リボリオ・ソリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リボリオ・ソリス
基本情報
本名 リボリオ・ソリス・マートレット
通称 maquinita
階級 バンタム級
身長 163cm
リーチ 176cm
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
誕生日 (1982-03-21) 1982年3月21日(39歳)
出身地 アラグア州マラカイ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 38
勝ち 30
KO勝ち 16
敗け 6
引き分け 1
無効試合 1
テンプレートを表示

リボリオ・ソリス・マートレットLiborio Solís Marturet1982年3月21日 - )は、ベネズエラプロボクサー。元WBA世界スーパーフライ級王者。

来歴[編集]

2000年12月15日にプロデビューし2回TKO勝ち。その後1つのドローを挟んで5連勝するが、プロ7戦目となる2008年8月23日の試合でプロ初黒星を喫した(6回判定負け)[1]

2009年11月7日、ホセ・ヒメネスとベネズエラスーパーフライ級王座決定戦を行い7回TKO勝ちで王座を獲得した[1]

2010年11月25日、ヘンリー・マルドナルドニカラグア)とWBAフェデボルバンタム級王座決定戦を行うも、判定負けで獲得ならず[1]

2011年4月15日、オズワルド・ミランダとWBAフェデラテンバンタム級王座決定戦を行い、2回TKO勝ちを収め、王座獲得に成功した[1]

2011年10月22日、元WBA世界スーパーフライ級暫定王者ラファエル・コンセプシオンと対戦し、判定勝ちを収め初防衛に成功した[1]

2011年12月10日、ホセ・サルガドとWBA世界スーパーフライ級暫定王座決定戦を行い、12回2-1(2者が117-111、111-117)の判定勝ちで王座を獲得した[1]

2012年10月27日、カラカスにて、当初はWBA世界スーパーフライ級12位のビクター・ザラテと対戦予定だったが、ザラテのIBF世界バンタム級王者レオ・サンタ・クルスへの挑戦が決定した為、元WBO世界スーパーフライ級2位ホセ・カブレラに対戦相手が変更。ソリスもカブレラも前日計量をパスしたのだがプロモーターがファイトマネーが払えなくなった為、2度目の防衛戦となる筈だった試合は試合当日に中止となった[2][3]

2013年5月6日、東京都大田区大田区総合体育館で正規王者河野公平と王座統一戦を行い、12回2-0(115-111、114-112、113-113)の判定勝ちを収め王座統一に成功した(記録上は2度目の防衛)[4]

2013年12月3日、大阪府立体育会館IBF世界スーパーフライ級王者の亀田大毅と王座統一戦を行う予定だったが、前日計量でソリスに体重超過がありWBA王座を剥奪された為、IBF王座と空位のWBA王座を懸けた一戦として試合は通常に行われ、ソリスが勝てばWBA王座、IBF王座が共に空位となり、亀田が勝てばWBA王座とIBF王座が統一されるという条件下で試合は行われる筈だった[5][6]

その試合で、ソリスは判定2-1で勝利したため、当初であればWBA王座、IBF王座共に空位となることが規定として決まっていたが、IBF側はこの試合終了後、「相手(ソリス)は前日計量に失敗しているので王者ではない。勝っても負けてもIBF王者は亀田大毅だ」として、対戦相手・亀田大毅のIBF王座については空位とはならない見解を示した[7]。同月11日にWBAはソリスのファイトマネーの35%相当する額の罰金を科すことを通知した[8]

2015年12月17日、パナマシティのアレナ・ロベルト・デュランでジョナタン・バァト(カシミ)と対戦し、9回判定勝ちを収めた[9]

2016年3月4日、京都府島津アリーナ京都WBC世界バンタム級王者山中慎介と対戦し、両者2度のダウンを奪い合うも12回0-3(3者共107-117)の判定負けを喫し2階級制覇達成に失敗した。山中は強かったが、私の言ったようにガラスのアゴだった」と語った[10]。 (来日した際に、テレビ東京系「YOUは何しに日本へ?」の直撃取材を成田空港で偶然受けた。)[11]

