Maison book girl

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Maison book girl
別名 ブクガ、MBG
出身地 日本の旗 日本
ジャンル アイドル
J-POP
現代音楽
ニューエイジ
活動期間 2014年-
レーベル ekoms(2015 - 2016)
徳間ジャパンコミュニケーションズ(2016 -)
事務所 ekoms
共同作業者 サクライケンタ
ミキティー本物(振付)
公式サイト maisonbookgirl.com
メンバー 矢川葵
井上唯
和田輪
コショージメグミ
旧メンバー 宗本花音里

Maison book girl(メゾンブックガール)は、2014年に結成された日本の4人組女性アイドルグループ。略称は「ブクガ」、「MBG」。

概要[編集]

2014年7月8日に行われたBiSの解散コンサートにて、いずこねこを手掛けていた音楽家・サクライケンタが、BiSのコショージメグミを中心に結成すると発表。当初は「book house girl」(ブックハウスガール)の仮称で発表されたが[1]、正式発表時に、Maison book girl(メゾンブックガール)へ変更された[2]。楽曲は、現代音楽とアイドルポップスを融合させた音楽性で、サクライがプロデュースしていたいずこねこの系譜を継ぐものとなっている。

また、Maison book girl発足前にコショージのソロライブでサクライの曲をバックに自作の詩でポエトリーリーディングを行った[3]ことから、Maison book girlでもコショージ作の詩がCDに収録されたり、ライブでポエトリーリーディングを行うこともある。

音楽活動と同時に、ファッションブランドとしても展開を予定しており、音楽シーンのみならず、ファッション、アート、ストリートカルチャーに訴求していくことが示されている。

メンバー[編集]

氏名 よみ 生年月日 備考
矢川 葵 やがわ あおい 1994年4月1日 ミスiD2015ファイナリスト
井上 唯 いのうえ ゆい 1994年9月13日 ニックネームは「ゆいまーる」
和田 輪 わだ りん 1995年3月14日 2015年3月27日加入
コショージ メグミ   2014年5月4日 BiSの元メンバー
実際の生年月日は1993年9月28日

元メンバー[編集]

  • 宗本花音里 - オリジナルメンバー。ミスiD2014ファイナリスト。家庭の事情により活動を続けることが困難になったため、2015年3月27日脱退[4]

来歴[編集]

2014年[編集]

  • 7月8日、BiSの解散コンサートにて、メンバーにコショージメグミを含むbook house girl(仮称)の結成を発表
  • 11月5日、インターネット上にて、book house girl改め、Maison book girlを発表
  • 11月24日、「@JAM the Field vol.6」にて、ライヴ初披露[5]

2015年[編集]

  • 3月8日、「POP SONG FOR U vol.2」2部にて、宗本花音里が家庭の事情により3月27日のイベントをもって脱退することを発表[4]
  • 3月14日、シングル「white」と「black」の2種類をライヴ会場限定でリリース開始。
  • 3月27日、ekoms主催「SOLITUDE HOTEL B1」を渋谷CHELSEA HOTELにて開催。宗本花音里が脱退。新メンバーの和田輪を発表。
  • 8月2日、「TOKYO IDOL FESTIVAL」へ ミスiD SPECIAL STAGE 内に出演。
  • 8月8日、ツーマン企画「ekoms presents Two Series」を新宿motionにて開催。初回の相手はおやすみホログラム。以降、2016年6月まで2015年12月を除き毎月開催されていた。
  • 8月24日、初の全国流通となるファーストアルバム「bath room」の発売を発表。
  • 9月12日、「AOMORI ROCK FESTIVAL '15」出演。bath room 先行販売。
  • 11月25日、初のワンマン「solitude hotel 1F」を渋谷 WOMBにて開催。ソールドアウト。[6]

2016年[編集]

