ジョニー大倉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョニー大倉
出生名 朴 雲煥
別名 大倉 洋一
生誕 (1952-09-03) 1952年9月3日
出身地 日本の旗 日本 神奈川県
死没 (2014-11-19) 2014年11月19日(62歳没)
学歴 川崎市立川崎高等学校
ジャンル ロック
担当楽器 ギター
活動期間 1971年 - 2014年
共同作業者 矢沢永吉
公式サイト ジョニー大倉公式サイト
ジョニー おおくら
ジョニー 大倉
本名 大倉 洋一
別名義 朴 雲煥(出生名)
生年月日 (1952-09-03) 1952年9月3日
没年月日 (2014-11-19) 2014年11月19日(62歳没)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県川崎市
死没地 日本の旗 日本 東京都渋谷区
職業 歌手俳優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1975年 - 2007年
配偶者 マリー大倉
主な作品
映画
『遠雷』

ジョニー 大倉(ジョニー おおくら、1952年9月3日 - 2014年11月19日)は、ミュージシャン俳優。本名:大倉 洋一、韓国名:朴 雲煥(박운환 / パク・ウナン)[1]神奈川県川崎市出身。在日韓国人2世[1]血液型AB型。左利きであるが、ギター演奏は右へ矯正していた。身長172cm、体重67kg(1982年)[2]

来歴・人物[編集]

1971年矢沢永吉らとキャロルを結成し、当初は内田裕也へプロデュースの依頼を検討したものの、結局はミッキー・カーチスのプロデュースでデビュー。キャロルでは、ギターと作詞を担当。矢沢永吉と共に曲作りのコンビを組んで、1973年には「ファンキー・モンキー・ベイビー」などの大ヒット曲を生み出した。はっぴいえんど等が日本語をロックの音楽にのせるために奮闘していた時代に、堂々と日本語と英語をミックスした曲を作詞した草創期の人物である。1975年にキャロルによる共著『暴力青春』で在日韓国人二世であることをカミングアウト

同年にキャロルを解散した後は、ソロでの音楽活動を始めるとともに俳優業にも手を広げる。1975年に本名の朴雲煥で、在日韓国人をテーマにした『異邦人の河』に主演[1]1981年に映画『遠雷』で日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞するなど一定の評価を受けた。1980年代からは個性派の俳優としてヤクザ映画オリジナルビデオ作品などに出演している。

キャロル在籍中の1973年には1か月失踪。同年から、山本寛斎へのショー出演の演出のために極真空手をキャロルのメンバー全員で習い始め[3]、その後も精神の安定を図るべく空手のトレーニングを行うようになる。日本で広く一般的に筋トレが定着し始めたのは、1976年創刊の雑誌『POPEYE』が、特集を何度も組んだことが大きいと思われるが、その『POPEYE』誌上でも鍛え上げられた肉体をたびたび披露。あまり認知されていないが、肉体派タレントの先駆者の一人でもある。

1987年10月、富山市のホテルで7階のベランダの手すりで懸垂中転落し、全治6か月の重傷を負った[4]。泥酔や薬物乱用が疑われたが、後日受けた取材でこれらの原因を否定し、「ベッドの上に立って窓を勢いよく開けたら、すべってそのまま落ちただけ」と語っている[5]。2001年に放送が始まったTBS系列の番組『サンデージャポン』にレポーターとして出演した時には、「不死身のロックンロールジャーナリスト」と自称した。また2004年には窪塚洋介の転落事故に触れ、「彼も僕も(自殺)未遂じゃない。自分もキャロル時代は何かを埋める為に奇行に走っていた」と理解を示した。「あかひげ薬局」の男性イメージキャラクターも務めていた。

1989年 - 1991年内海利勝高橋ジョージ田中清人らとTHE PLEASEを結成。なお、1988年にはPli:z(プリーズ)という同名のバンドがメジャーデビューしている(1992年解散)。

2004年には自叙伝『キャロル夜明け前』を出版し、矢沢永吉との葛藤が話題を呼んだ。この時のレポーターのインタビューで「矢沢永吉の……栄光の全ては認めます……。ただし……キャロルに関しては、いちもつ言いたい事がございます」と話を切り出しジョニーなりの美学を見せた。

