テレンス・クロフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テレンス・クロフォード
基本情報
本名 テレンス・アラン・クロフォード
通称 Hunter(狙撃手)
Bud(新芽)
階級 スーパーライト級
身長 173cm
リーチ 185cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1987-09-28) 1987年9月28日(29歳)
出身地 ネブラスカ州オマハ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 31
勝ち 31
KO勝ち 22
敗け 0
テンプレートを表示

テレンス・クロフォードTerence Crawford1987年9月28日 - )は、アメリカ男性プロボクサーネブラスカ州オマハ出身。元WBO世界ライト級王者。現WBCWBO世界スーパーライト級統一王者。アマチュアキャリアをベースにした技巧派ながらもKO出来る攻撃型アウトボクシングが武器。ボブ・アラムトップランク所属。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

2005年、全米選手権に出場するも準々決勝で敗退。

2006年の全米選手権にライト級(60kg)で出場。初戦でミゲル・アンヘル・ガルシアを破るも、準決勝でダニー・ガルシアに敗れた[1]

2006年、ナショナル・ゴールデングローブにライト級(60kg)で出場するが決勝で敗退[2]

2006年に行われたブルー&ゴールドナショナルチャンピオンシップ大会では決勝でダニー・ガルシアを破り優勝。

2007年エクアドルクエンカで行われたパンアメリカンアマチュアボクシング選手権にライト級(60kg)で出場するが準決勝で敗退[3]

2007年、全米選手権にライト級(60kg)で出場、準々決勝でミゲル・ゴンザレスを破るが準決勝で敗退[4]

2007年、オリンピック国内選考会にライト級(60kg)で出場。ディエゴ・マグダレノに勝利するがサダム・アリとミゲル・ゴンザレスに敗れ代表選考から漏れた[5]

プロ時代[編集]

2008年3月14日、クロフォードはコロラド州デンバーのアスレチック・クラブでデビュー戦を行い初回26秒でKO勝ち。白星でデビューを飾った。

2013年3月30日、アミール・カーンリカルド・アブリルを破った経験があるブレイディス・プレスコットと対戦。強打の相手をアウトボクシングで完ぺきに封じて10回3-0(100-90、99-91、97-93)の判定勝ちを収める。

2013年6月15日、テキサス州ダラスアメリカン・エアラインズ・センターNABO北米ライト級王座決定戦をアレハンドロ・サナビアと行い6回17秒TKO勝ちで王座獲得に成功した。

2013年8月7日、HBOが『チャンピオンたちの夕食会』と題した食事会を主催、HBOが試合を放送している選手の中でファン・マヌエル・マルケスゲンナジー・ゴロフキンミゲル・アンヘル・ガルシアユリオルキス・ガンボアマイク・アルバラードアドニス・ステベンソンルスラン・プロボドニコフノニト・ドネアとクロフォードが招待された。

2014年3月1日、世界初挑戦がクロフォード初の海外試合。スコットランドグラスゴーのスコティッシュ・エキシビジョン・センターでWBO世界ライト級王者リッキー・バーンズと対戦し、12回3-0(116-112、117-111、115-112)の判定勝ちを収め王座を獲得した[6]

2014年6月28日、ネブラスカ州オマハセンチュリーリンク・センター・オマハで元世界3階級制覇王者でWBO世界ライト級6位のユリオルキス・ガンボアと対戦。5回と8回に1度ずつ、9回には2度ダウンを奪い、9回2分53秒KO勝ちを収めWBO世界ライト級王座の初防衛に成功した[7]。試合後ドーピング検査が行われると指示があり控え室で待機していたが、結局ネブラスカ州アスレチックコミッションの怠慢により検査は行われなかった[8]

2014年11月29日、センチュリーリンク・センター・オマハでWBO世界ライト級1位のレイムンド・ベルトランと対戦。12回3-0(2者が119-109、120-108)の判定勝ちを収めWBO世界ライト級王座の2度目の防衛、リングマガジン認定王座の獲得に成功した[9]

2014年12月18日、WBOは最新ランキングを発表し、上述のベルトラン戦の勝利を評価し、クロフォードはWBOの2014年12月度の月間MVPに選ばれた[10]

2015年2月23日、BWAA(全米ボクシング記者協会)の2014年の年間最優秀選手賞にあたる「シュガー・レイ・ロビンソン賞」に選出された[11]

