MIGMA SHELTER

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
MIGMA SHELTER
出身地 日本の旗 日本
ジャンル サイケデリックトランス
活動期間 2017年 -
レーベル クリムゾン印刷
事務所 AqbiRec
パーフェクトミュージック(エージェント契約)
共同作業者 田中紘治
タニヤマヒロアキ
公式サイト http://www.migmashelter.tokyo/
メンバー ミミミユ
コマチ
アマリ
コテジュン
ポポポーポ・ポーポポJr.
旧メンバー ヨネコ
セイセイ

MIGMA SHELTER(ミグマシェルター)は、日本の女性アイドルグループ。AqbiRec所属。通称・ミシェル

概要[編集]

サイケデリックトランスで踊り狂える[1]アイドルグループ。

田中紘治(BELLRING少女ハート/There There Theresディレクター)がディレクターを、タニヤマヒロアキ(ヤなことそっとミュート運営)がサウンドプロデュースを務める。

沿革[編集]

2016年
  • 8月9日、田中とタニヤマによる新グループの発足を発表、メンバー募集開始[2]
  • 10月下旬、アマリ、コテジュンがオーディションに合格。後にThere There Theresに入った平澤芽衣、緒倉かりん、一条さえきと5人でレッスンを重ねる[1]
  • 12月19日、甘楽(現ヨネコ)が12月31日でBELLRING少女ハートから卒業、新グループに加入することを発表[3]
2017年
  • 1月10日、LOFT9 Shibuyaで「BELLRING少女ハート・新メンバー & AqbiRec新ユニットメンバー最終オーディション!(仮)」が行われる[4]
  • 1月後半、BELLRING少女ハートのオーディションに合格したセイセイ、ミミミユ、最終オーディションに合格したコマチがレッスンに合流[5]。その場で、新グループと新生BELLRING少女ハート(There There Theres) への振り分けが行われ、メンバーが決定[1]
  • 2月25日、There There Theresと合同で「ゼゼゼの成人式・There There Theres&新グループ合同100mバンジー!」(竜神大吊橋)を行い、メンバーの顔出し解禁[6]。甘楽がヨネコに改名[7]
  • 3月5日、新宿LOFT BAR LOUNGEにて行われた「名もなき女やさかいオフ会」にてグループ名が「MIGMA SHELTER」に決定[8]
  • 4月16日、AqbiRec主催「Upstairs Down vol.1」(渋谷WWW X)にて初ライブ[9]
  • 5月4日、「ギュウ農フェス 春のSP 新木場コースト」にて、新木場STUDIO COASTのメインステージに抜擢。
  • 7月15日、1stシングル「Svaha Eraser」をリリース。同日、イオンモール幕張新都心グランドモールにてlyrical schoolと合同でグループ初のリリースイベントを開催。CD500枚が即日完売となる。
  • 7月31日、パーフェクトミュージックとエージェント契約を結んだことを発表[10]
  • 8月31日、新メンバー募集、および9月末をもってヨネコのリーダー降格[注 1]が発表された[12] [注 2]
  • 9月8日、12月にミニアルバム「ORBIT EP」を発売、2018年1月に東名阪で初のツアー「ORBIT TOUR」を行うことを発表[14]
  • 10月29日、この日に行われたイベント「AQBI new-comer」(目黒鹿鳴館)で新メンバー・ポポポーポ・ポーポポJr.お披露目[15]
  • 11月25日、東京キネマ倶楽部にて開催されたパーフェクトミュージック主催イベント「PERFECTION」で新リーダーがミミミユ、サブリーダーがポポポーポ・ポーポポJr.に決定。
  • 12月31日、この日行われた「AQBI DIG 04」(TSUTAYA O-nest)にて、ヨネコが2月に卒業することを発表[16]
2018年
  • 1月2日、初のワンマンライブ「ORBIT TOUR 2018 HIMEHAJIMIX」in TOKYO(TSUTAYA O-WEST)を開催。
  • 2月5日、Dubscribeがリミックスを手掛けた「Mo'Strain (Dubscribe Remix)」のフリーダウンロードをSoundCloudで開始[17]
  • 2月10日、追加公演「ORBIT TOUR 2018 +」in TOKYO(渋谷WOMB)にてヨネコ卒業[18]
  • 2月24日、新衣装披露[19]。ミミミユのメンバーカラーがシンデレラピンクからヒロインレッドに変更[20]
  • 3月2日、セイセイが3月末で脱退することを発表[21]
  • 3月4日、LOFT9 Shibuyaで新メンバーオーディション開催。
  • 3月31日、「Moksha」(新宿MARZ)でセイセイが脱退。
  • 4月8日、「ギュウ農フェス春のSP ロード to 栃木2018<オクタゴンスピーカーの驚音 vs ライブアイドル!>」にて、STUDIO COASTのオクタゴンスピーカーを使用してライブを行う[22]
  • 5月27日、7月8日出演のイベントをもって一時活動休止することを発表[23]。活動再開時には新メンバーを加えた新編成となること、活動休止中はミミミユがソロとしてイベントに出演する予定。
  • 6月3日、7月8日の活動休止とともに、ポポポーポ・ポーポポJr.、コテジュン、アマリが卒業することを発表[24]

