アイム・ノット・イン・ラヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アイム・ノット・イン・ラヴ
10ccシングル
初出アルバム『オリジナル・サウンドトラック
B面 「Good News」
「我が愛のフィルム」(日本版シングル)
「二度目の最後の晩餐」(フランス版シングル)
リリース
規格 7インチ シングル
録音 1974年 - 1975年
ジャンル ソフトロック[1]
時間
レーベル マーキュリー・レコード
作詞・作曲
チャート最高順位
10cc シングル 年表
「人生は野菜スープ」
(1975年)
アイム・ノット・イン・ラヴ
(1975年)
「芸術こそ我が命」
(1975年)
テンプレートを表示

アイム・ノット・イン・ラヴ」(: I'm Not in Love)は、イギリスのバンド10ccの楽曲。メンバーのエリック・スチュワートグレアム・グールドマンの作品で、発表された1975年以来多くのアーティストにカヴァーされ続けている、1970年代を代表する名曲の一つである[2]

1975年にリリースされた、全英チャート4位[3]、全米チャート15位.[4]を記録したアルバム『オリジナル・サウンドトラック』の2曲目に収録されており、ショートカット・ヴァージョンとしてシングル・リリースされた(イギリス版のシングルはフル・ヴァージョン)。日本版の『オリジナル・サウンドトラック』ではシングル・リリース版の「アイム・ノット・イン・ラヴ」も、ボーナストラックに収録されている。イギリスでは全英シングルチャートで1975年6月22日から2週にわたって1位[5]、アメリカでは1975年5月17日に「ビルボード」のシングルチャート84位で初登場し、1975年7月9日から3週にわたって2位を記録した[4]。また、1975年のイギリスのアイヴァー・ノヴェロ賞の最優秀楽曲賞を受賞している[6]。日本では出光のエンジンオイル「アポロイル・ベスト」、日産の「スカイライン」、味の素のクノールPota 濃厚ポタージュなどのCMソングに使用されたことでも知られている[7][8]

オリジナル[編集]

1974年に撮影された10cc。左上から時計回りに、エリック・スチュワート、ケヴィン・ゴドレイ、グレアム・グールドマン、ロル・クレーム。

「アイム・ノット・イン・ラヴ」はエリック・スチュワートが中心となり、グレアム・グールドマンの協力で書き上げた曲である。壮大なバックコーラス(「マルチトラック・ヴォイス」)などの革新的な構成要素で知られている。もともとはボサノヴァ風の曲調だったが、メンバーのケヴィン・ゴドレイがスローテンポな曲にすることを提案し、さらにロル・クレームが重厚なコーラスを採用することを思いついた[9]

エリック・スチュワートはBBCのインタビューで、当初はボサノヴァ風だった「アイム・ノット・イン・ラヴ」を、ケヴィン・ゴドレイとロル・クレームが「つまらん」と一蹴した。そして『オリジナル・サウンドトラック』の収録曲「パリの一夜」のレコーディングを続けていたところ、スタッフが「アイム・ノット・イン・ラヴ」を口ずさんでいることに気付いたとしている。さらにスチュワートは「俺はグレアム(グールドマン)の方を見て、あの曲がウケてるぜって言ったんだ。何だかよく分からなかったけど、もう一回やってみてもいいんじゃないかと思った。そしたらさっきまでこき下ろしてたケヴィン(ゴドレイ)が思いついたんだ。「もっと違うやり方はどうだろう。曲全編を声で埋め尽くしてみないか」ってね」と語っている[10]

「アイム・ノット・イン・ラヴ」の極めて優美なサウンドは、エンジニアを務めたスチュワート以外の10㏄のメンバー3人のユニゾンを多重録音することによって創られている。ユニゾンが多重録音されたテープは半音ずつずらしたコード13音が16トラック分オーバー・ダビングされた。それを3人分重ね、艶やかな624人分[11]のコーラスを収録したテープが用意された[12][2]。多重録音されたテープは、主コードを含む複数のループパーツに分けられて曲に使用されている。ループパーツはミキシング・コンソールによって、キーボードの音色に似たフェーダー処理が施されている。また、曲中の「Be quiet, Big boys don't cry...」というナレーションは、「アイム・ノット・イン・ラヴ」がレコーディングされたストロベリー・スタジオの受付係キャシー・レッドファーンが担当した[13]。1980年代イギリスのロックバンドのボーイズ・ドント・クライ (Boys Don't Cry) は、このささやくようなナレーションから名付けられたとも言われている[14]サンプラーが導入されるまで、10㏄はこのような多重録音されたループパーツを使用した大規模なポリフォニーで、メロトロンやビロトロン (en:Birotron) などの音声再生機器装置で得られるようなコーラスを録音していた。同様の手法で制作された楽曲に、ビリー・ジョエルの「素顔のままで」(1977年)がある。 1975年5月にシングル・リリースされた「アイム・ノット・イン・ラヴ」は、全英シングルチャートで1973年の「ラバー・ブレッツ」に続く、10㏄では2曲目の1位を獲得した[5]。アメリカの「ビルボード」の全米シングルチャートでは3週間にわたる2位が最高位で[4]、このときそれぞれの週で1位だったのは、ヴァン・マッコイ&ソウル・シティ・シンフォニーの「ザ・ハッスル」、イーグルスの「呪われた夜」、ビー・ジーズの「ジャイヴ・トーキン」だった。なお、イギリスでシングル・リリースされた「アイム・ノット・イン・ラヴ」はアルバムに収録された6分10秒のフルバージョンで、アメリカでは3分42秒にカットされたバージョンがシングル・リリースされている。