2008年12月、公式HPの休止を発表。サイト上には「この日本がこの世界が益々エゴのぶつかり合いを疑わないでやっている」「ボクはまったく、ちぐはぐな今の地球に少々疲れました」「ボクは少しの間、地球を離れます」などと記した。

2009年7月、同年3月に悪性リンパ腫の治療を行ったことを公表。

2010年8月10日、公式サイトを再開。

趣味は焼肉のタレの仕込み。「世界で一番うまい」と自負する。趣味が高じて、2006年には新宿池袋の焼肉店「キャロル」をプロデュースした(2店舗ともに2009年ごろ閉店)。

2013年6月に肺癌と診断されて余命2週間を宣告された後、抗癌剤治療を経て2014年3月に退院。同年8月に再発し、再入院して治療を続けていたが、2014年11月19日東京都渋谷区広尾日本赤十字社医療センター肺炎により死去[6][7]。62歳没。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

レコード[編集]

  • 「いつになったら / 修理工ブルース」(日本フォノグラム/フィリップス, FS-1836, 1975年8月5日)※映画『異邦人の河』のテーマ
  • 「ハイティーン・ガール / 愛なき街角」(日本フォノグラム/フィリップス, FS-1865, 1976年3月25日)
  • 「ハイウェイ・サタデイ・ナイト / 川崎リターン・ブルース」(日本フォノグラム/フィリップス, FS-2023, 1976年11月5日)
  • ジョニー&ダーリン「恋のまちぼうけ / ダイナマイトに火がついた」(日本フォノグラム/フィリップス, FS-2047, 1977年3月25日)
  • ジョニー&ダーリン「恋する気持 / 涙やさしく」(日本フォノグラム/フィリップス, FS-2055, 1977年6月25日)
  • 「夕陽に走れ / どうせなら派手に行け」(ビクター/Victor, SV-6555, 1979年3月5日) ※映画『総長の首』主題歌
  • ジョニー大倉&バケーション・クラブ「赤道直下 / Made In Love」(ビクター/Victor, SV-6614, 1979年7月25日)
  • ジョニー大倉&バケーション・クラブ「熱い太陽 / ロンリー・ロード」(ビクター/Victor, SV-6650, 1979年10月25日)
  • ジョニー大倉&バケーション・クラブ「愛をこめて(Why Don't You)/ Black Jack Game」 (ビクター/Victor, SV-6712, 1980年5月21日)
  • 「その気になるなは無理だろう / ホットな夢にしてくれ」(ビクター/Victor, SV-7110, 1981年3月25日)
  • ジョニー大倉&奥慶一「THE GOOD BAD GIRL / THE GOOD BAD GIRL II」 (ビクター/Victor, SV-7295, 1983年7月25日)
  • ジョニー大倉&ベイ・ジャンク外人部隊「JUNK CITY / チャイナ・タウン物語ラブストーリー」』(徳間音工/CLIMAX, CMA-2042, 1983年9月25日)
  • ジョニー大倉&ベイ・ジャンク外人部隊「SHOW TIME / HERE I COME」(徳間音工/CLIMAX, CMA-2049, 1983年12月5日)
  • 「今宵はパラダイス / DEAR MY FRIEND」(テイチク/BAIDIS, 07BA-2, 1987年12月5日) ※山一證券 中期国債ファンドCFイメージソング

CD 8cmシングル[編集]

  • THE PLEASE「BOADERLESS / PEACE VOICE」(徳間ジャパン/meldac, MEDR-8003, 1989年9月5日)
  • THE PLEASE「そよ風の予感 / ジレンマ / 季節はずれのハリケーン」(徳間ジャパン/meldac, MEDR-10005, 1991年6月5日) ※メナードフェアルーセントCFソング

CD マキシシングル[編集]

  • 「My Name Is Rock A Billian」(NEXT STAGE JAPAN, NSJ-an0302, 2003年2月28日)
  • 「4.13 KAWASAKI RETURN BLUES」(THE★GALAXY RECORDS MK2, GRCS-0501, 2005年4月13日)
  • 「悲しみのキャンドル / BABY BLUE / BABY BLUE (acoustic version)」(Webkoo, WKCL-7011, 2007年10月24日)
  • 「東北ピープル」 (NEXT STAGE JAPAN, NSJ-J001, 2011年8月11日) ※4カ国語(日本語/英語/韓国語/中国語)バージョン収録