2016年11月12日、モンテカルロのサル・デゼトワールでWBA世界バンタム級正規王者ジェイミー・マクドネルと対戦し、12回0-3(112-116、113-115、111-117)の判定負けを喫しまたも2階級制覇に失敗した[12][13][14]

2017年11月4日、モンテカルロのカジノ・ド・モンテカルロ内サル・メディシンでWBA世界バンタム級正規王者のジェイミー・マクドネルと再戦し、3回開始から程なくして偶然のバッティングでマクドネルが左眉上をカットし一度は試合続行が認められたものの、打撃戦の様相を見せ始めたところで主審が試合を止めリングドクターがマクドネルの傷の状態がひどく試合続行不可能と判断すると無判定と宣告され試合終了。5ヵ月ぶりの再戦は3回2分45秒無効試合という結果で終えた。またも2階級制覇とはならなかった[15][16][17][18]

2020年2月8日、ペンシルベニア州アレンタウンのPPLセンターでゲーリー・ラッセル・ジュニアvsツグスソグ・ニヤンバヤルの前座で井上尚弥のスーパー王座認定に伴いWBA世界バンタム級2位のギレルモ・リゴンドウとWBA世界バンタム級王座決定戦を行い、12回1-2 (111-116、112-115、115-112) の判定負けを喫しまたも2階級制覇に失敗した[19][20][21]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f TBS『トリプル世界戦』
  2. ^ ベネズエラのWBA暫定戦は中止 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年10月29日
  3. ^ Solis vs Cabrera WBA Title Bout Fell Out Due To Money BoxingScene.com 2018年10月29日
  4. ^ 河野が初防衛失敗 小差の判定負け ボクシングニュース「Box-on!」 2013年5月6日
  5. ^ S・フライ級王座統一戦 ソリスが計量失格 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月2日
  6. ^ 大毅の相手ソリス減量失敗で王座剥奪 日刊スポーツ 2013年12月2日
  7. ^ IBF、亀田大の王座残留発表 空位の説明「記憶ない」(朝日新聞2013年12月3日 同12月4日閲覧)
  8. ^ WBA sent notice to the manager of Liborio Solís WBA公式サイト 2013年12月11日
  9. ^ コンセプシオンが雪辱防衛、バァトはソリスに敗れる Boxing News(ボクシングニュース)2015年12月18日
  10. ^ 山中慎介がV10、大差判定勝ちもまさかの2度ダウン Boxing News(ボクシングニュース) 2016年3月4日
  11. ^ 山中の挑戦者、空港で「youは何しに日本へ?」 挑戦者と分かりTVスタッフびっくり yahoo!ニュース 2016年2月25日
  12. ^ McDonnell retains WBA bantamweight title Fightnews.com 2016年11月12日
  13. ^ McDonnell Outpoints Solis to Retain WBA Title WBA公式サイト 2016年11月13日
  14. ^ マクドネル判定でV5成功、ソリス奮闘も及ばず Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月13日
  15. ^ McDonnell retains WBA title on no decision Fightnews.com 2017年11月4日
  16. ^ McDonnell vs. Solis Rematch Ends in No-Decision After Head Clash Boxing Scene.com 2017年11月4日
  17. ^ 海外結果 マクドネルvsソリス再戦は無判定試合 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年11月5日
  18. ^ McDonnell Retains Title With No Decision Against Solis WBA公式サイト 2017年11月6日
  19. ^ Rigondeaux Drops, Decisions Liborio Solis For WBA Title Boxing Scene.com 2020年2月8日閲覧。
  20. ^ Rigo wins WBA bantam title by split decision Fightnews.com 2020年2月8日
  21. ^ リゴンドウ小差勝ち WBAバンタム級“正規”王者に ラッセルはWBCフェザー級V5 Boxing News(ボクシングニュース) 2020年2月9日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
ホセ・サルガド
WBA世界スーパーフライ級暫定王者
2011年12月10日 - 2013年5月6日
次暫定王者
王座統一により消滅
前王者
河野公平
WBA世界スーパーフライ級王者

2013年5月6日 - 2013年12月2日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
河野公平