ケネディ・センター名誉賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ケネディ・センター名誉賞
Kennedy Center Honors
Kennedy center honors logo.svg
「舞台芸術における多くの技能のスペクトラム」を象徴するロゴ
受賞対象舞台芸術を通じたアメリカ文化英語版への生涯にわたる貢献
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
主催ジョン・F・ケネディ・センター評議員会
初回1978年
公式サイトKennedy Center Honors

ケネディ・センター名誉賞(The Kennedy Center Honors)は、舞台芸術(パフォーミング・アーツ)を通じてアメリカ文化英語版に生涯にわたって貢献した人に贈られる賞である。1978年から毎年開催されており、毎年12月ワシントンD.C.ジョン・F・ケネディ・センター歌劇場で授賞式が行われる[1]

歴史[編集]

劇作家・映画プロデューサーのジョージ・スティーヴンス・ジュニア英語版がダンサーのニック・ヴァノフ英語版と共に創設し、1978年に第1回の授賞式を開催した。スティーヴンスは2014年まで授賞式のプロデューサー兼共同脚本家として活動していたが[2]、その後ケネディ・センターに制作権を売却した。

この賞は、1977年アメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI)の設立10周年を記念して始まった。ケネディ・センターの創立会長であるロジャー・L・スティーヴンス英語版は、AFIの創立会長であるジョージ・スティーヴンス・ジュニア[注釈 1]に、同センターのためのイベントを開催してほしいと依頼した。ジョージ・スティーヴンス・ジュニアはアイザック・スターンに声をかけ、テレビ局のCBSに売り込み、CBSが放映権を買い取った。第1回の受賞者とその授賞式開催の発表において、CBSの特番担当副社長のバーニー・ソフロンスキーは次のように述べた[3][4]

ジョージ(・スティーブンス)がこの話を持ちかけてきました。私たちがこれに興味を持ったのは、この種のショーが唯一であるということです。ヨーロッパをはじめとする多くの国には、俳優やスポーツ選手を称える賞があります。イギリスでは、女王のために御前上演が行われます。私たちは、社会に貢献した人は国を挙げて表彰するべきだと考えています。たまたまその時にポップレコードがヒットした人ではなく……。私たちの意図は、単に授賞式を開催するだけではありません。本当の意味での特別なものを作るために努力することです。

1978年の第1回授賞式の司会者はレナード・バーンスタイン、1979年の第2回ではエリック・セヴァライド(閉会はジーン・ケリー)、1980年の第3回ではビヴァリー・シルズだった。1981年から2002年まではウォルター・クロンカイト、2003年から2012年まではキャロライン・ケネディが司会を務めた。2013年にはグレン・クローズ、2014年から2016年まではスティーヴン・コルベアが司会を務めた[5][6]。2017年には正式な司会者はいなかったが、キャロライン・ケネディが受賞者を紹介した。2018年と2020年[注釈 2]にはグロリア・エステファン、2019年にはLL・クール・Jが司会を務めた。

2014年にジョージ・スティーヴンス・ジュニアがエグゼクティブ・プロデューサーを退任した後、2015年からはリッキー・キルシュナー英語版グレン・ウェイスが同職に就任した[7]

この賞は、授賞式の様子が生中継されない数少ない賞である。通常、クリスマスから新年の間に、約2時間に編集されたものがCBSで放送される[8][9]

2020年の授賞式は新型コロナウイルス感染拡大のために延期され、2021年3月に行われることが発表された[10]。その後、再延期されて5月17日から5月22日の間に開催され、2021年6月6日に放送された[11]

選考プロセス[編集]

ケネディ・センターでは、この賞の受賞者の推薦のために、同センターの評議員2名と過去の受賞者や著名なアーティストで構成される諮問委員会を設置している。受賞者の推薦は一般からも受け付けている。評議員会の執行委員会は、音楽、ダンス、演劇、オペラ、映画、テレビのいずれかの分野における優れた業績に基づいて受賞者を選出する[12]。選考結果は通常、7月から9月の間に発表される。

