AOMORI ROCK FESTIVAL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

AOMORI ROCK FESTIVAL(アオモリ・ロック・フェスティバル)とは、かつて青森県で開催されていたロック・フェスティバルである(現在は関東、関西で開催)。

通称「夏の魔物」と呼ばれている。主催者は成田大致。

概要[編集]

  • 主催者である成田大致が立ち上げたイベント。
  • 当時10代だった音楽好き少年による"手作りロックフェスティバル"と各メディア紙面に掲載される。
  • 「夏の魔物」は成田がファンだというスピッツ楽曲からとったもの。
  • 2017年、川崎市東扇島東公園特設ステージにて初の関東圏で開催。(タイトルは、「夏の魔物2017 in KAWASAKI」)[1]
  • 2018年、東京と大阪で開催。東京都内、および西日本で行われるのは今回が初。[2]
  • 2019年、埼玉と大阪で開催。埼玉は2デイズ開催となる。[3]

AOMORI ROCK FESTIVAL '06[編集]

音楽と人にレポート掲載。

出演[編集]

  • M.J.Q
遠藤ミチロウクハラカズユキ山本久土

AOMORI ROCK FESTIVAL '07[編集]

出演[編集]

プロレスステージ
司会
ATVアナウンサー 飛び入りゲスト)

AOMORI ROCK FESTIVAL '08[編集]

当初は青森市・問屋町ビッグサイトによる開催が予定されていたが、一般販売を前にチケットが先行だけで予定枚数を越えてしまったため、会場キャパを拡大し青森県営スケート場(現:サンワアリーナ青森)に変更となり、初の屋内となる。
MUSIC ON! TVによる特集番組も製作・放送された。(ナレーターは怒髪天の増子)。

出演[編集]

MC
  • アントーニオ本多

AOMORI ROCK FESTIVAL '09[編集]

再び、森田町へ舞台を移す。出演予定だったギターウルフはケガのためキャンセルとなるが、セイジによる挨拶があった。
また、スペシャルゲストとして声優・タレント・格闘家も出演。

出演[編集]

MC
スペシャルゲスト

AOMORI ROCK FESTIVAL '10[編集]

初の2DAYSを開催となる。DAY1は主にこれから来るであろう若手を中心としたステージ。DAY2はこれまで通り夏の魔物ステージとして開催。

出演[編集]

DAY1
DAY2
MC

AOMORI ROCK FESTIVAL '11[編集]

初の2ステージ制。

出演[編集]

(赤コーナー)
(青コーナー)
MC
  • アントーニオ本多
GUEST


AOMORI ROCK FESTIVAL '12[編集]

タイトルロゴなどが一新され、過去最高の出演者数となった。またロックに限らず、主催者のサブカルチャーが全面に押し出され、ヒップホップ、アイドル、プロレスなどジャンルを幅広くしている。これまで出演順のみは当日発表されていたが、初のタイムテーブルが事前発表されている。ポスターデザインキャラにキン肉マンが採用。ゆでたまごの書き下ろしであり、手に主催者バンド SILLYTHINGのCDを持った立ちポーズとなっている。

 出演者[編集]

※ステージを併用し出演する場合の多重記載は省略。

ストロングステージ
バーリ・トゥードステージ
王者の魂ステージ
道場ステージ
MC
プロレス

AOMORI ROCK FESTIVAL '13[編集]

出演者[編集]

※ステージを併用し出演する場合の多重記載は省略。

AOMORI ROCK FESTIVAL '14[編集]

出演者[編集]

※ステージを併用し出演する場合の多重記載は省略。

ストロングスタイルステージ
リングの魂ステージ
道場ステージ

AOMORI ROCK FESTIVAL '15[編集]

スペースシャワーTVにて当日の模様が放映。

出演者[編集]

AOMORI ROCK FESTIVAL '16[編集]

スカパー!にて当日の模様が6時間放映。
フェス開催10周年記念で曽我部恵一BANDが復活。

出演者[編集]

ほか

コラボレーション[編集]

イラスト[編集]


脚注[編集]

外部リンク[編集]