カルロス・サンタナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Carlos Santana
Carlos Santana 2.jpg
基本情報
出生名 Carlos Augusto Santana Alves
生誕 (1947-07-20) 1947年7月20日(71歳)
出身地 メキシコの旗 メキシコ ハリスコ州 アウトラン・デ・ナヴァロ
ジャンル ブルース・ロック
チカーノ・ロック
ラテン・ロック
インストメンタル・ロック
ジャズ・フュージョン
ハード・ロック
ガレージ・ロック
職業 ソングライター
担当楽器 ギター
活動期間 1966 –
レーベル アリスタ
ポリドール
コロムビア
CBS
共同作業者 サンタナ
チャド・クルーガー
ロブ・トーマス
ミシェル・ブランチ
公式サイト http://www.santana.com
著名使用楽器
PRS Santana II(シグネイチャー)
ギブソン・SG
ヤマハ・SG

カルロス・サンタナCarlos Santana, 1947年7月20日 - )は、メキシコ出身のアメリカ合衆国ギタリスト。自身の名を冠したラテン・ロックバンドサンタナ」を1960年代から率い、現在も活動中。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第15位、2011年の改訂版では第20位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第90位。

経歴[編集]

若年期[編集]

1947年、メキシコのハリスコ州アウトラン・デ・ナヴァロ英語版で生まれた。マリアッチヴァイオリン奏者だった父の指導のもと、5歳でヴァイオリンを習い、8歳でギターを習った[注釈 1]。 弟のホルヘ・サンタナ英語版もプロのギタリストになろうとした。米国ロックポップ・ミュージックにメキシコ人はごく少数しかいなかったその当時、カルロスはリッチー・ヴァレンスから大きな影響を受けた。カルロスの家族は、カリフォルニア州との国境沿いのティフアナへ移住し、その後サンフランシスコへ移った。カルロスはティフアナに留まったが、1962年にサンフランシスコで家族と合流した。10歳から12歳の頃、カルロスに国境を越えさせたアメリカ人の男にカルロスは性的な虐待を受けたという[1][注釈 2]

カルロスはサンフランシスコのミッション・ディストリクトに住み、ブルースラテンジャズに傾倒した。James Lick Middle Schoolを卒業し、1965年にMission High Schoolを卒業した。カリフォルニア州立大学ノースリッジ校ハンボルト州立大学英語版に入学することができたが、大学に通うことを選ばなかった[2]

初期のキャリア[編集]

"1960年代は、人間の意識における飛躍の時だった。マハトマ・ガンディーマルコムXマーティン・ルーサー・キング・ジュニアチェ・ゲバラマザー・テレサ。彼らが意識の革命を率いた。ビートルズドアーズジミ・ヘンドリックスらが革命を創り、発展のメロディを創造した。その音楽はサルバドール・ダリのようなもので、多くの色彩と革命的な手法があった。今の若者たちは、自分自身を見つけるためにそこへ行かなければならない。"
– Carlos Santana[3]

カルロスは、B.B.キング, T-ボーン・ウォーカージョン・リー・フッカーといったような1950年代の人気のあるアーティストから影響を受けた[4]。ギターの演奏を始めて間もなくカルロスは、50年代のロックンロールに独特のタッチを加えることができる場となる地元のバンド「Tijuana Strip」に加わった[4]ジャズフォークソングを含む様々な新しい音楽の影響も受け、1960年代のサンフランシスコを中心として興っていたヒッピー運動も目にした。その後の数年間は食堂での皿洗いと路上ライブで少額を稼ぎ、フルタイムのミュージシャンになることを決めた。