授賞式典[編集]

授賞式典は週末の2日間に渡って行われ、招待者のみが参加できる。受賞式典には、理事長の昼食会、国務省の晩餐会、ホワイトハウスのレセプション、そしてケネディ・センターでのガラ公演と夕食会が含まれる。

土曜日にケネディ・センターで開催される昼食会では、受賞者を囲んで理事長が歓迎のスピーチを行う。その日の夜、国務省で開催されるレセプションと晩餐会では、国務長官の司会のもとで受賞者が紹介され、理事長から賞のメダルが授与される[12]。賞のメダルには幅の広い虹色の帯がつけられており、受賞者の首にかけられ、イベントがテレビで放映される際には目立つようになっているが、これはクリエイターのイワン・チェルマイェフによると、「舞台芸術における様々な技能のスペクトラム」を象徴している[13]

日曜日の夕方には、大統領とファーストレディが主催するホワイトハウスでのレセプションが行われ[14]、その夜にケネディ・センターでの受賞者のガラ公演と夕食会が行われる。

2015年には、バラク・オバマ大統領が生中継で国民に向けて演説した後にガラ公演に出席した[15]。2017年以前には、大統領がガラ公演に出席しなかったことが4回あった。ジミー・カーター大統領は人質事件のあった1979年12月のガラ公演を[16]ジョージ・H・W・ブッシュ大統領は1989年12月のガラ公演を、ビル・クリントン大統領は1994年のガラ公演をそれぞれ欠席した[17][18]

2017年8月19日、ホワイトハウスは、ドナルド・トランプ大統領とファーストレディのメラニア・トランプが、「受賞者が政治的な妨げを受けずにお祝いできるようにするため」、2017年のケネディ・センター名誉賞の受賞者を称えるイベントに参加しないことを決定したと発表した[19]。2017年の授賞式は大統領夫妻の出席なしに12月3日に開催され、キャロライン・ケネディが司会を務め、受賞者を紹介した。授賞式前の土曜日の夜に行われる国務省での晩餐会はレックス・ティラーソン国務長官が主催し、ホワイトハウスでのレセプションは開催されなかった[20]。トランプ大統領夫妻は、2018年、2019年の授賞式典にも参加しなかった[21]

受賞者[編集]

2005年の受賞式にて。左からジュリー・ハリスロバート・レッドフォードティナ・ターナースザンヌ・ファレルトニー・ベネットジョージ・W・ブッシュ大統領、ローラ・ブッシュ大統領夫人(2005年12月4日、ホワイトハウスのブルー・ルームにて)
2012年に受賞したレッド・ツェッペリンの存命メンバーとバラク・オバマ大統領

この賞は、大半は個人に授与されている。1985年以降、デュオやグループに授与されたことが11回あり、その中には俳優である3組の夫婦が含まれている。ヒューム・クローニンジェシカ・タンディポール・ニューマンジョアン・ウッドワードオジー・デイヴィスルビー・ディーである。ダンサーでは、ニコラス・ブラザーズファヤード英語版ハロルド英語版)が受賞している。ミュージカルの作詞作曲においてアラン・ジェイ・ラーナーフレデリック・ロウ英語版ベティ・コムデンアドルフ・グリーンフレッド・エブ英語版ジョン・カンダー英語版の3組が、音楽グループでは、ザ・フーピート・タウンゼントロジャー・ダルトリー)、レッド・ツェッペリンジョン・ポール・ジョーンズジミー・ペイジロバート・プラント)、イーグルスドン・ヘンリーティモシー・B・シュミットジョー・ウォルシュグレン・フライ)、アース・ウィンド・アンド・ファイアーフィリップ・ベイリーヴァーダイン・ホワイトラルフ・ジョンソン英語版モーリス・ホワイト)の4組が受賞している。1998年にビル・コスビーに贈られた賞は、性的暴行の有罪判決を受けて、2018年に取り消された[22]