アルバム[編集]

  • 『JOHNNY COOL』(日本フォノグラム/フィリップス, FX-6050, 1976年3月25日)
  • 『JOHNNY WILD』(日本フォノグラム/フィリップス, FX-6060, 1976年11月5日)
  • ジョニー&ダーリン『トラブル・メーカー』(日本フォノグラム/フィリップス, S-7008, 1977年4月25日)
  • ジョニー&ダーリン『ポップン・ロール・コレクション』(日本フォノグラム/フィリップス, S-7017, 1977年6月25日)
  • ジョニー&ダーリン『ロックン・ロール・ドキュメント'77』(日本フォノグラム/フィリップス, S-5006 - 7, 1977年11月5日) ※ライブ盤
  • 『GOING MY WAY』(ビクター/Victor, SJX-20110, 1978年2月25日)
  • ジョニー大倉&バケーション・クラブ『MARINE BLUE EXPRESS』(ビクター/Victor, SJX-20154, 1979年9月5日)
  • 『BLACK JACK GAME』(ビクター/Victor, SJX-20190, 1980年4月21日)
  • 『DJが眠った後で』(ビクター/Victor, SJX-30068, 1981年5月21日)
  • ジョニー大倉&ベイ・ジャンク外人部隊『チャイナ・タウンから来た男 A MAN FROM CHINA TOWN』(徳間音工/CLIMAX, CMC-1008, 1983年4月25日)
  • 『I・ME・目眩』(テイチク/BAIDIS, LP:28BA-3, CD:30CH-270, 1987年12月5日)
  • THE PLEASE『THE PLEASE』 (徳間ジャパン/meldac, 15MD-1, 1989年10月21日)*ミニ・アルバム
  • THE PLEASE『リーゼント夜明け前』 (徳間ジャパン/meldac, MECR-28001, 1990年1月21日)
  • THE PLEASE『CHOICE』 (徳間ジャパン/meldac, MECR-28006, 1990年9月5日)
  • THE PLEASE『NEUTRAL』(徳間ジャパン/ meldac, MECR-30013, 1991年3月13日)
  • 『HEY MAMA ROCK & ROLL』 (Webkoo, WKCL-3028, 2006年12月13日)*セルフ・カヴァー
  • 『JOHNNY IN BLUE』 (Webkoo, WKCL-3030, 2007年1月24日)* CD+DVD
  • 『抱いて抱いて抱いて!』(Bellwood, BZCS-1076, 2010年9月15日)
  • 『Darling, Hold Me Tight! 〜抱いて抱いて抱いて! Special Edition』(ヴィヴィド・サウンド, VSCD-3133/4, 2014年9月10日)*2010年のアルバムに、2010年4月13日銀座TACTでのライヴ盤を加えた2枚組
  • 『REMEMBER CAROL BY JOHNNY』 (ヴィヴィド・サウンド, VSCD-3391, 2013年1月16日)*セルフ・カヴァー

ベストアルバム[編集]

  • Johnny Okura『気になる男 〜ジョニー・ベスト』 (日本フォノグラム/フィリップス, 16Y-16, 1978年8月25日)
  • 『Johnny Mild』 (ビクター/Victor, SJX-30033, 1980年11月21日)
  • THE PLEASE『THE PLEASE 1989〜1991』 (徳間ジャパン/meldac, MECR-25039, 1993年8月21日)
  • 『JOHNNY ROCK'N'ROLL』 (KADOKAWA/メディアファクトリー, 2014年12月24日) ※ジョニー大倉ソロデビュー40周年記念スペシャルBOXセット

DVD[編集]

  • Johnny in Blue ジョニー大倉 LIVE IN 京大 西部講堂 2006』(Webkoo, WKBL-1004, 2007年2月21日)

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

吹き替え[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

  • [MPG]「ドリンクていれ」

脚注[編集]

外部リンク[編集]