級)、ブライアン・バスケススーパーフェザー級)、リカルド・アブリルライト級)、ヨハン・ペレススーパーライト級)、イスマエル・エル・マスウーディウェルター級)、アンソニー・ムンディンスーパーウェルター級)、ハッサン・ヌダム・ヌジカムミドル級)、ブライアン・マギースーパーミドル級)、デニス・レベデフクルーザー級)の17階級中14階級の暫定王者が世界ランキング1位にランクインされた[15] [16]

2012年1月20日、ラスベガスパームスでWBA世界バンタム級正規王者リコ・ラモスアメリカ)と王座統一戦を行い、6回1分29秒KO勝ちを収め王座統一を果たした(記録上は暫定王座2度目の防衛)[17]。この試合でリゴンドウは56,000ドル(560万円)のファイトマネーを稼いだ[18]

この試合後、リゴンドウはノニト・ドネアへの対戦要求を繰り返した。同年2月4日にアラモドームでノニト・ドネアとウィルフレド・バスケス・ジュニアとの試合を会場で観戦したが、中継局のHBOとドネア、そのプロモーターであるボブ・アラムに完全に無視されたことで激昂し、勝利者インタビューで会場にいるリゴンドウに言及しなかったHBOのベテラン解説者ラリー・マーチャントにも侮蔑の念を表明した。マーチャントはこれについて意見を求められると、「誰だって? 勘弁してくれ」と言い放ち、リゴンドウが米国にファン層を持たないことなどを理由にその時点でのドネア対リゴンドウの需要のなさを強調[19][20]、そのためリゴンドウは方向転換を余儀なくされた。

2012年6月9日、MGMグランド・ガーデン・アリーナマニー・パッキャオティモシー・ブラッドリーの前座でWBA世界スーパーバンタム級14位のテオン・ケネディアメリカ)と対戦し、5回1分11秒TKO勝ちを収めWBA世界スーパーバンタム級王座の3度目の防衛に成功した[21]

2012年9月15日、トーマス&マック・センターで、フリオ・セサール・チャベス・ジュニアセルヒオ・マルチネスの前座でWBA世界スーパーバンタム級15位のロバート・マロキンアメリカ)と対戦し、12回3-0(118-108、が2者、118-109)の判定勝ちを収めWBA世界スーパーバンタム級王座の4度目の防衛に成功した[22]。この試合でリゴンドウは15万ドル(1500万円)のファイトマネーを稼いだ[23]

2012年12月15日、テキサス州ヒューストントヨタセンターで、ノニト・ドネア対ホルヘ・アルセの前座で元WBA世界スーパーバンタム級王者のプーンサワット・クラティンデーンジムタイ)と対戦予定だったが、試合2日前の予備検診で行われた血液検査でプーンサワットにHIVの陽性反応があり、テキサス州コミッションがプーンサワットのライセンス発行を拒否した為、試合は中止になった[24]。プーンサワットはHIVではなくサラセミアだったのだが、この試合が中止になったのを機に引退を表明した[25]

2013年4月13日、ニューヨークマンハッタンラジオシティ・ミュージックホールでWBO世界スーパーバンタム級王者のノニト・ドネアと王座統一戦を行い、10回にダウンを奪われるも12回3-0(116-111、115-112、114-113)の判定勝ちを収めWBA王座の5度目の防衛、WBO王座の獲得、リングマガジン王座の獲得に成功した[26]。この試合でリゴンドウは75万ドル(7500万円)のファイトマネーを稼いだ[27]