「アイム・ノット・イン・ラヴ」の成功が10㏄の評価を世界的に高めることとなった。スチュワートは、当時所属していたジョナサン・キング率いるUKレコード (en:UK Records) から、大手のフォノグラム・レコード (en:Phonogram Records) へ移籍しないかと誘われており、新たな契約書にサインしようとしていたところだったとしている。「アイム・ノット・イン・ラヴ」完成直後に「彼ら(フォノグラム・レコードの担当者)に電話したんだ。こっちに来て俺たちが何を成し遂げたかを耳にしてくれ、ここでこの曲を聴いてみてくれって。連中がやって来て(曲を聴かせたら)、えらく興奮した。「これは名曲だ。いくらだ、いくら欲しい?契約条件は何だ?何でもするぞ」とね。この曲のお蔭で、俺たちは5枚のアルバムを出す5年契約と結構な大金を手に入れたんだ」

1979年、エリックはフランス映画『ガールズ/恋の初体験』のサウンドトラックを製作し、テーマ曲として「アイム・ノット・イン・ラヴ」のボーカルのみを新たにエリックが歌い直したものを提供した。

1995年にリリースされたアルバム『ミラー・ミラー (en:Mirror Mirror (10cc album)』には、「アイム・ノット・イン・ラヴ」のアコースティック・ヴァージョン (Acoustic Session '95) が収録されており、シングル・リリースされた。また、日本版の『ミラー・ミラー』にはリミックス・ヴァージョン (Rework of Art Mix) も収録されている[15]

カヴァー[編集]

ウィル・トゥ・パワー[編集]

I'm Not in Love
ウィル・トゥ・パワーシングル
リリース
規格 12インチ シングルCD
録音 1989年
時間
テンプレートを表示

アメリカのバンドであるウィル・トゥ・パワー (en:Will To Power) が、1990年にアルバム『ジャーニー・ホーム』で「アイム・ノット・イン・ラヴ」をカヴァーし、最初のシングルとしてリリースした。アメリカとカナダのシングル・チャートで、7位になっている。

チャート (1990年 - 1991年) 最高位
オーストラリア ARIA Charts[16] 38位
カナダ RPM Top Singles[17] 7位
カナダ RPM Adult Contemporary[18] 3位
ドイツ Germany Singles Top 100[19] 48位
アイルランド IRMA[20] 27位
ニュージーランド RIANZ[21] 15位
ノルウェイ VG-lista[22] 8位
イギリス UK Singles Chart[23] 29位
アメリカ Billboard Hot 100[24] 7位
アメリカ Adult Contemporary[24] 4位

オリーヴ[編集]

I'm Not in Love
オリーヴシングル
初出アルバム『Trickle
リリース
規格 12インチ シングルCD
録音 1999年
ジャンル トリップ・ホップ
時間
レーベル Maverick
テンプレートを表示

イギリスのトリップ・ホップバンドのオリーヴ (Olive) の2枚目のアルバム『en:Trickle』に「アイム・ノット・イン・ラヴ」のカヴァーが収録されている。ドラムンベースを多用するアレンジで、女性ヴォーカルのルース=アン・ボイル (en:Ruth-Ann Boyle) がアップビートのエレクトロニック・ダンス・ミュージックに仕上げている。

シングルリリース版では、さらにダンス・ミュージックを強調するアレンジがなされた。全米の多くのナイトクラブでプレイされ、2000年7月1日の「ビルボード」のダンス・ミュージックチャートで1位を獲得し[25]、ラジオのダンス・ミュージックチャート (en:Dance/Mix Show Airplay) でも1位を記録している[26]

その他のカヴァー[編集]

