リカルド・コルドバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はコルドバ第二姓(母方の)はモスケです。
リカルド・コルドバ
基本情報
本名 Ricardo Alberto Cordoba Mosque
通称 Maestrito(スペイン語で「先生」の意)
階級 フェザー級
身長 173cm
国籍 パナマの旗 パナマ
誕生日 (1982-10-11) 1982年10月11日(34歳)
出身地 Bandera de la Provincia de Chiriquí.svg チリキ県サンタマルタ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 44
勝ち 39
KO勝ち 25
敗け 3
引き分け 2
テンプレートを表示

リカルド・コルドバRicardo Cordoba、男性、1982年10月11日 - )は、パナマプロボクサー。元WBA世界スーパーバンタム級王者。

来歴[編集]

2000年9月23日、パナマ・ダビッドでデビュー戦を行い、同じくデビュー戦のフセイン・サンチェスに1回TKO勝利を収めた。その後、5連勝。

2001年7月13日、7戦目でアレックス・サーベドラと空位のFECARBOXスーパーフライ級王座を争い、9回TKO勝ちを収めて王座を獲得した。

2001年11月16日、ダビス・アロセメナに3-0の判定勝ちを収めて、FECARBOX王座の初防衛に成功するとともに空位のパナマ同級王座を獲得した。

2002年1月30日、階級をバンタム級に上げて空位のパナマバンタム級王座をマルコス・サンチェスと争い、3回KO勝ちを収めて王座の獲得に成功した。その後、再びスーパーフライ級に戻す。

2003年10月3日、ダビス・アロセメナと再戦し、3回TKO勝ちを収めてパナマスーパーフライ級王座2度目の防衛に成功すると同時に空位のWBCラテンアメリカ同級王座を獲得した。

2004年3月16日、再びバンタム級に階級を上げて空位のWBCラテンアメリカバンタム級王座をセルヒオ・ゴンザレスと争い、1回TKO勝ちを収めて王座の獲得に成功した。

2004年5月25日、NABA北米スーパーバンタム級ならびにパナマ同級王者で後のWBAIBF世界スーパーバンタム級統一王者セレスティーノ・カバジェロ(パナマ)と対戦し、10回にダウンを奪った末に3-0の判定勝ちを収めて両王座を獲得した。その後、NABA王座は返上した。

2004年12月3日、カルロス・メザを迎えてWBCラテンアメリカバンタム級王座の初防衛戦を行い、4回にダウンを奪われたものの12回TKO勝ちを収めて初防衛に成功した。

2005年8月31日、WBA世界バンタム級暫定王座決定戦にて自身と同じく無敗のプーンサワット・クラティンデーンジム(タイ)と対戦するも、1-2(118-111、113-116、114-116)の判定負けを喫するとともに王座の獲得に失敗し、初黒星となった。

2005年12月10日、ヨグリ・ヘレラを迎えてWBCラテンアメリカバンタム級王座の2度目の防衛戦を行い、3-0の判定勝ちを収めて2度目の防衛に成功するとともに、空位のWBAフェデラテン同級王座を獲得した。

2006年3月11日、ドイツカラー・ライン・アレーナにてWBA世界バンタム級王者ウラジミール・シドレンコに挑戦するも、0-1のドローで王座獲得ならず。

2007年3月17日、ドイツにてWBA世界バンタム級王者ウラジミール・シドレンコに再挑戦するも、0-1のドローでまたしても王座獲得ならず[1]

2008年9月18日、パナマコンベンション・センターにて元IBF世界バンタム級王者ルイス・アルベルト・ペレスとWBA世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦で対戦し、3-0(118-110、117-111が2者)の判定勝ちを収めて王座の獲得に成功した[2]

2008年11月21日、正規王者セレスティーノ・カバジェロがIBF世界スーパーバンタム級王者のスティーブ・モリターを破りIBF王座を獲得してWBAの規定によりスーパー王者へ昇格したため、同日付けで正規王者に昇格した。

2009年3月21日、敵地アイルランドに出向いてバーナード・ダン(アイルランド)を迎えての初防衛戦を行うも、3回に1度のダウンを奪われた末に11回に3度のダウンを喫してレフェリーストップ。11回TKO負けを喫して初防衛に失敗し王座から陥落した。

2010年11月13日、テキサス州カウボーイズ・スタジアムにて行われたマニー・パッキャオVSアントニオ・マルガリートの前座において、WBA世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦で、WBA1位でシドニーオリンピックアテネオリンピックバンタム級金メダリストギレルモ・リゴンドウキューバ)と対戦。4回に先にダウンを奪われるものの、6回にリゴンドウからプロ初のダウンを奪い返す。しかし、その後アウトボクシングに徹したリゴンドウを攻めきれず、1-2(114-112、112-114、109-117)の判定負けを喫し王座返り咲きはならなかった。

2012年2月3日、パナマのコロンシェラトンホテルにてミゲル・バルデスコロンビア)と約1年3か月ぶりの再起戦を行い、2回KO勝ちを収めてで再起に成功した。

2012年3月31日、パナマにてWBCラテンフェザー級王座を懸けて元WBA世界スーパーフライ級王者名城信男と対戦経験があるエデュアルド・ガルシアメキシコ)と対戦し、5回KO勝ちを収めて王座を獲得した。

戦績[編集]

  • プロボクシング:44戦39勝(25KO)3敗2分

獲得タイトル[編集]

  • FECARBOXスーパーフライ級王座
  • パナマスーパーフライ級王座
  • パナマバンタム級王座
  • パナマスーパーバンタム級王座
  • WBCラテンアメリカスーパーフライ級王座
  • WBCラテンアメリカバンタム級王座
  • NABA北米スーパーバンタム級王座
  • WBAフェデラテンバンタム級王座
  • WBAフェデラテンスーパーバンタム級王座
  • WBA世界スーパーバンタム級暫定王座(防衛0→正規王座昇格)
  • 第27代WBA世界スーパーバンタム級王座(防衛0)

脚注[編集]

  1. ^ シドレンコ、5度目の防衛 WBA世界バンタム級戦 ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2007年3月22日
  2. ^ パナマ3選手が勝利 WBAのトリプル戦 ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2008年9月21日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
ルイス・アルベルト・ペレス
WBA世界スーパーバンタム級暫定王者
2008年9月22日 - 2008年11月21日
次暫定王者
正規認定により消滅
空位
前タイトル保持者
セレスティーノ・カバジェロ
第27代WBA世界スーパーバンタム級王者

2008年11月21日 - 2009年3月21日

次王者
バーナード・ダン