2013年7月上旬、プロモーターのボブ・アラムが、これまで何度もリゴンドウの試合を放送しておりドネアとの試合も放送したテレビ局のHBOが、リゴンドウのファイトスタイルはエキサイティングでないとして、今後リゴンドウの試合放送を見合わせる方針を打ち出したことを「私がリゴンドウの事を口にするたびにHBOの連中は嘔吐するんだ」との言葉を交えて報道陣に伝えた[28][29]。 この決定について関係者やファンの間で賛否両論が巻き起こったが、リゴンドウに敗れたドネアは「俺もテレビ放送してもらうためにファイトスタイルを変えなければならなかった。ノックアウトするようになってからようやくHBOで放送してもらえるようになったんだ、リゴンドウはこのスポーツがエンターテイメントだということを理解する必要があるね」と話し[30]、HBOのベテラン解説者のラリー・マーチャントも「リゴンドウは美しいボクサーだよ、だけどこれはプロボクシングなんだ、そしてプロボクシングはエンターテイメントなんだよ。(観客と視聴者に)また試合を見たいと思わせなければだめなんだ」[31]と両者ともにHBOの決定を支持した。

2013年8月7日、HBOが『チャンピオンたちの夕食会』と題した食事会を主催、HBOが試合を放送している選手ファン・マヌエル・マルケスゲンナジー・ゴロフキンミゲル・アンヘル・ガルシアユリオルキス・ガンボアマイク・アルバラードアドニス・ステベンソンルスラン・プロボドニコフテレンス・クロフォードノニト・ドネアが招待されたが[32]、リゴンドウはノニト・ドネアに勝利しWBA・WBO統一王者となったのにもかかわらず招待されなかった[33]

2013年8月16日、リゴンドウは「ボブ・アラムとトップランクは『リゴンドウをスーパースターにするにはカストロにプロモートさせる必要がある』や『リゴンドウの名前を聞くとHBOの連中は嘔吐する』とかの悪趣味なジョークを言っており、俺への尊敬が足りない。イライラする。HBOは最近(食事会を開いて)全てのチャンピオンたちに敬意を表したけど俺は招待すらされなかった。彼らは試合を組む組むと言っておきながらその約束を忘れる。すべての面で尊敬が足りない。俺をきちんとプロモートするか契約を破棄するかどちらか決めて欲しい、とにかくこれ以上の軽蔑は受け入れがたいんだ。アラムが選手を平等に扱っていないことは疑いようがないのだから。」と胸の内を明かした[34]

2013年12月7日、ニュージャージー州アトランティックシティボードウォーク・ホール・ダンスホールで、元IBF世界バンタム級王者でWBA世界スーパーバンタム級12位で世界スーパーバンタム級12位のジョゼフ・アグベコガーナ)と対戦し、12回3-0(3者とも120-108)の判定勝ちを収め、WBA王座の6度目、WBO王座の初防衛に成功した[35]。ドネアとの再戦いついて聞かれ「ドネアは貧弱な男だよ。俺にやられてトラウマになってしまっているようだ。またやられたいなら、やられに来いと伝えておいてくれ。俺がナンバーワンなんだ。」とドネアを挑発した[36]。HBOがボクシングアフターダークの枠で中継したこの試合は55万人が視聴したが、メインイベントとしては1996年の番組開始以来最低の視聴者数となった[37]

2014年7月19日、マカオにあるザ・ベネチアン・マカオコタイ・アリーナ鄒市明VSルイス・デ・ラ・ロサの前座でWBA世界スーパーバンタム級8位でWBO世界スーパーバンタム級5位のソッド・ゴーキャットジムタイ)と対戦し、初回1分44秒KO勝ちを収めWBA王座の7度目、WBO王座の2度目の防衛に成功した[38]。当初はジョナサン・グスマンと対戦する予定だったがファイトマネーで折り合いがつかずに交渉は決裂しソッドとの対戦に変わった[要出典]

リゴンドウはこの試合を持ってプロモーターのトップランクと契約が満了。無敗でありリングマガジン選定のパウンド・フォー・パウンドランキングでも7位にランクインしていたが[39]トップランクが契約延長を拒んだことで、リゴンドウは新たなプロモーターを探すことになった[40]

2014年8月4日、WBOからクリス・アバロスと指名試合を行うよう命令が出され[41]、リゴンドウ陣営が入札により興行権を獲得するが後にアバロス側が対戦を辞退した[42]