2015年3月14日、WBOは最新ランキングを発表し、WBO世界ライト級王座を返上しスーパーライト級に転向したクロフォードをWBO世界スーパーライト級1位にランクインした[12][13]

2015年4月18日、テキサス州アーリントンテキサス大学アーリントン校構内にあるカレッジ・パーク・センターでWBO世界スーパーライト級5位のトーマス・ドゥローメとWBO世界スーパーライト級王座決定戦を行い6回に3度ダウンを奪いレフェリーストップで試合終了。6回1分51秒TKO勝ちで2階級制覇を果たした[14]

2015年5月16日、WBOは最新ランキングを発表し、上述のドゥローメ戦に勝利したクロフォードをWBO世界スーパーライト級王者としてランクインした[15][16]

2015年10月24日、センチュリーリンク・センター・オマハでWBO世界スーパーライト級6位のディエリー・ジャンと対戦し、初回と9回、10回と3度のダウンを奪い10回2分30秒TKO勝ちを収めWBO世界スーパーライト級王座の初防衛に成功した[17]

2016年2月27日、マディソン・スクエア・ガーデン・シアターでWBO世界スーパーライト級11位のヘンリー・ランディーと対戦し、5回2分9秒TKO勝ちを収めWBO世界スーパーライト級王座の2度目の防衛に成功した[18]

2016年4月22日、前週に車の修理工場で自身の車の塗装代1,350ドルの支払いで店側と揉め、店員が他の客の対応をしている隙に、仲間と共に勝手に車をリフトから降ろして逃げ去り、その際にリフトを破損させ5,000ドルの損害を与えたとして店側が警察に訴えていた事件で、この日、クロフォードが破壊行為、サービスに対する窃盗、不法侵入などの容疑で警察に出頭した[19]

2016年7月23日、自身初のHBOペイ・パー・ビューでの放送とMGMグランド・ガーデン・アリーナに初登場。WBC世界スーパーライト級王者ビクトル・ポストルと王座統一戦を行い、12回3-0(2者が118-107、117-108)の判定勝ちを収めWBC王座の獲得に成功、WBO王座の3度目の防衛に成功した[20][21]

2016年7月27日、WBOは最新ランキングを発表し、上述のポストル戦を制しWBC王座とWBO王座の統一に成功したことを評価し、クロフォードをWBOの2016年7月度の月間MVPに選出した[22][23]

2016年8月12日、WBCは最新ランキングを発表し、上述のポストル戦を制しWBC王座とWBO王座の統一に成功したことを評価し、クロフォードをWBCの2016年8月度の月間MVPに選出した[24][25]

2016年12月10日、センチュリーリンク・センター・オマハでWBC世界スーパーライト級3位でWBO世界スーパーライト級2位のジョン・モリーナ・ジュニアとWBC王座並びにWBO王座を懸け対戦する予定だったが前日計量でモリーナにスーパーライト級の規定体重である140ポンド(63.50kg)を3.4ポンド(1.54kg)上回る体重超過があり失格となった為、クロフォードが勝ったときのみ王座防衛となる条件で試合は行われ、クロフォードが8回2分32秒TKO勝ちを収めたためWBC王座の初防衛に成功、WBO王座の4度目の防衛にも成功した[26][27]。この試合でクロフォードは150万ドル(約1億7千万円)、モリーナは40万ドル(4500万円)のファイトマネーを稼いだ[28]

2016年12月15日、車の修理工場での事件についてネブラスカ州ダグラス郡の裁判所がクロフォードに懲役90日、執行猶予2年、弁償金6千ドル、社会奉仕活動120時間の有罪判決を言い渡した[29][30]。クロフォードの弁護士は上訴をして保釈金1万ドルを支払い、8時間後にクロフォードは保釈された[31]

2017年5月20日、マディソン・スクエア・ガーデンで北京オリンピックライトウェルター級金メダリストでWBC世界スーパーライト級3位でWBO世界スーパーライト級10位のフェリックス・ディアスと対戦し、ディアスの10回終了時棄権によりWBC王座の2度目の防衛に成功、WBO王座の5度目の防衛にも成功した[32][33]

獲得タイトル[編集]

ペイ・パー・ビュー売上げ[編集]