  • 3月30日、初のEP「summer continue」リリース。
  • 8月30日、自主企画「夜明けの月と煙 vol.1」にて、11月30日リリースのシングル「river (cloudy irony)」で徳間ジャパンコミュニケーションズからメジャーデビューすること、および11月6日にWWW Xにて2ndワンマンライブを行うことを発表[7]
  • 11月6日、2ndワンマン・ライブ 「Solitude HOTEL 2F」を渋谷WWW Xにて開催。ソールドアウト。[8]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

# 発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1 2015年3月14日 white MBG-0001 ライブ会場限定販売
2 2015年3月14日 black MBG-0002 ライブ会場限定販売

EP[編集]

# 発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1 2016年3月30日 summer continue MBG-0004 本作の発売を記念したリリースパーティーを初めて実施
「empty」はコショージメグミ作詞
上記を除く作詞・作曲は全てサクライケンタ
2 2016年11月30日 river (cloudy irony) TKCA-74435(初回限定盤)
TKCA-74436(通常盤)
初回限定盤はCD+DVD
「14days」はコショージメグミ作詞
上記を除く作詞・作曲は全てサクライケンタ

アルバム[編集]

# 発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1 2015年9月23日 bath room MBG-0003 初の全国流通盤。初のインストアイベントを東京、大阪にて開催
「最後のような彼女の曲」「water」はコショージメグミ作詞
上記を除く作詞・作曲は全てサクライケンタ
2 2017年4月5日 image TKCA-74485(初回限定盤)

TKCA-74486(通常版)

1,6はインスト、11はポエトリーリーディング

全曲 サクライケンタによる作詞、作曲 11のみコショージメグミ作詞 初回版にはメンバーの幼少期の写真を納めたフォトブックが同梱されている 5. faithlessness はMVが作成されている

コンピレーションアルバム[編集]

  • 『サワソニ19 海の家 ACOUSTIC LIVE』(2016年7月14日)
    2016年7月9日、片瀬海岸西浜海水浴場で行われたアコースティックライブの模様を収録したCD-R。Maison book girlは「blue light」「faithlessness」の2曲を収録。

Blu-ray+CD[編集]

# 発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1 2017年2月15日 Solitude HOTEL 2F + faithlessness TKXA-1110 Blu-rayは「Solitude HOTEL 2F」(2016年11月6日、WWW X)の模様を収録。
CDは2017年4月5日発売のアルバム『image』からの先行CD化。

ライヴ、イベント[編集]

2014年[編集]

  • 9月20日、「ekoms presents 「book house girl」Vol.0」(十三シアターセブン)キックオフイベント開催。ekoms代表のサクライケンタとメンバーのコショージメグミが出演(司会は田辺ユウキ)
  • 11月24日、「@JAM the Field vol.6」(六本木ブルーシアター)初ライヴ
  • 12月31日、「関西カルチャーCOUNTDOWN!」(ロフトプラスワンウエスト)ekoms代表のサクライケンタとメンバーの矢川葵が出演

2015年[編集]