2014年12月31日、大阪府大阪市浪速区ボディメーカーコロシアムでWBA世界スーパーバンタム級10位でWBO世界スーパーバンタム級6位の天笠尚(山上)と対戦。序盤から試合を支配し5回に攻勢をかけるが凌がれると、7回に2度のダウンを奪われKO負け寸前まで追い詰められ一気に劣勢を強いられる。しかし、直ぐに立て直して攻勢に転じ天笠にダメージを蓄積させ、10回にダウンを奪い返し、11回終了後のインターバルで天笠の左頬の腫れが酷く天笠陣営が棄権を申し出た為、天笠の11回終了時棄権した為WBA王座の8度目、WBO王座の3度目の防衛に成功した[43][44][45]。なお、リゴンドウは減量の必要が無かったため、試合直前にも関らず、ホテルで肉やサラダ、デザート、アイス、コーラなど好きなだけ飲み食いする余裕を見せていた。また、身長は168cmとされていたが、実際には161.5cmだった事が判明した[46]

2015年4月14日、WBA世界スーパーバンタム級王者スコット・クィッグとの対戦の話が持ち上がるが、クィッグのプロモーターのエディ・ハーンがリゴンドーはボクシングファン以外には人気が無いから金にならないとして消滅した[47]

2015年7月13日、WBO世界フェザー級王者のワシル・ロマチェンコとの対戦の話が持ち上がるが、リゴンドウが124ポンドのキャッチウェイトでの対戦を要求したことや、リゴンドウ側のマネージメント問題が浮上し消滅した[48]

2015年10月7日、WBOはリゴンドウに対しWBO世界スーパーバンタム級王座の防衛戦を行わない理由を説明するよう文書で求めた[49][50]

2015年10月28日、WBOはリゴンドウが2014年12月31日の天笠戦来一度も防衛戦を行っておらず不活動状態が続いている為、WBO世界スーパーバンタム級王座を剥奪した[51]

2015年10月30日、リゴンドウは同年12月4日にセサール・セダとの対戦を決めるがWBAはセダを防衛戦の相手として認めず[52][53]、WBAはWBOから王座を剥奪され統一王者ではなくなったリゴンドウに対し、2016年5月1日までにWBA世界スーパーバンタム級正規王者と対戦することを条件に休養王座に認定した[54][55]

2015年11月4日、WBCがWBC世界スーパーバンタム級2位のレイ・バルガスとWBC世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦を行うよう指令を出した[56]

2015年11月14日、ジェイ・Z率いる新興プロモーターのロック・ネイション・スポーツと契約した事を発表し、同月21日にドリアン・フランシスコと対戦することが急遽決まった[57]

2015年11月21日、マンダレイ・ベイ・イベント・センターで、ミゲール・コットvsサウル・アルバレスの前座で元WBA世界スーパーフライ級暫定王者のドリアン・フランシスコフィリピン)とスーパーバンタム級契約10回戦で対戦し、10回3-0の判定で勝ちを収めた[58]。しかし試合内容が酷かったためアメリカメディアの中では「もうリゴンドウはアメリカで試合をすることはないはずだ」と酷評された。

2016年1月3日、WBAはWBA世界スーパーバンタム級休養王者ギレルモ・リゴンドウに対し同年2月27日のスコット・クィッグ対カール・フランプトンの勝者(引き分けはクィッグ)と同年7月27日までに王座統一戦を行うよう指令を出した[59][60]

2016年3月12日、イギリスのリバプールエコー・アリーナ・リヴァプールジェームス・ディケンズとスーパーバンタム級10回戦を行う予定だったが 、プロモーターのミスで入国ビザの取得が出来ず中止となった[61]

2016年4月7日、クィッグに勝利したフランプトンがリゴンドウとの王座統一戦に応じようとせず、WBA指令に基づくリゴンドウとの王座統一戦に関する回答がフランプトンから得られなかった為、フランプトンからWBA世界スーパーバンタム級スーパー王座を剥奪し、リゴンドウと暫定王者のモイセス・フローレスとの間で王座統一戦を同年8月1日までに行うよう指令を出した[62][63]

