サクライケンタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サクライ ケンタ
出生名 桜井 健太
生誕 (1983-11-10) 1983年11月10日(33歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府
学歴 高等学校中退[1]
ジャンル 現音ポップ(現代音楽+ポピュラー音楽
職業 作詞家
作曲家
編曲家
音楽プロデューサー
ギタリスト
活動期間 2007年 -
事務所 ekoms
公式サイト http://www.ekoms.jp/

サクライ ケンタ1983年11月10日 - )は、日本の音楽家作詞家作曲家編曲家音楽プロデューサーギタリスト)。ekoms代表取締役。大阪府出身。

自らの音楽性を現代音楽ポピュラー音楽を組み合わせた「現音ポップ」と称している[1]

経歴[編集]

小学生の時にドラムを習うとともに、独学でギターを弾きはじめる。中学生の頃にはMTRで宅録を、17歳でMacLogicによるDTMを始める[2]

DTMを始めた頃、仲良くなったライブハウスの店長に借りたCDがきっかけで現代音楽に出会う。特にスティーヴ・ライヒに衝撃を受け、東京で行われた来日コンサートを見に行っている[1]

20歳前後からデザイン会社とのつながりで映像に合ったインストゥルメンタル楽曲を制作するようになる[2]

2007年頃、友人であったサオリリスの作詞による「チョコっとだけ愛してください」(2013年、「アイドル横丁夏まつり!!〜2013〜」のスペシャルコラボユニット「サクラィ学院」[3]が歌唱)が初めて作曲したアイドルソング[4]。その後、Mary AngelやSKETCHに曲を提供。

2011年、茉里と出会い、ソロプロジェクト「いずこねこ」をスタート、「現音ポップ」を具現化させた。しかし、持病であるうつ病が悪化し活動を続けられる状態ではなくなり[5](このとき自殺未遂を起こし警察が出動した[6])、2014年3月に活動休止を示唆するツイートを行う。一度は運営によって活動続行がアナウンスされたものの、結局は2014年8月に活動休止する[7]

いずこねこの映画「世界の終わりのいずこねこ」の制作と並行して、2014年7月には、コショージメグミ(元BiS)を中心としたアイドルグループ(仮称「Book house girl」)を結成することを発表。9月のコショージのソロライブ中に披露されたポエトリーリーディングに楽曲を提供。11月、グループの名称がMaison book girlに決定し、活動開始。

2016年2月、ピエール中野(凛として時雨)、井澤惇(LIFE)、takuto(about tess)によるジャムバンド「カオティック・スピードキング」にギタリストとして加入[8]

人物[編集]

自らロリコンであることを認める発言をしており[4]吉田豪はサクライを紹介する際にしばしば「ロリコンだけど才能あふれる」[9]、「ロリコンだけどセンスある男」[10] などと形容する。 映画「世界の終わりのいずこねこ」に出演した蒼波純に対して多大な思い入れがあり、映画制作を成し遂げられたのは蒼波のおかげと語っている[11]

楽曲制作で組むことが多い大森靖子とは、2014年3月に精神が不安点な中、恵比寿LIQUIDROOMで行われた大森のライブを観に行ったことがきっかけとなり、大森の友人であるコショージがMasion book girl入りしたことから交流が深まった[12]。 大森との初のタッグとなる「14才のおしえて」(ずんね from JC-WC。映画「女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。」で共演した蒼波と吉田凜音のユニット)は、プロデュースを担当した大森から編曲は「あの人に頼むしかない」ということで直接依頼があった[13]

その後も、大森の「SHINPIN」(アルバム『TOKYO BLACK HOLE』収録)、「ピンクメトセラ」のサウンドプロデュース、大森が作詞・作曲した吉川友の「歯をくいしばれっっ」の編曲を担当している他、大森が2016年2月21日放送『MUSIC JAPAN』(NHK総合テレビジョン)出演した際にバックバンド(玩具のギター)として参加[14]。2016年秋の「TOKYO BLACK HOLE TOUR」ではバンド「新●z(しんブラックホールズ)」のハイパー[15]担当として帯同した。