  • 1月2日、BELLRING少女ハート主催「からふりゅ 〜みんなのお年玉いただきますSP〜」(赤坂ブリッツ
  • 1月9日、「乙女の事情」新年会スペシャル(新宿LOFT
  • 1月11日、「アイドルドランカーin池袋」1部&2部(池袋Dot)
  • 1月18日、「WONDER WORLD vol.4」(渋谷Glad)
  • 1月25日、「綱島温泉湯会 〜はつゆね〜」(綱島温泉
  • 2月1日、アイドルバンチ vol.7 「Downtown Swinger '15」1部&2部(名古屋RAD HALL)
  • 2月10日、おやホロ×新宿LOFT presents 「Shinjuku Drifter」(新宿LOFT
  • 2月13日、L.S.N PRODUCE LIVE「PARTY」(恵比寿リキッドルーム
  • 2月15日、「WONDER WORLD vol.5」〜大阪編〜(心斎橋FANJ twice)宗本花音里は欠席
  • 3月8日、「POP SONG FOR U vol.2」1部&2部(渋谷eggman)宗本花音里が脱退を発表
  • 3月14日、「ヤンヤン歌うステージ ホワイトデーSP!!」(渋谷TSUTAYA O-Crest)
  • 3月15日、SAWA主催「サワソニ Vol.10」(渋谷Glad)
  • 3月20日、ロリータ18号主催「ドキッ! 丸ごとロリータ18号 カバーだらけのワンマン大会!!! Vol.1」(高円寺MISSION'S)にコショージメグミがゲスト出演
  • 3月21日、吉田豪×南波一海主催「アイドル伝説vol.5」(心斎橋FANJ twice)井上唯は欠席
  • 3月27日、ekoms主催(自主企画)「SOLITUDE HOTEL B1」(渋谷チェルシーホテル)宗本花音里が脱退。新メンバーの和田輪を発表
  • 4月4日、「Maison book girl緊急!ミーティング!!」(阿佐ヶ谷ロフトA)
  • 4月5日、「アイドルドランカーin池袋」1部&2部(池袋Black Hole)
  • 4月12日、IDOL NEWSING LIVE 1.5(代官山LOOP)
  • 4月16日、「あんナイト~そして伝説へ~」(新宿LOFT
  • 4月25日、「Maximum Music Values Vol.1」後半の部(六本木 Super Deluxe)
  • 4月26日、「殺害発電」(四ツ谷Outbreak!)
  • 5月1日、「水野しず、コショージメグミの世界の芸術品評会」(阿佐ヶ谷ロフトA)コショージメグミが出演
  • 5月3日、「WONDER WORLD vol.8」(心斎橋SUNHALL)
  • 5月3日、「交フェス in 川崎」(CLUB CITTA'
  • 5月10日、「綱島温泉湯会」(綱島温泉
  • 8月2日、「TOKYO IDOL FESTIVAL 2015」ミスiD枠での出場。
  • 8月8日、「ekoms presents Two Series vol.1」(新宿motion)対バンはおやすみホログラム。新曲を披露する。
  • 8月29日、「@JAM EXPO 2015」、新たな衣装を初披露。衣装製作はHachi(BALMUNG)とRei Nakanishi。
  • 12月8日・10日・11日、RINGO DEATHSTARR 「”PURE MOOD”JAPAN TOUR2015」の東名阪会場へサポートアクトとして参加。
  • 12月12日、元BiSメンバー所属ユニットによる「BILLIE IDLE® presents Brand-new Idle Society」へ参加。

2016年[編集]

Two Series[編集]

ekoms 主催により2015年8月〜2016年6月まで開催していた、Maison book girl ともう一組によるツーマン企画となる。会場は新宿Motion。

# 開催日 アーティスト 備考
1 2015年8月8日 おやすみホログラム おやすみホログラムはmy cutをカバー。Maison book girl はおやすみホログラムのdrifterをカバー。
2 2015年9月8日 sora tob sakana
3 2015年10月6日 QQIQ QQIQはmy cutをカバー。
4 2015年11月17日 あヴぁんだんど あヴぁんだんどはsnow ironyをカバー。
5 2016年1月16日 カオティックスピードキング カオティックスピードキングによる初のバンドセットを披露。シークレットゲストとして大森靖子が参加。[9]
本公演の共演部分については、映像公開されている。[10]
6 2016年2月23日 カフカ カフカはmy cutをカバー。
7 2016年3月28日 夏の魔物ブラックDPG アンコールのsnow ironyにて夏の魔物のメンバーである塚本舞ケンドー・チャンが参加。
8 2016年4月22日 BELLRING少女ハート 朝倉みずほによる snow irony カバー。Maison book girl による c.a.n.d.y. のカバーあり。
9 2016年5月23日 二丁ハロ サイレントマジョリティーを始めとした多くのコラボを実施。
10 2016年6月29日 KISEKI KISEKI は、Taigen Kawabe(BO NINGEN)と食品まつりによるユニット。
KISEKIとのコラボでは新作の詩の朗読を披露(2016年7月現在 未発表)
faithlessness 初披露。