2018年には、「カテゴリーを超えた変革的な作品を生み出した先駆的なクリエイター」に贈られる賞が創設され、ミュージカル『ハミルトン』のクリエイターであるリン=マニュエル・ミランダトーマス・カイル英語版アンディ・ブランケンビューラー英語版アレックス・ラカモア英語版の4人に贈られた[23]

2019年には『セサミストリート』に対して賞が贈られ、初のテレビ番組に対する授賞となった。この番組の共同創設者であるジョーン・ガンツ・クーニーロイド・モリセット英語版が、同番組の全てのクリエイターを代表して賞を受け取った[24]

1970年代[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

2000年代[編集]

2009年の授賞式。左からミシェル・オバマ大統領夫人、メル・ブルックスデイヴ・ブルーベックグレース・バンブリー英語版ロバート・デ・ニーロブルース・スプリングスティーンバラク・オバマ大統領(2009年12月6日、ホワイトハウスのブルー・ルームにて)

2010年代[編集]

2020年代[編集]

受賞辞退・受賞延期など[編集]

ピアニストのウラディミール・ホロヴィッツが受賞する予定だったが、ホロヴィッツが「午後4時に一人で受賞すること」を条件にしたため、選考委員会は授賞を撤回した[3]

女優のキャサリン・ヘップバーンは、最初の授賞は辞退したが、1990年には承諾した[3]

ドリス・デイは、飛行機恐怖症のために授賞式に出席できないとして、何度も辞退した[37]

1987年にアーヴィング・バーリンを見落としているという批判があったため、彼への授賞を検討していたところ、100歳の誕生日(1988年5月11日)以降に受賞したいというバーリンの意向がケネディ・センターに知らされた。また、バーリンは脳卒中の後遺症で体調が悪く、車椅子を使用しており、公の場に出ることができなかった。ケネディ・センターは、1987年のガラで彼に特別な賛辞を捧げることにした。バーリンは1989年9月に101歳で亡くなった[38]

ポール・マッカートニーは2002年に受賞者に選ばれたが、従兄弟の結婚式を予定していたという「避けられない個人的な義務」のために出席できなかった。ケネディ・センターは当初、マッカートニーの受賞は翌年に延期されるとしていたが、2003年8月にマッカートニーに賞は与えないと発表した[39]。マッカートニーはその後、2010年に受賞した[40]

メル・ブルックスは、ジョージ・W・ブッシュの在任中に受賞者に選ばれたが、ブッシュのイラク政策に嫌悪感を抱いていたために受賞を拒否した。ブルックスは、バラク・オバマが大統領になった最初の年である2009年にこの賞を受賞している[41][42]

イーグルスは2015年の受賞者に選ばれていたが、授賞式の1か月前、グレン・フライが腸の病気で大手術を受け、長い回復期間が必要となったため、授賞が翌年に延期された。2015年の授賞式では、カントリー歌手のミランダ・ランバートが『ならず者』を歌い、本来この年に受賞するはずだったイーグルスを讃えた。フライは2016年1月18日に亡くなったが、ケネディ・センターは彼と生き残った3人のメンバーを2016年の受賞者に選出した[43][32]

2017年の受賞者のノーマン・リア英語版は、受賞はするが、ホワイトハウスでの式典をボイコットすると発表した。その理由として、ドナルド・トランプ大統領が全米人文科学基金全米芸術基金英語版の廃止を提案していることを挙げた[44]。トランプ大統領夫妻は、「栄誉ある人々が政治的な妨げを受けずにお祝いできるように」との理由で、大統領夫妻としては初めてこの賞のイベントを欠席することを発表し[20]、この年のホワイトハウスでの式典は行われなかった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ロジャー・L・スティーヴンスと同姓だが、血縁関係はない。
  2. ^ 授賞式は2021年5月に行われた。

