野崎眞一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野崎 眞一
Shin-ichi Nozaki
別名 野崎 真一
生誕 1931年1月28日
出身地 日本の旗 日本 愛知県半田市
死没 (2014-01-27) 2014年1月27日(82歳没)
ジャンル 歌謡曲
職業 作曲家
活動期間 1958年 - 2014年
レーベル テイチクレコード

野崎 眞一(のざき しんいち、1931年1月28日 - 2014年1月27日)は、日本の作曲家である。永年の作家名は野崎 真一であった。

人物・来歴[編集]

1931年(昭和6年)1月28日、現在の愛知県半田市に生まれる。

1958年(昭和33年)、27歳のときに、テイチクレコード(現テイチクエンタテインメント)の専属作曲家となる。

「星屑のブルース」(1965年)をはじめ数多くの石原裕次郎八代亜紀の楽曲を作曲した。とくに野崎が40代半ばのころに八代に提供した「もう一度逢いたい」 (1976年)、「愛の終着駅」 (1977年)では、当時20代半ばの八代を日本レコード大賞最優秀歌唱賞受賞に2年連続で導いた[1]

2002年(平成14年)8月17日、71歳のときに「半田市栄誉賞」を受賞し、同市で授賞式が開かれた。2003年(平成15年)、第45回日本レコード大賞功労賞を受賞した。古賀政男1947年(昭和22年)に開いた古賀ギター歌謡学院で教鞭をとっており、野崎に師事したと名乗る者は多数存在する。

2014年1月27日午後2時25分、肺炎のため東京都の自宅で死去[2]。82歳没。没後に第56回日本レコード大賞・功労賞を受賞。

おもなディスコグラフィ[編集]

[編集]

  1. ^ 社団法人日本作曲家協会公式サイト内の「日本レコード大賞の歴史」の記述を参照。
  2. ^ 作曲家の野崎眞一さん死去 有名人の葬儀 2014年1月30日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]