2016年5月6日、WBAは最新ランキングを発表し、リゴンドウをWBA世界スーパーバンタム級スーパー王座に復帰した[64][65][66][67]

2016年7月16日、カーディフアイス・アリーナ・ウェールズでWBA世界スーパーバンタム級10位のジェームス・ディケンズと対戦し、2回終了時にディケンズの顎の骨の骨折により棄権した為、WBA世界スーパーバンタム級王座の9度目の防衛に成功した[68][69]

2016年7月19日、WBAはWBA世界スーパーバンタム級スーパー王者のギレルモ・リゴンドウとWBA世界スーパーバンタム級暫定王者のモイセス・フローレスに対し、王座統一戦に関する対戦交渉を同月18日から開始し、同年8月17日までの30日以内に対戦交渉を締結させるよう指令を出した[70][71]

2016年12月7日、WBAはWBA世界スーパーバンタム級スーパー王者のギレルモ・リゴンドウとWBA世界スーパーバンタム級暫定王者のモイセス・フローレスの間で行われる王座統一戦に関する入札を同月19日にWBA本部で行うと発表した。最低入札価格は15万ドルで報酬は75%がリゴンドウに、残りの25%がフローレスに分配されるとのこと[72][73]

2017年2月2日、同月25日にテキサス州フリスコフォード・センターでWBA世界スーパーバンタム級暫定王者でIBO世界スーパーバンタム級王者のモイセス・フローレスと王座統一戦を行い、WBA王座の10度目の防衛、IBO王座の獲得を目指す予定だったが、ミゲール・コット対ジェームス・カークランド戦がカークランドの鼻の負傷で中止になったことに伴いギレルモ・リゴンドウ対モイセス・フローレス戦も中止となった[74]

2017年3月22日、WBAはWBA世界スーパーバンタム級スーパー王者のギレルモ・リゴンドウとWBA世界スーパーバンタム級暫定王者のモイセス・フローレスに対し、同年4月3日にWBA本部で王座統一戦に関する入札を行うと通達を出した。最低入札価格は12万ドルで、報酬の配分は75%がリゴンドウに配分され、残りの25%がフローレスに配分されるとのこと[75][76]

2017年3月31日、WBAはWBA世界スーパーバンタム級スーパー王者のギレルモ・リゴンドウとWBA世界スーパーバンタム級暫定王者のモイセス・フローレスが王座統一戦を行うことで合意し、同年4月3日に予定されていた入札が中止になったと発表した[77][78][79]

2017年6月17日、マンダレイ・ベイ・イベント・センターにてアンドレ・ウォードセルゲイ・コバレフ第2戦の前座でWBA世界スーパーバンタム級暫定王者でIBO世界スーパーバンタム級王者のモイセス・フローレスと王座統一戦を行い、初回終了のゴングが鳴った間際に放ったリゴンドウの左フックでフローレスが大の字になってダウン。しかしこの左フックはゴングが鳴った後の反則打ではないかとレフェリーのビック・ドラクリッチとネバダ州アスレチック・コミッションのエグゼクティブ・ディレクター、ボブ・ベネットがリングサイドで音声の無い映像を見て協議をした結果、HBOの制作スタッフから『リゴンドウのパンチはゴングが鳴る前に決まった』と聞いた事が決め手になり、ドラクリッチがパンチはゴング前に決まったものと裁定を下し、リゴンドウはKO勝ちを収め王座統一に成功、WBA王座の10度目の防衛、IBO王座の獲得に成功した[80][81][82]。この試合でリゴンドウは12万ドル(約1300万円)、フローレスは2万5千ドル(約260万円)のファイトマネーを稼いだ[83]

2017年6月26日、上述のリゴンドウ対フローレス戦を管轄したNSACは会合を開き、満場一致で試合結果をリゴンドウの初回終了時KO勝ちから無効試合に変更すると決定した。試合の映像と音声を検証したNSACはリゴンドウを勝利に導いた左パンチは初回終了を告げるゴングの後に放たれたものであるとの結論に達したが、「パンチは意識的に放ったものではなく、攻防の流れの中で繰り出したもの」というビック・ドラクリッチの証言を重視し、リゴンドウの反則負けにはならなかった[84][85][86]