出典[編集]

  1. ^ About the Honors”. John F. Kennedy Center for the Performing Arts. 2008年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月4日閲覧。
  2. ^ Harris, Paul (2014年12月7日). “George Stevens Jr. to End 37-Year Run as Kennedy Center Honors Producer”. Variety. https://variety.com/2014/tv/news/george-stevens-jr-to-end-37-year-run-as-kennedy-center-honors-producer-1201373481/ 
  3. ^ a b c Crews, Chip (2005年12月27日). “The Honors, Take 2”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/12/26/AR2005122600801_pf.html 
  4. ^ Shales, Tom (1978年9月28日). “Crowning America's Culture Superstars”. The Washington Post: p. B1 
  5. ^ McGlone, Peggy (2014年11月19日). “Stephen Colbert Will Host 37th Annual Kennedy Center Honors”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/news/arts-and-entertainment/wp/2014/11/19/stephen-colbert-will-host-37th-annual-kennedy-center-honors/# 
  6. ^ Park, Andrea (2016年12月27日). “Kennedy Center Honors 2016”. CBS News. https://www.cbsnews.com/news/how-to-watch-the-kennedy-center-honors-2016/ 
  7. ^ “Tony Awards Team Chosen”. The Washington Post. (2015年5月5日). https://www.washingtonpost.com/news/style-blog/wp/2015/05/05/tony-awards-team-chosen-to-produce-2015-kennedy-center-honors/ 
  8. ^ “Kennedy Center Honors 2017: How to Watch Online and on TV, Start Time and Pre-Show”. CBS News. (2017年12月26日). https://www.cbsnews.com/news/kennedy-center-honors-2017-how-to-watch-on-cbs/ 
  9. ^ “2017 Honors” (プレスリリース), John F. Kennedy Center for the Performing Arts, (2017年12月3日), https://www.kennedy-center.org/Content/pdfs/pages/specialevents/2017HonorsPressRelease.pdf 
  10. ^ “Kennedy Center Cancels Most Previously Scheduled Performances Through the End of 2020 Due to COVID-19” (プレスリリース), Washington, District of Columbia: John F. Kennedy Center for the Performing Arts, (2020年6月23日), https://www.kennedy-center.org/press-releases/kc-cancels-through-end-of-2020/ 2020年6月23日閲覧。 
  11. ^ The Kennedy Center Honors”. Kennedy Center. 2021年5月23日閲覧。
  12. ^ a b “Eagles, Carole King, George Lucas, Rita Moreno, Seiji Ozawa and Cicely Tyson to Receive 38th Annual Kennedy Center Honors” (プレスリリース), John F. Kennedy Center for the Performing Arts, (2015年7月15日), https://www.kennedy-center.org/programs/specialevents/honors/2015HonorsPressRelease.pdf 
  13. ^ Chermayeff, Ivan (2008年12月7日). インタビュアー:Jennifer Frey. “Q& A: Ivan Chermayeff, Designer of the Kennedy Center Honors Medal”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/12/05/AR2008120500948.html 
  14. ^ A Vision in Blue”. Mrs. O (2011年12月4日). 2015年12月30日閲覧。
  15. ^ McGlone, Peggy (2015年12月6日). “President Obama Will Be Late to Kennedy Center Honors Performance”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/news/arts-and-entertainment/wp/2015/12/06/president-obama-to-skip-kennedy-center-honors-performance/# 
  16. ^ Gamarekian, Barbara (1979年12月3日). “Kennedy Center Honors Five for Life Achievements in Arts: Audience of Over 2,000 'She Led a Revolt' White House Reception”. The New York Times: p. C14. "Mrs. Carter: 'As you know President Carter has had to cancel his public appearances.'" 