メンバー[編集]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
メンバー 誕生日 メンバーカラー 備考
ミミミユ 5月2日 シンデレラピンク→
ヒロインレッド
2017年11月25日にリーダー就任
2018年2月24日メンバーカラー変更
コマチ 3月9日 大和撫子パープル
アマリ 6月5日 サンシャインブルー
コテジュン 10月17日 ヤッターイエロー
ポポポーポ・ポーポポJr. 7月30日 オレンジ 2017年10月29日加入
2017年11月25日にサブリーダー就任
柳沢あやのと平澤芽衣により命名[25]

元メンバー[編集]

メンバー 誕生日 メンバーカラー 備考
ヨネコ 12月24日 マグマレッド BELLRING少女ハート。2017年2月25日甘楽(かんら)から改名。
2017年9月30日までリーダー。2018年2月10日卒業。現在はフリータレントとして活動。
セイセイ 1月20日 コスモブラック 2018年3月31日脱退

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

# 発売日 タイトル 品番 収録曲 備考
1 2017年7月15日 Svaha Eraser AQB-003 1. Svaha Eraser
2. Deeper
3. Joint
2 2017年10月20日 Amazing Glow - 1. Amazing Glow
2. Mo' Strain
3. GIPS
配信限定

ミニアルバム[編集]

# 発売日 タイトル 品番 収録曲 備考
1 2017年12月27日 ORBIT EP AQB-005 1. Amazing Glow
2. Mo' Strain
3. GIPS
4. Compressin: Free
5. Cosmic Forest

主なライブ活動[編集]

公演名 日時 場所 備考
ONEMAN LIVE「ORBIT TOUR 2018 HIMEHAJIMIX」in TOKYO 2018年1月2日 TSUTAYA O-WEST ワンマン
「ORBIT TOUR 2018 HIMEHAJIMIX」in OSAKA 2018年1月21日 CONPASS ゲスト・溺れたエビ!、DJ hOLysHiT
「ORBIT TOUR 2018 HIMEHAJIMIX」in NAGOYA 2018年1月28日 X-HALL-ZEN- / THEATER OSU ゲスト・TORIENA
「ORBIT TOUR 2018 +」in TOKYO 2018年2月10日 渋谷WOMB ゲスト・ゆるめるモ!There There Theres後藤まりこ(DJ)
ワンマン・レイヴ「Adaptations」 2018年5月26日 渋谷CLUB QUATTRO

出演[編集]

ラジオ[編集]

  • ギュウゾウと里咲りさのアイドル☆パンチ!RADIO BERRY、2017年8月17日)※コテジュン・セイセイ
  • まよなかレコード(fm yokohama)※コテジュン(2017年8月17日、9月28日、10月5日、10月12日)、コマチ(2017年8月24日、8月31日)、ミミミユ(2017年9月7日、10月19日、10月26日)、セイセイ(2017年9月14日)、アマリ(2017年9月21日)

テレビ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この日のライブでヨネコが「ラストアイドル」(テレビ朝日)に挑戦、合格したらグループを辞めると宣言したが、田中の元には既に書類審査で落選したとの通知が来ていた。[11]
  2. ^ 同時に10月末に新リーダー決定戦を行うことも発表されたが、新リーダーは田中の指名により11月25日のイベントで発表された。[13]

