ライアン・ヘムズワース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ryan Hemsworth
Ryanpresshot2014.jpg
基本情報
生誕 (1990-04-23) 1990年4月23日(29歳)[1][2]
出身地 カナダの旗 カナダ ハリファックス
ジャンル 電子音楽[3]
ヒップホップ[3]
職業 音楽プロデューサー
DJ
活動期間 2010年 -
レーベル Wedidit
Last Gang Records
Secret Songs
共同作業者 Shady Blaze
Lucas
公式サイト www.ryanhemsworth.com

ライアン・ヘムズワース(Ryan Hemsworth、1990年4月23日[1][2] - )は、カナダ音楽プロデューサーDJである[4]TinasheやTory Lanezの楽曲のプロデュースを手がけている[5][6]

経歴[編集]

ハリファックスで育ち、キングス・カレッジ大学でジャーナリズムを学んだ[7]

2011年、Shady Blazeとの共作アルバム『Distorted』がリリースされた[8]。2013年にアルバム『Guilt Trips[9]、2014年にアルバム『Alone for the First Time』をリリースした[10]。2015年、Lucasとの共作EP『Taking Flight』がリリースされた[11]

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • Distorted (2011) (with Shady Blaze)
  • Guilt Trips (2013)
  • Alone for the First Time (2014)
  • Elsewhere (2018)

ミックステープ[編集]

  • Ryanpack Vol. 1 (2013)
  • Ryanpack Vol. 2 (2015)

EP[編集]

  • Cover Yr Shame (2010)
  • No Plans (2011)
  • A Way (2011)
  • Kitsch Genius (2012)
  • Last Words (2012)
  • Still Awake (2013)
  • Taking Flight (2015) (with Lucas)
  • Circus Circus (2019) (with Yurufuwa Gang)

シングル[編集]

  • "We Deserve This" (2010) (featuring Chemist, James Valmont and Cop Magnet)
  • "Someone to Make You Crazy" (2011) (featuring Jenn Mierau)
  • "Day 'n' Nite" (2013) (with Liz)
  • "Every Square Inch" (2014) (with Qrion)
  • "Gods" (2014) (with UV Boi)
  • "Cream Soda" (2014) (with Tomggg)
  • "Afterglow" (2015)
  • "How It Felt" (2016)
  • "Burying the Sun" (2016)
  • "Wait" (2016) (featuring Keaton Henson and Mitski)
  • "In the Sky" (2016) (featuring Nebu Kiniza)
  • "Commas" (2016) (featuring Adamn Killa)
  • "Holy" (2016) (featuring Ryan Playground and Swim Good Now)
  • "Hunnid" (2017) (featuring E-40 and Yakki)
  • "Four Seasons" (2018) (featuring Newagemuzik)
  • "Think About U" (2018) (featuring Joji)
  • "Special Girl" (2018) (featuring SK and Tomggg)
  • "Machine Manners" (2019)
  • "Tiny Tea Room" (2019) (with Wednesday Campanella)

受賞[編集]

  • 2014年 - 第43回ジュノー賞エレクトロニック・アルバム(『Guilt Trips』)[12]

脚注[編集]

  1. ^ a b Hemsworth, Ryan (2016年4月23日). “today's homesick-in-hong-kong-on-my-birthday-eating-french-fries-in-bed playlist”. Twitter. 2016年8月1日閲覧。
  2. ^ a b Ryan Hemsworth”. Tower Records. 2015年9月20日閲覧。
  3. ^ a b Weinstein, Max (2013年7月31日). “10 Best Ryan Hemsworth Remixes”. Vibe. 2015年1月16日閲覧。
  4. ^ Zeichner, Naomi (2012年12月17日). “The Things I Carry: Ryan Hemsworth”. The Fader. 2013年3月3日閲覧。
  5. ^ Goldstein, Steven (2014年6月12日). “Ryan Hemsworth and Tinashe Get Lonely on "One For Me"”. The Fader. 2017年4月9日閲覧。
  6. ^ Golden, Zara (2014年9月19日). “Tory Lanez Enlists Ryan Hemsworth and Evokes Drake on "Mama Told Me"”. The Fader. 2017年4月9日閲覧。
  7. ^ Greene, Jayson (2013年1月8日). “Rising: Ryan Hemsworth”. Pitchfork. 2013年2月11日閲覧。
  8. ^ Tuffrey, Laurie (2014年5月30日). “Field Day 2014: A Quietus Preview Of The Best New Acts”. The Quietus. 2017年4月14日閲覧。
  9. ^ Raymer, Miles (2013年10月24日). “Ryan Hemsworth: Guilt Trips”. Pitchfork. 2014年4月9日閲覧。
  10. ^ Plaugic, Lizzie (2014年11月6日). “Ryan Hemsworth - Alone For The First Time”. CMJ. 2014年11月14日閲覧。
  11. ^ Khal (2015年10月5日). “Ryan Hemsworth Talks 'Taking Flight,' Secret Songs, and Getting Back to His Indie Roots”. Complex. 2017年4月14日閲覧。
  12. ^ Bliss, Karen (2014年3月30日). “Juno Awards 2014: Serena Ryder, Arcade Fire, Drake, Tegan and Sara Win Early Awards”. Billboard. 2015年1月16日閲覧。

外部リンク[編集]