  17. ^ McGlone, Peggy (2015年12月6日). “President Obama to Skip Kennedy Center Honors Performance”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/news/arts-and-entertainment/wp/2015/12/06/president-obama-to-skip-kennedy-center-honors-performance/# 
  18. ^ Pareles, John (1994年12月25日). “Performers Receive Kennedy Center Awards”. Sun-Sentinel (Fort Lauderdale). http://articles.sun-sentinel.com/1994-12-25/entertainment/9412280359_1_kennedy-center-honors-morton-gould-arts 
  19. ^ “Trump to Skip Kennedy Center Arts Award”. The Washington Post. (2017年8月19日). オリジナルの2018年11月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181103104351/https://www.washingtonpost.com/politics/trump-to-skip-kennedy-center-arts-awards/2017/08/19/621e7a5c-84d6-11e7-9e7a-20fa8d7a0db6_story.html 
  20. ^ a b McGlone, Peggy (2017年12月3日). “At the Kennedy Center Honors, Plenty of Politics Make Up for Trump's Playing Hooky”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/lifestyle/style/2017/12/03/ee27f8f8-d881-11e7-b1a8-62589434a581_story.html 
  21. ^ Harris, Paul (December 9, 2019). “Heartfelt Tributes Trump Politics at Kennedy Center Honors”. Variety. https://variety.com/2019/biz/news/kennedy-center-honors-sesame-street-linda-ronstadt-sally-field-1203429632/ 2019年12月18日閲覧。. 
  22. ^ Holloway, Daniel (2018年5月8日). “Bill Cosby's Kennedy Center Honors, Mark Twain Prize Revoked”. Variety. https://www.yahoo.com/entertainment/bill-cosby-kennedy-center-honors-212925295.html 2019年7月18日閲覧。 
  23. ^ a b Gans, Andrew (2018年7月25日). Hamilton Creators Lin-Manuel Miranda, Thomas Kail, Andy Blankenbuehler, Alex Lacamoire Will Receive Special Kennedy Center Honors”. Playbill. http://www.playbill.com/article/hamilton-creators-lin-manuel-miranda-thomas-kail-andy-blankenbuehler-alex-lacamoire-will-receive-special-kennedy-center-honors# 
  24. ^ a b Gans, Andrew (2019年7月18日). “Sally Field and Linda Ronstadt Among 2019 Kennedy Center Honorees”. Playbill. http://www.playbill.com/article/sally-field-and-linda-ronstadt-among-2019-kennedy-center-honorees# 
  25. ^ “Kennedy Center rescinds Bill Cosby's Honors and Twain awards”. The Washington Post. (2018年5月7日). https://www.washingtonpost.com/news/arts-and-entertainment/wp/2018/05/07/kennedy-center-rescinds-honors-twain-awards-given-to-bill-cosby/ 
  26. ^ Barbara Cook, Neil Diamond, Yo-Yo Ma, Sonny Rollins & Meryl Streep to Receive 34th Annual Kennedy Center Honors”. John F. Kennedy Center for the Performing Arts. 2011年9月6日閲覧。
  27. ^ Gans, Andrew (2012年9月12日). “Dustin Hoffman, David Letterman, Natalia Makarova, Buddy Guy, Led Zeppelin Are Kennedy Center Honorees”. Playbill. オリジナルの2012年11月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121109035635/http://www.playbill.com/news/article/169937-Dustin-Hoffman-David-Letterman-Natalia-Makarova-Buddy-Guy-Led-Zeppelin-Are-Kennedy-Center-Honorees 
  28. ^ Gans, Andrew (2013年9月12日). “Martina Arroyo, Herbie Hancock, Billy Joel, Shirley MacLaine and Carlos Santana Are 2013 Kennedy Center Honorees”. Playbill. オリジナルの2013年10月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131021201552/http://www.playbill.com/news/article/182034-Martina-Arroyo-Herbie-Hancock-Billy-Joel-Shirley-MacLaine-and-Carlos-Santana-Are-2013-Kennedy-Center-Honorees?tsrc=hpt2 