出典[編集]

  1. ^ a b c サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、初インタヴュー・前編を掲載!”. OTOTOY. 2017年7月11日閲覧。
  2. ^ 田中紘治 × タニヤマヒロアキによる新グループ発足! ベルハーと真逆をコンセプトにメンバー募集”. OTOTOY (2016年8月9日). 2017年7月11日閲覧。
  3. ^ BELLRING少女ハート甘楽が年内で卒業、新グループに移籍”. 音楽ナタリー (2016年12月19日). 2017年7月11日閲覧。
  4. ^ 新生ベルハー、お披露目ワンマンを赤坂BLITZで開催”. 音楽ナタリー (2017年1月5日). 2017年7月12日閲覧。
  5. ^ MIGMA SHELTER(ミグマシェルター)ヨネコ&メンバーインタビュー”. 【ガチ恋!】-ガチで恋した音楽サイトGACHIKOI- (2017年7月9日). 2017年7月12日閲覧。
  6. ^ There There Theres(ゼアゼア)「絶対売れるぞー!」メンバー成人祝いで祈願のバンジージャンプ。後輩ユニットもバンジー成功で顔出し解禁”. 【ガチ恋!】-ガチで恋した音楽サイトGACHIKOI- (2017年3月1日). 2017年7月12日閲覧。
  7. ^ ヨネコの2017年2月25日のツイート2017年7月12日閲覧。
  8. ^ MIGMA SHELTER公式の2017年3月5日のツイート2017年7月12日閲覧。
  9. ^ MIGMA SHELTER デビューライブレポート”. IDOL NEWSING (2017年4月21日). 2017年7月12日閲覧。
  10. ^ MIGMA SHELTER公式の2017年7月31日のツイート2017年8月10日閲覧。
  11. ^ 月刊B.L.T2017年12月号 p.84「ぶらり豪 第79回」
  12. ^ MIGMA SHELTERが新メン募集、ヨネコ降格で新リーダー決定戦も”. 音楽ナタリー (2017年8月31日). 2017年9月18日閲覧。
  13. ^ 田中紘治の2017年11月20日のツイート2017年11月20日閲覧。
  14. ^ MIGMA SHELTER、メンバーオーディション合格者と共に東名阪ツアー”. 音楽ナタリー (2017年9月9日). 2017年9月18日閲覧。
  15. ^ MIGMA SHELTER公式の2017年10月29日のツイート2017年10月30日閲覧。
  16. ^ MIGMA SHELTERからヨネコが卒業”. 音楽ナタリー (2018年1月1日). 2018年1月3日閲覧。
  17. ^ MIGMA SHELTER×Dubscribeの「Mo'Strain」リミックス、DL配信開始”. 音楽ナタリー (2018年2月5日). 2018年3月3日閲覧。
  18. ^ MIGMA SHELTERヨネコ卒業ライブ大団円、初のMVお披露目も”. 音楽ナタリー (2018年2月16日). 2018年3月3日閲覧。
  19. ^ MIGMA SHELTER公式の2018年2月24日のツイート- Twitter
  20. ^ ミミミユの2018年2月28日のツイート2018年3月3日閲覧。
  21. ^ MIGMA SHELTERセイセイ、3月末に脱退”. 音楽ナタリー (2018年3月2日). 2018年3月3日閲覧。
  22. ^ 新木場〈ギュウ農フェス〉にラストアイドルファミリーのSomeday Somewhere、Spindle、里咲りさが追加!オクタゴン・スピーカー使用者も発表”. OTOTOY (2018年3月8日). 2018年4月2日閲覧。
  23. ^ MIGMA SHELTER活動休止、体制強化のために新メンバー募集”. 音楽ナタリー (2018年5月27日). 2018年5月28日閲覧。
  24. ^ MIGMA SHELTERからポポポーポ・ポーポポJr.、コテジュン、アマリが卒業”. 音楽ナタリー (2018年6月3日). 2018年6月4日閲覧。
  25. ^ 2017年10月29日のMIGMA SHELTER公式のツイート2017年10月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]