夜明けの月と煙[編集]

ekoms主催により2016年8月より開催。Maison book girlと追加2組によるスリーマン企画となる。会場は月見ル君想フ。

# 開催日 アーティスト 備考
1 2016年8月30日 カオティックスピードキング
sora tob sakana
徳間ジャパンコミュニケーションズからのメジャーデビューが発表された。[11]

メジャーデビューシングルに含まれる新曲「cloudy irony」「karma」を初披露

2 2016年9月28日 それでも世界が続くなら
せのしすたぁ
3 2016年10月24日 sohaamiinA
4 2016年11月28日 カフカ
ヤなことそっとミュート
5 2016年12月27日 オワリカラハコイリ♡ムスメ
6 2017年1月26日 アイドルネッサンス
CICADAminimal set

出演[編集]

映画[編集]

  • マイカット(2015年7月14日公開、MOOSIC LABO 2015参加作品、SPOTTED PRODUCTIONS
    • OPはアコースティックバージョンの「last scene」、EDには「my cut」が使用されている。
    • 劇伴は全てサクライケンタ作曲。

ミュージックビデオ[編集]

  • 大森靖子「私は面白い絶対面白いたぶん」(2014年、コショージメグミ 出演)
  • 大森靖子「さっちゃんのセクシーカレー」(2015年、コショージメグミ 出演)
  • アーバンギャルド「平成死亡遊戯」(2015年、矢川葵出演)
  • ハルカトミユキ 「恋は魔法さ」(2015年、コショージメグミ、矢川葵 出演)
  • 大森靖子「生kill the time 4 you、、」(2016年)

タイアップ[編集]

  • cloudy irony
    • 日本テレビ系「PON!」11月エンディングテーマ
  • faithlessness
    • TVK「音楽缶」4月度テーマ ソング
    • ncc長崎文化放送 「JUNK BOX」毎週(木)4月エンディング

脚注[編集]

  1. ^ さらばBiS! 怒涛の解散ライブで49曲熱唱”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2014年7月9日). 2014年12月4日閲覧。
  2. ^ 元BiSコショージがアイドル再始動、プロデュースはサクライケンタ”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2014年11月5日). 2014年12月4日閲覧。
  3. ^ 平賀哲雄 (2014年9月16日). “元BiSコショージ フジロック上回る衝撃、想定外の号泣ソロアクト”. Billboard JAPAN. 2016年8月31日閲覧。
  4. ^ a b Maison book girlの宗本花音里がグループ脱退”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年3月8日). 2015年3月8日閲覧。
  5. ^ 元BiSコショージ/ミスiD擁する新アイドル“Maison book girl”衝撃初ライブ”. Billboard JAPAN (2014年11月26日). 2015年2月28日閲覧。
  6. ^ 「solitude hotel」は満員御礼!Maison book girl初ワンマン”. 2016年4月3日閲覧。
  7. ^ Maison book girl徳間よりメジャーデビュー、11月に新シングル&ワンマン”. 音楽ナタリー (2016年8月30日). 2016年8月31日閲覧。
  8. ^ Maison book girlが2ndワンマンで示した、アイドル・J-POPシーンにおける特異性”. Real Sound (2016年11月7日). 2017年3月5日閲覧。
  9. ^ ブクガ×カオティック競演、大森靖子も参加した歌舞伎町の夜”. 2016年4月4日閲覧。
  10. ^ 1/16 Maison book girl ekoms prezents「TwoSeries.Vol.5」 ダイジェスト”. 2016年4月4日閲覧。
  11. ^ Maison book girlメジャーデビュー発表!ekomsの新企画”. 2016年8月31日閲覧。

外部リンク[編集]

公式サイト
公式ブログ
Twitter