作品・プロデュース[編集]

トータルプロデュース[編集]

他アーティストへの提供作品[編集]

  • SKETCH「FUTURE」、「ももいろはぁと」
  • Mary Angel「I need back」(作詞)、「music on!!!」
  • usa☆usa少女倶楽部「放課後 usa☆usa」
  • VERSUS KIDS「みっくすじゅーす」、「すきったー」
  • GOMESS「笑わないで with いな (QQIQ)」、「Fake」(作曲、サウンドプロデュース)
  • ずんね from JC-WC(吉田凜音蒼波純)「14才のおしえて」(編曲)
  • 大森靖子「SHINPIN」、「ピンクメトセラ」(サウンドプロデュース)
  • 吉川友「歯をくいしばれっっ」、「さよなら、スタンダード」(編曲)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 岡島紳士のアイドル最新マッピング 第17回 Maison book girl プロデューサー・サクライケンタが語る、Maison book girlの音楽的仕掛け「アイドルポップスとして成り立つギリギリをやりたい」”. Real Sound (2015年9月26日). 2015年11月28日閲覧。
  2. ^ a b Maison book girlの世界観を創造する音楽家 サクライケンタ インタビュー”. Tokyo Loco magazine (2015年11月25日). 2015年11月28日閲覧。
  3. ^ サクラィ学院[アイドル横丁夏まつり!!〜2013〜スペシャルコラボユニット]”. アイドル横丁夏まつり!!〜2013〜. 2015年11月28日閲覧。
  4. ^ a b 南波一海『ヒロインたちのうた』(音楽出版社)p.149
  5. ^ 南波一海のルッキン・フォー・ザ・パーフェクト・ソング #008 Maison book girlプロデューサー サクライケンタ インタビュー 前編「うつ病で薬をいっぱい飲んで、ごまかしてやっていた」”. LoGiRL (2015年11月24日). 2015年11月28日閲覧。
  6. ^ 夏の魔物10周年記念対談特別編 吉田豪×ケンドー・チャン”. AOMORI ROCK FESTIVAL(夏の魔物). 2016年9月16日閲覧。
  7. ^ いずこねこが8月31日に活動終了 “最初で最後の主演映画”の制作もスタート”. Real Sound (2014年5月21日). 2015年11月9日閲覧。
  8. ^ カオティック・スピードキングにサクライケンタ加入”. 音楽ナタリー (2016年2月5日). 2016年2月27日閲覧。
  9. ^ Maison book girl|bath room特設サイト”. ekoms. 2015年11月28日閲覧。
  10. ^ 保紫萌香 ミスiDグランプリ2016”. ミスiD2016. 2016年2月27日閲覧。
  11. ^ いずこねこをサクライケンタが最後に語る「映画のおかげで完結できた」”. 音楽ナタリー (2015年3月23日). 2015年11月30日閲覧。
  12. ^ 大森靖子、「『かわいい』の価値観を私の音楽で広げていきたい」シングル三カ月連続リリースを決行/<視線の先>インタビュー”. トレンドニュース (2016年8月23日). 2016年9月16日閲覧。
  13. ^ 南波一海のルッキン・フォー・ザ・パーフェクト・ソング #009 Maison book girlプロデューサー サクライケンタ インタビュー 後編「変拍子を封じても狂気が出る」”. LoGiRL (2015年11月27日). 2015年11月30日閲覧。
  14. ^ サクライケンタ (2016年2月22日). “大森靖子さんMJ出演見ました!わたくしサクライ、バックバンドで参加させて頂いておりまして、たのしかったっすー!…”. Twitter. 2016年6月2日閲覧。
  15. ^ 全ておとぎ話だと思える人だけ読んで”. 大森靖子オフィシャルブログ (2016年8月23日). 2016年12月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]