2017年7月5日、WBAは上述のNSACの決定を受け、WBA世界スーパーバンタム級スーパー王者のギレルモ・リゴンドウとWBA世界スーパーバンタム級暫定王者のモイセス・フローレスに対し再戦するよう指令を出した。30日以内に再戦することで合意に至らなければ入札となり、報酬は75%がリゴンドウに残りの25%がフローレスに配分されるとのこと[87][88][89]

2017年10月11日、WBOは最新ランキングを発表し、リゴンドウをWBO世界スーパーフェザー級1位にランクインした[90]

2017年12月9日、マディソン・スクエア・ガーデンでWBO世界スーパーフェザー級王者のワシル・ロマチェンコと対戦し、プロ初黒星となる6回終了時棄権により2階級制覇を果たせなかった[91][92]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:247戦243勝4敗
  • プロボクシング:19戦17勝(11KO)1敗1無効試合
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2009年5月22日 勝利 3R 1:09 TKO フアン・ノリエガ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 プロデビュー戦
2 2009年7月17日 勝利 1R 2:57 TKO ロバート・ギーエン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 --
3 2009年9月18日 勝利 3R 2:53 TKO ジョバンニ・アンドラーデ ブラジルの旗 ブラジル NABA北米スーパーバンタム級王座決定戦
4 2009年12月16日 勝利 8R 判定3-0 ランテ・アディー  ガーナ --
5 2010年2月5日 勝利 1R 0:28 KO アドルフォ・ランデロス メキシコの旗 メキシコ --
6 2010年8月21日 勝利 7R 0:10 TKO ホセ・アンヘル・ベランサ メキシコの旗 メキシコ --
7 2010年11月13日 勝利 12R 判定2-1 リカルド・コルドバ パナマの旗 パナマ WBA世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦
8 2011年3月19日 勝利 1R 2:38 TKO ウィリー・ケーシー アイルランドの旗 アイルランド WBA防衛1
9 2012年1月22日 勝利 6R 1:29 KO リコ・ラモス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA世界スーパーバンタム級王座統一戦
WBA防衛2
10 2012年6月9日 勝利 5R 1:11 TKO テオン・ケネディ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA防衛3
11 2012年9月15日 勝利 12R 判定3-0 ロバート・マロキン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA防衛4
12 2013年4月13日 勝利 12R 判定3-0 ノニト・ドネア フィリピンの旗 フィリピン WBA・WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦
WBA防衛5
WBO・リングマガジン王座獲得
13 2013年12月7日 勝利 12R 判定3-0 ジョゼフ・アグベコ  ガーナ WBA防衛6・WBO防衛1
14 2014年7月19日 勝利 1R 1:44 KO ソッド・ゴーキャットジム タイ王国の旗 タイ WBA防衛7・WBO防衛2
15 2014年12月31日 勝利 11R 終了 TKO 天笠尚(山上) 日本の旗 日本 WBA防衛8・WBO防衛3
16 2015年11月21日 勝利 10R 判定3-0 ドリアン・フランシスコ フィリピンの旗 フィリピン WBCインターナショナルスーパーバンタム級シルバー王座決定戦
17 2016年7月16日 勝利 2R 終了 TKO ジェームス・ディケンズ イギリスの旗 イギリス WBA防衛9
18 2017年6月17日 - 1R 3:00 NC モイセス・フローレス メキシコの旗 メキシコ WBA世界スーパーバンタム級王座統一戦
19 2017年12月9日 敗北 6R 終了 TKO ワシル・ロマチェンコ  ウクライナ WBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
テンプレート

