オリジナル・サウンドトラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オリジナル・サウンドトラック
10ccスタジオ・アルバム
リリース
録音 ストックポート、ストロベリー・スタジオ
ジャンル ロック
時間
レーベル マーキュリー・レコード
プロデュース 10cc
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 4位(全英)
  • 15位(全米)
10cc 年表
シート・ミュージック
(1974年)
オリジナル・サウンドトラック
(1975年)
びっくり電話
(1976年)
テンプレートを表示

オリジナル・サウンドトラック』(The Original Soundtrack)は、1975年に発表された10ccアルバム。「アイム・ノット・イン・ラヴ」を収録した彼らの代表作。

ロック・オペラ「パリの一夜」で始まる一種のコンセプト・アルバム。「架空の映画のサウンドトラック」という10ccらしい風変わりな設定で制作された。シングル・カットされた「アイム・ノット・イン・ラヴ」は全英1位・全米2位を獲得する大ヒットとなった。

収録曲[編集]

Side 1
  1. パリの一夜 - Une Nuit a Paris'
    1. パリのある夜 - Part 1 : One Night in Paris
    2. 同じその夜のパリ - Part 2 : The Same Night in Paris
    3. 夜がふけて - Part 3 : Later The Same Night in Paris
  2. アイム・ノット・イン・ラヴ - I'm Not in Love
  3. ゆすり - Blackmail
Side 2
  1. 2度目の最後の晩さん - The Second Sitting For The Last Supper
  2. ブランド・ニュー・デイ - Brand New Day
  3. フライング・ジャンク - Flying Junk
  4. 人生は野菜スープ - Life Is a Minestrone
  5. 我が愛のフィルム - The Film of My Love

脚注[編集]

[ヘルプ]