  29. ^ 米国家賞“ケネディ・センター名誉賞”にスティング、トム・ハンクスら billboard-JAPAN 2014/09/05
  30. ^ Harris, Paul (2014年9月4日). “Tom Hanks, Lily Tomlin, Sting to Receive Kennedy Center Honors”. Variety. https://variety.com/2014/biz/news/tom-hanks-lily-tomlin-sting-to-receive-kennedy-center-honors-1201297630/ 2014年9月4日閲覧。 
  31. ^ Viagas, Robert (2015年7月15日). “Carole King, Cicely Tyson, Rita Moreno and More Named 2015 Kennedy Center Honorees”. Playbill. http://www.playbill.com/news/article/carole-king-cicely-tyson-rita-moreno-and-more-named-2015-kennedy-center-honorees-353316 
  32. ^ a b “Martha Argerich, Eagles, Al Pacino, Mavis Staples, James Taylor To Receive 39th Annual Kennedy Center Honors” (プレスリリース), John F. Kennedy Center for the Performing Arts, (2016年6月23日), http://www.kennedy-center.org/programs/specialevents/honors/2016HonorsPressRelease.pdf 2016年7月25日閲覧。 
  33. ^ Clark, Cindy (2015年11月4日). “Kennedy Center Postpones Honors to Eagles”. USA Today. https://www.usatoday.com/story/life/2015/11/04/kennedy-center-postpones-honors-eagles/75189296/ 
  34. ^ Hipes, Patrick (2016年6月23日). “Kennedy Center Honors: Al Pacino, Eagles, James Taylor & More”. Deadline Hollywood. https://deadline.com/2016/06/kennedy-center-honors-2016-al-pacinio-eagles-james-taylor-mavis-staples-martha-argerich-1201778011/ 
  35. ^ Announcing the 43rd Kennedy Center Honorees”. 2021年1月16日閲覧。
  36. ^ Gans, Andrew (2021年7月21日). “Bette Midler, Berry Gordy, Joni Mitchell, More Among 44th Annual Kennedy Center Honorees”. Playbill. 2021年7月21日閲覧。
  37. ^ Pollock, Allen. “About Doris”. DorisDay.com. 2021年8月22日閲覧。
  38. ^ Molotsky, Irvin (1987年12月7日). “Five Receive Kennedy Center Honors for Artistic Contributions”. The New York Times. https://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9B0DE7DF1031F934A35751C1A961948260 
  39. ^ “The Kennedy Center Honors: This Year's Bid for Glamour”. The New York Times. (2003年8月6日). https://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9A06EFD61E3EF935A3575BC0A9659C8B63 
  40. ^ Trescott, Jacqueline (2010年9月7日). “Oprah Winfrey Among Five Recipients of 2010 Kennedy Center Honors”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/09/07/AR2010090702439.html 
  41. ^ Mel Brooks on His New Box Set and the 1 Million Great Stories that Come with It”. Vulture (2012年11月13日). 2021年8月22日閲覧。
  42. ^ “Mel Brooks: 'I'm An EGOT; I Don't Need Any More'”. NPR. (2013年5月20日). https://www.npr.org/2013/05/20/182609040/mel-brooks-i-m-an-egot-so-i-don-t-need-any-more 
  43. ^ Morton, Victor (2016年1月18日). “Glenn Frey, Eagles guitarist, dies at 67”. The Washington Times. http://www.washingtontimes.com/news/2016/jan/18/glenn-frey-eagles-guitarist-dies-67/ 2016年1月18日閲覧。 
  44. ^ Held, Amy (2017年8月5日). “Norman Lear, Kennedy Center Honoree, To Skip White House Reception In Protest”. The Two-way (NPR). https://www.npr.org/sections/thetwo-way/2017/08/05/541812555/norman-lear-kennedy-center-honoree-to-skip-white-house-reception-in-protest 2019年7月18日閲覧。 

外部リンク[編集]