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Championship Fight: A Great Battle Is Upon Us”. Bleacher Report (2012年1月19日). 2014年2月10日閲覧。
  2. ^ 「最強王者」リゴンドーが“金歯”の真相明かす”. 産経ニュース (2014年12月22日). 2014年12月23日閲覧。
  3. ^ 27.Olympic Games - Sydney, Australia - September 17-30 2000”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  4. ^ 11.World Championships - Belfast, Northern Ireland - June 3-10 2001”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  5. ^ 12.World Championships - Bangkok, Thailand - July 6-12 2003”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  6. ^ 14.Panamerican Games - Santo Domingo, Dominican Republic - August 1-16 2003”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  7. ^ 28.Olympic Games Athens, Greece August 14-29, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  8. ^ 13.World Championships Mianyang, China November 13-20, 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  9. ^ Rigondeaux beats Donaire at Radio City”. ESPN.com (2013年4月14日). 2013年12月19日閲覧。
  10. ^ a b c d e f This way out”. ESPN.com (2014年2月7日). 2014年3月14日閲覧。
  11. ^ Rigondeaux triunfa en su debut profesional Listín Diario 2009年5月24日
  12. ^ リゴンドウ、プロ3連勝 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年9月19日
  13. ^ 李に強力ライバル出現 リゴンドウ、暫定王者に ボクシングニュース「Box-on!」 2010年11月15日
  14. ^ リゴンドウ圧勝 敵地で初回KO防衛 ボクシングニュース「Box-on!」2011年3月20日
  15. ^ WBA公式サイト WBA Official Ratings as of November/December 2011参照
  16. ^ 暫定王座が剥奪されたわけではないので、正規王者が長期離脱するような緊急性がある場合は暫定王座の防衛戦を行うことができる。正規王者の指名試合の対戦相手の最有力候補であるのと同時にWBAによる暫定王座の更なる乱造の自制の意味合いのある措置である為。
  17. ^ リゴンドー ラモスに6回KO勝ちで王座統一 スポニチアネックス 2012年1月21日閲覧
  18. ^ Ramos-Rigondeaux Purse Bid is Won By Top Rank”. Boxing Scene.com (2011年10月10日). 2014年12月3日閲覧。
  19. ^ No demand for Donaire-Rigondeaux bout: Merchant”. ABS-CBN (2012年2月9日). 2012年2月25日閲覧。
  20. ^ Chris Robinson (2012年2月8日). “Merchant Responds To Rigondeaux's Complaints on HBO”. Boxing Scene.com. 2012年2月25日閲覧。
  21. ^ リゴンドウ圧勝 WBA・S・バンタム級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年6月11日
  22. ^ リゴンドウ、2度倒す ボクシングニュース「Box-on!」 2012年9月18日
  23. ^ Chavez vs. Martinez: Purse Figures For The Undercard”. Boxing Scene.com (2012年9月12日). 2014年12月3日閲覧。
  24. ^ プーンサワットが血液検査で陽性 リゴンドウ戦中止 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年12月15日
  25. ^ プーンサワットは貧血だった・・・引退発表 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年1月13日
  26. ^ リゴンドウがドネアを判定で下す S・バンタム級頂上対決 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年4月14日
  27. ^ Purses for tonight: Donaire – $1.32 million, Rigondeaux – $750,000”. Boxing.News.24 (2013年4月13日). 2014年12月3日閲覧。
  28. ^ Big plans ahead for Top Rank”. ESPN.com (2013年7月10日). 2013年8月7日閲覧。
  29. ^ Rigondeaux's Manager: HBO is Making a Huge Mistake!”. BoxingScene.com (2013年7月11日). 2013年8月7日閲覧。
  30. ^ Donaire contemplated retirement, talks comeback, Rigondeaux, HBO”. The Ring (2013年7月16日). 2013年8月9日閲覧。