1966年、ある1日に起こった幾つかの偶然により名声を得た。当時カルロスはビル・グラハム英語版フィルモア・ウエスト英語版に観客として時々行っていた。ある日曜の昼にポール・バターフィールドがフィルモア・ウエストで公演する予定になっていたが、ポールは酔っ払ってしまったため公演できなかった。ビルは、ポールのバンドやグレイトフル・デッドジェファーソン・エアプレインなどとのコネクションを通じて知っているミュージシャンを集めて即席のバンドを組んだが、ギタリストが足りなかった。カルロスのマネージャーのStan Marcumが、カルロスをそのバンドに加えることを直ちに提案しビルは同意した。ジャムセッションでのカルロスのギター演奏とソロは、観客とビル双方の注目を集めた[5]。その年にカルロスは、仲間のストリートミュージシャンのDavid Brownベースギター)、Marcus Maloneパーカッション)、グレッグ・ローリー (ミュージシャン)英語版(リード・ヴォーカル、ハモンドオルガン B-3)と共にSantana Blues Bandを結成した[6]

1968年9月、アル・クーパーのライヴに参加。この時演奏された「ソニー・ボーイ・ウィリアムスン」(ジャック・ブルースのカヴァー)は、マイク・ブルームフィールド&アル・クーパー名義のライヴ・アルバム『フィルモアの奇蹟』に収録。カルロスの演奏が収録された初のレコードとなった。

1969年にカルロスはコロムビア・レコードと契約し、バンド名のSantana Blues Bandを短縮してSantanaとした。Santanaは、カルロスの絶妙なギター演奏と、カルロスのトレードマークとなった自律的なメロディにより、アフロキューバン英語版ラテン・ロック風味の一連のヒットアルバムをリリースした[7]

その後[編集]

カルロス・サンタナ
2000年ミュンヘンのライブ)

人物[編集]

カルロスは1965年米国に帰化した[11]

34年間の結婚生活の後、2007年10月にデボラ・サンタナは「妥協し難い相違」により離婚を申請した[12]

カルロスは2010年7月にシカゴ郊外のTinley Parkで行われたUniversal Tone Tourでのコンサート中にドラマーシンディ・ブラックマン英語版プロポーズした後、シンディと婚約した。2人は2010年12月に結婚した[13][14]2014年現在、2人はラスベガスに住んでいる[15]

カルロスにはSalvador、Stella、Angelicaの3人の子がいる[16]

東洋哲学に傾倒しており、シュリ・チンモイに帰依している。1973年には、同じくシュリの信奉者であるジョン・マクラフリンとの連名で『魂の兄弟たち』を発表し、『スイング・オブ・デライト』(1980年)でもシュリが作った楽曲を取り上げた。後にシュリ・チンモイ教団からは脱会している。

ソロ作品[編集]

  • Carlos Santana & Buddy Miles Live! 『カルロス・サンタナ&バディ・マイルス!ライヴ!』(1972)
  • Love, Devotion and Surrender - Carlos Santana & Mahavishnu John McLaughlin 『魂の兄弟たち』(1973)
  • Illuminations - Carlos Santana & Alice Coltrane 『啓示』(1974)
  • Oneness, Silver Dreams - Golden Reality 『ワンネス』(1979)
  • Swing of Delight 『スイング・オブ・デライト』(1980)
  • Havana Moon 『ハバナ・ムーン』(1983)
  • Blues for Salvador 『サルバドールにブルースを』(1987)
  • Santana Brothers 『サンタナ・ブラザース』(1994)
  • Divine Light - Bill Laswell Remixed 『ディヴァイン・ライト:カルロス・サンタナ Remix/ビル・ラズウェル』(2001)
  • "Into the Night" featuring Chad Kroeger(ex ニッケルバック

回顧録[編集]

2014年11月4日、回顧録『The Universal Tone: Bringing My Story to Light』が出版された[9][10]

受賞とノミネート[編集]