日付 イベント 売上げ テレビ局
2016年7月23日 テレンス・クロフォード vs. ビクトル・ポストル 5万件[34] HBO

脚注[編集]

  1. ^ US National Championships - Colorado Springs - March 6-11th 2006”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年3月2日閲覧。
  2. ^ US National Golden Gloves - Omaha - April 24-29 2006”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年3月2日閲覧。
  3. ^ 1.Panamerican Games Qualifier - Barquismeto, Venezuela - February 2-8 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年3月2日閲覧。
  4. ^ US National Championships - Colorado Springs - June 2-8 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年3月2日閲覧。
  5. ^ US Olympic Trials - Houston - August 20-26 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年3月2日閲覧。
  6. ^ クロフォード、バーンズ下す WBOライト級 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年3月2日
  7. ^ クロフォード4度倒しKO防衛、ガンボア初黒星 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月29日
  8. ^ Nebraska commission drops the ball”. ESPN.com (2014年7月3日). 2014年7月10日閲覧。
  9. ^ クロフォード無難な勝利、フェザー級戦はドロー決着 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月30日
  10. ^ 宮崎、松本、粟生がWBOランク入り、赤穂はB級1位 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月18日
  11. ^ 2014年米国MVPはクロフォード、全米記者協会選出 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月24日
  12. ^ WBO RANKING MARCH 2015 WBO公式サイト 2015年3月14日
  13. ^ WBOランキング、東日本新人王戦応援番組スタート Boxing News(ボクシングニュース) 2015年3月22日
  14. ^ クロフォードがドゥローメ撃沈、2階級制覇成功 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月19日
  15. ^ WBO RANKING MAY 2015 WBO公式サイト 2015年5月16日
  16. ^ WBOランキング、ミドル級の村田諒太が11位に Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月19日
  17. ^ クロフォードが10回TKOで防衛、パッキャオ戦に前進 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年10月25日
  18. ^ クロフォードがランディに5回TKO勝ち、WBO・SL級 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年2月28日
  19. ^ Terence Crawford Surrenders to Police on Theft Charges”. Bleacher Report (2016年4月22日). 2016年5月14日閲覧。
  20. ^ クロフォード2度倒し大差勝利、S・ライト級2冠統一 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月24日
  21. ^ Terence Crawford signs contract for July 23 fight with Viktor Postol ESPN.com 2016年4月21日
  22. ^ WBO RANKING JULY 2016 WBO公式サイト 2016年7月27日
  23. ^ 内山高志、村中優らがWBOランキング登場 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月29日
  24. ^ RATINGS WBC公式サイト 2016年8月12日
  25. ^ 拳四朗がWBC5位に、あすマルガリートvsカネロ兄 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月13日
  26. ^ Crawford dominates and stops Molina Fightnews.com 2016年12月10日
  27. ^ SL級統一王者クロフォード、モリナに8回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月11日
  28. ^ John Molina Jr. fails to make weight ahead of bout vs. Terence Crawford”. ESPN.com (2016年12月10日). 2017年3月9日閲覧。
  29. ^ クロフォードに有罪判決=自動車塗装でトラブル-ボクシング”. 時事ドットコム (2016年12月16日). 2017年1月22日閲覧。
  30. ^ Terence Crawford sentenced to 90 days in jail after conviction in body shop incident”. Yahoo.com (2016年12月16日). 2017年1月22日閲覧。
  31. ^ Terence Crawford released pending appeal”. Fightnews.com (2016年12月17日). 2017年1月22日閲覧。
  32. ^ Crawford dominates and stops Diaz to retain WBC and WBO 140lb titles Fightnews.com 2017年5月20日
  33. ^ クロフォード磐石、ディアスを棄権TKOで2冠堅守 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月21日
  34. ^ Notes: Arum says he lost about $100k on Crawford-Postol PPV”. ESPN (2016年9月3日). 2016年9月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
リッキー・バーンズ
WBO世界ライト級王者

2014年3月1日 - 2015年2月24日(返上)

空位
次タイトル獲得者
テリー・フラナガン
空位
前タイトル保持者
クリス・アルギエリ
WBO世界スーパーライト級王者

2015年4月18日 - 現在

次王者
N/A
前王者
ビクトル・ポストル
WBC世界スーパーライト級王者

2016年7月23日 - 現在

次王者
N/A