  31. ^ Merchant Agrees With HBO For Rejecting Rigondeaux”. Boxing Scene.com (2013年7月12日). 2013年8月9日閲覧。
  32. ^ プロボドニコフのツイッターからの画像” (2013年8月7日). 2013年8月10日閲覧。
  33. ^ Did HBO's 'Champions Dinner' snub Rigondeaux”. The Ring.com (2013年8月8日). 2013年8月10日閲覧。
  34. ^ Rigondeaux To Arum: I Won't Accept Any More Disrespect!”. Boxing Scene.com (2013年8月16日). 2013年8月20日閲覧。
  35. ^ リゴンドウ2冠堅守 アグベコを完封 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月8日
  36. ^ Rigondeaux: Donaire is Traumatized After His Beating”. Boxing Scene.com (2013年12月8日). 2013年12月9日閲覧。
  37. ^ Guillermo Rigondeaux takes heat for low HBO rating on night of unimpressive, divided numbers”. Bad Left Hook (2013年12月11日). 2014年4月21日閲覧。
  38. ^ リゴンドウ物議醸す初回KO、ゾウは世界アピール Boxing News(ボクシングニュース) 2014年7月20日
  39. ^ Pound for Pound The Ring Ratings”. The Ring (2014年7月20日). 2014年7月25日閲覧。
  40. ^ Rigondeaux Signed To Caribe, Looking For Co-Promoter”. Boxing Scene.com (2014年7月23日). 2014年7月25日閲覧。
  41. ^ WBO orders Rigondeaux-Avalos”. Fight News (2014年8月4日). 2014年8月5日閲覧。
  42. ^ アバロスがリゴンドウ挑戦を辞退、IBFを選択 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月26日
  43. ^ Rigondeaux survives two knockdowns and keeps WBA/WBO 122lb belts WBA公式サイト 2014年12月31日
  44. ^ GUILLERMO RIGONDEAUX KEEPS TITLE WBO公式サイト 2014年12月31日
  45. ^ リゴンドウと倒し合い 天笠大健闘の11回棄権負け Boxing News(ボクシングニュース) 2015年1月1日
  46. ^ 王者リゴンドー 身長6・5センチさば読み「どうだっていい」”. スポニチアネックス (2014年12月26日). 2015年1月6日閲覧。
  47. ^ Hearn: I Want Quigg-Donaire, No Money in Rigondeaux”. Boxing Scene.com (2015年4月14日). 2015年11月2日閲覧。
  48. ^ Team Lomachenko To Rigondeaux: 126 or No Fight!”. Boxing Scene.com (2015年7月13日). 2015年11月2日閲覧。
  49. ^ SHOW CAUSE LETTER TO GUILLERMO RIGONDEAUX WBO公式サイト 2015年10月7日
  50. ^ リゴンドウ王座はく奪の危機、WBOが不活動に言及 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年10月8日
  51. ^ リゴンドウ王座はく奪、ドネアvsフアレスで決定戦か Boxing News(ボクシングニュース) 2015年10月29日
  52. ^ WBA Names Guillermo Rigondeaux 'Champion in Recess'”. Boxing Scene.com (2015年10月30日). 2015年11月2日閲覧。
  53. ^ Guillermo Rigondeaux still searching for opponent, WBA rejects Cesar Seda”. Bad Left Hook (2015年10月30日). 2015年11月2日閲覧。
  54. ^ Rigondeaux Demoted to Champion in Recess WBA公式サイト 2015年10月30日
  55. ^ WBO王座はく奪のリゴンドウ、WBAは休養王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2015年10月31日
  56. ^ Rigondeaux vs. Vargas WBC Eliminator is Ordered”. Boxing Scene.com (2015年11月4日). 2015年11月19日閲覧。
  57. ^ Guillermo Rigondeaux added to Nov. 21 Cotto-Alvarez undercard”. ESPN.com (2015年11月14日). 2015年11月19日閲覧。
  58. ^ リゴンドウも出場決定、コットvsカネロ前座 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年11月15日
  59. ^ WBA Championship Committee: Tale of Two Jackals WBA公式サイト 2016年1月3日
  60. ^ Frampton-Quigg Winner Ordered To Face Guillermo Rigondeaux”. Boxing Scene.com (2016年1月9日). 2016年1月21日閲覧。
  61. ^ Visa issues nix Guillermo Rigondeaux's fight in England”. ESPN.com (2016年3月10日). 2016年3月13日閲覧。