ノミネート対象 結果
1973 "Caravanserai" Best Pop Instrumental Performance – With Vocal Coloring ノミネート
1988 "Blues for Salvador" Best Rock Instrumental Performance (Orchestra, Group Or Soloist) 受賞
1993 "Gypsy/Grajonca" Best Rock Instrumental Performance ノミネート
1996 "Every Now And Then" Best Rock Instrumental Performance ノミネート
2000 "Smooth" Record of the Year 受賞
Best Pop Collaboration with Vocals 受賞
Supernatural Album of the Year 受賞
Best Rock Album 受賞
"Maria Maria" Best Pop Performance by a Duo or Group with Vocal 受賞
"El Farol" Best Pop Instrumental Performance 受賞
"The Calling" Best Rock Instrumental Performance 受賞
"Put Your Lights On" Best Rock Vocal Performance by a Duo or Group 受賞
"Love of My Life" Best Pop Collaboration with Vocals ノミネート
2002 "The Game of Love" Best Pop Collaboration With Vocals 受賞

2013年12月29日にケネディ・センター名誉賞を受賞した[17]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 父は後にカルロスのソロ・アルバム『ハバナ・ムーン』(1983年)にも参加した。
  2. ^ カルロスは1995年に、この件に関してセラピーを受けている[1]

出典[編集]

  1. ^ a b Santana Says He Was Molested As A Child”. mtv.com. 2018年2月5日閲覧。
  2. ^ “50 facts from life of Carlos Santana”. BOOMSbeat. (2015年12月29日). http://www.boomsbeat.com/articles/105923/20151229/50-facts-life-carlos-santana.htm 2017年8月11日閲覧。 
  3. ^ Carlos Santana: I’m Immortal interview by Punto Digital, October 13, 2010
  4. ^ a b “Carlos Santana - the king of World Music”. La Voz (Denver: La Voz Publishing Company) 24 (34). (1998年8月26日). ISSN 0746-0988. OCLC 9747738. http://search.proquest.com/docview/367933042/. "When the family moved to the boom town of Tijuana in 1955, 8-year-old Carlos picked up the guitar, studying and emulating the sounds of B.B. King, T-Bone Walker and John Lee Hooker. Soon he was playing with local bands like "T.J.'s," where he added his own unique touch and feel to the popular songs of '50s rock 'n' roll. As he continued to play with different bands along the busy "Tijuana Strip," he started to perfect his style and sound." 
  5. ^ Shapiro, Marc, "Carlos Santana: Back on Top”, pages 57–58, St. Martin’s Press, 0-312-26904-8, 2000.
  6. ^ Ruhlmann, William (2003年). “Carlos Santana > Biography”. AllMusic. 2009年6月25日閲覧。
  7. ^ "Carlos Santana." Britannica Academic, Encyclopædia Britannica, 12 Sep. 2013. academic.eb.com.ezproxy4.library.arizona.edu/levels/collegiate/article/476059. Accessed 2 Feb. 2017.
  8. ^ 『THE DIG Special Edition UDO Music Festival 2006』(シンコーミュージックエンタテイメント、ISBN 4-401-63034-3)p.10-13
  9. ^ a b c In Music, Carlos Santana Seeks The Divine”. NPR.org (2014年11月4日). 2014年11月14日閲覧。
  10. ^ a b Carlos Santana: 'I Am A Reflection Of Your Light'”. NPR.org (2014年11月4日). 2014年11月14日閲覧。
  11. ^ Welcome to the Pacific Coast Immigration Museum”. learn.pacificcoastimmigration.org. 2010年10月19日閲覧。
  12. ^ Dean Goodman (2010年7月12日). “Carlos Santana proposes onstage to girlfriend”. Reuters. https://www.reuters.com/article/idUSTRE66B6QG20100712 2010年11月8日閲覧。 
  13. ^ Carlos Santana Is Engaged!”. Us Weekly. 2014年6月14日閲覧。
  14. ^ Carlos Santana Proposes to Drummer Girlfriend Onstage”. Billboard. 2014年6月14日閲覧。
  15. ^ Realtor – Real Estate News and Advice Community”. Realtor.com. 2014年6月14日閲覧。
  16. ^ Carlos Santana”. Biography.com. 2018年2月6日閲覧。
  17. ^ List of Kennedy Center Honorees”. Kennedy-center.org. 2008年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月14日閲覧。

外部リンク[編集]