  62. ^ WBA Super Bantamweight Resolution WBA公式サイト 2016年4月7日
  63. ^ 統一王者フランプトン、WBAが王座はく奪決定 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月8日
  64. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2016年5月6日
  65. ^ カーンはW級挑戦権保持、WBA5月度ランキング Boxing News(ボクシングニュース) 2016年5月9日
  66. ^ Rigondeaux Reinstated as WBA Super Champion WBA公式サイト 2016年5月14日
  67. ^ Guillermo Rigondeaux reinstated as WBA junior featherweight champion ESPN.com 2016年5月18日
  68. ^ “El Chacal” Breaks Jazza’s Jaw WBA公式サイト 2016年7月16日
  69. ^ リゴンドウが2回TKO勝ち、フラナガンも防衛成功 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月17日
  70. ^ WBA Orders Rigondeaux to Fight Flores WBA公式サイト 2016年7月19日
  71. ^ ブローナーが裁判に大遅刻、法廷侮辱罪で収監 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月20日
  72. ^ WBA announces purse bids Fightnews.com 2016年12月7日
  73. ^ Golovkin-Jacobs/Rigondeaux-Flores Purse Bids WBA公式サイト 2016年12月7日
  74. ^ James Kirkland (nose) injured; Miguel Cotto junior middleweight bout canceled ESPN.com 2017年2月2日
  75. ^ WBA orders Rigondeaux-Flores purse bid Fightnews.com 2017年3月22日
  76. ^ WBA orders Rigondeaux-Flores Purse Bid WBA公式サイト 2017年3月22日
  77. ^ Rigondeaux and Flores reach agreement Fightnews.com 2017年3月31日
  78. ^ Rigondeaux – Flores reached an agreement WBA公式サイト 2017年3月31日
  79. ^ ケスラー現役復帰表明、ブルックvsスペンス人気上々 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月1日
  80. ^ Rigondeaux retains WBA superbantam title Fightnews.com 2017年6月17日
  81. ^ Rigondeaux knocks out Flores in the first round WBA公式サイト 2017年6月17日
  82. ^ リゴンドウ初回KOでV10、すっきりしない幕切れ Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月18日
  83. ^ Salaries: Andre Ward to get $6.5 million, but no show money for Sergey Kovalev”. Bloody Elbow (2017年6月16日). 2017年6月29日閲覧。
  84. ^ NSAC Changes Rigondeaux-Flores Result From KO to a No-Contest Boxing Scene.com 2017年6月26日
  85. ^ NSAC overturns result of Guillermo Rigondeaux-Moises Flores fight to no-decision”. ESPN.com (2017年6月27日). 2017年6月30日閲覧。
  86. ^ リゴンドウvsフローレス正式に無効試合に変更 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月27日
  87. ^ WBA orders Rigondeaux-Flores rematch Fightnews.com 2017年7月5日
  88. ^ WBA orders Rigondeaux-Flores Rematch WBA公式サイト 2017年7月5日
  89. ^ 黒田雅之IBFランク入り、リゴvsフローレス再戦指令 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月6日
  90. ^ WBO RANKING OCTOBER 2017 WBO公式サイト 2017年10月11日
  91. ^ Lomachenko makes Rigondeaux quit Fightnews.com 2017年12月9日
  92. ^ ロマチェンコ強し、リゴンドウ6Rで棄権 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月10日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
リカルド・コルドバ
WBA世界スーパーバンタム級暫定王者
2010年11月13日 - 2012年1月20日
次暫定王者
王座統一戦により消滅
前王者
リコ・ラモス
WBA世界スーパーバンタム級王者

2012年1月20日 - 2013年4月13日

空位
次タイトル獲得者
スコット・クィッグ
前WBO王者
ノニト・ドネア
WBA世界スーパーバンタム級スーパー王者
2013年4月13日 - 現在
休養:2015年10月30日 - 2016年5月6日
次スーパー王者
N/A
前王者
ノニト・ドネア
WBO世界スーパーバンタム級王者

2013年4月13日 - 2015年10月28日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
ノニト・ドネア