1970年代

ポール・モーリア・グランド・オーケストラ(1975年)、カラベリ(1975年)、トップ・オブ・ザ・ポッパーズ (en:Top of the Pops (record series))(1975年)、ダナ・ローズマリー・スカロン (en:Dana Rosemary Scallon)(1976年)、スタンリー・タレンタイン(1976年)、リッチー・ヘブンス(1976年)、ディー・ディー・シャープ (Dee Dee Sharp)(1976年)、ペトゥラ・クラーク(1978年)。

1980年代

ブラザーフッド・オブ・マン (Brotherhood of Man)(1980年)、ポール・ニコラス (Paul Nicholas)(1986年)、ジョニー・ローガン(1987年)、リチャード・クレイダーマン(1988年)。

1990年代

プリテンダーズ(1993年)、ジョン・オバニオン (John O'Banion)(1995年)、レッド・レッド・ミート (en:Red Red Meat)(1995年)、アウトレイジャス・チェリー (en:Outrageous Cherry)(1996年)、デニ・ハインズ (en:Deni Hines)(1998年)、BBバンド(1999年)、ファン・ラヴィン・クリミナルズ (en:Fun Lovin' Criminals)(1999年)。

2000年代以降

クリス・スタンリング (en:Chris Standring)(2000年)、Geb.el(2000年)、グランダディ (en:Grandaddy)(2000年)、吉澤はじめ(2001年)、トーリ・エイモス(2001年)、ダニー・オズモンド(2002年)、リック・スプリングフィールド(2005年)、ウルトラビート (en:Ultrabeat)(2006年)、ラズロー・ベイン (en:Lazlo Bane)(2007年)、クィーン・ラティファ(2007年)、テックス・パーキンス (en:Tex Perkins)(2008年)、スーザン・ウォン(2009年)、ボビー・キンボール(2010年)、ジョー・ブラウン (en:Joe Brown (singer))(2012年)、ネクター (en:Nektar) & リック・ウェイクマン(2012年)、ダイアナ・クラール(2014年)、ジュリア・フォーダム(2014年)[27]

脚注[編集]

  1. ^ Pelly, Jenn (2013年8月16日). “Watch: Twin Shadow Covers 10cc's "I'm Not In Love"”. Pitchfork Media. 2015年5月25日閲覧。
  2. ^ a b 10cc I'm Not in Love”. ALLMusic. 2015年7月10日閲覧。
  3. ^ Official Albums Chart Top 60, 13 July 1975 - 19 July 1975”. The Official UK Charts Company. 2015年7月10日閲覧。
  4. ^ a b c 10cc Awards”. AllMusic. 2015年7月10日閲覧。
  5. ^ a b Official Singles Chart Top 50, 22 June 1975 - 28 June 1975”. The Official UK Charts Company. 2015年7月10日閲覧。
  6. ^ Lister, David, Pop ballads bite back in lyrical fashion, The Independent (London), 28 May 1994
  7. ^ Q スカイライン CM情報”. 日産. 2015年7月10日閲覧。
  8. ^ アイム・ノット・イン・ラブ”. レコチョク. 2015年7月10日閲覧。
  9. ^ Liam Newton『The Worst Band In The World』page=103
  10. ^ I Write The Songs”. The10ccfanclub.com. 2014年3月27日閲覧。
  11. ^ BS-TBS『Song To Soul~I'm Not In Love~』
  12. ^ Strawberry Studios. Retrieved at the Internet Archive, 19 January 2008.
  13. ^ CLASSIC TRACKS: 10cc 'I'm Not In Love'”. Sound On Sound. 2015年7月10日閲覧。
  14. ^ Boys Don`t Cry Hit Trail, Counter `Cowboy` Image”. ChicagoTribune. 2015年7月10日閲覧。
  15. ^ ミラー・ミラー 10cc”. Amazon.co.jp. 2015年7月10日閲覧。
  16. ^ Steffen Hung. “Will To Power – I'm Not in Love”. australian-charts.com. 2014年3月27日閲覧。
  17. ^ Item Display – RPM – Library and Archives Canada”. Collectionscanada.gc.ca. 2014年3月27日閲覧。
  18. ^ Item Display – RPM – Library and Archives Canada”. Collectionscanada.gc.ca. 2014年3月27日閲覧。
  19. ^ charts.de”. charts.de. 2014年3月27日閲覧。
  20. ^ Jaclyn Ward – Fireball Media Group. “The Irish Charts – All there is to know”. Irishcharts.ie. 2014年3月27日閲覧。
  21. ^ Steffen Hung. “Will To Power – I'm Not in Love”. charts.org.nz. 2014年3月27日閲覧。
  22. ^ Steffen Hung. “Will To Power – I'm Not in Love”. norwegiancharts.com. 2014年3月27日閲覧。
  23. ^ Official Singles Chart Top 40 , 20 January 1991 - 26 January 1991”. The Official UK Charts Company. 2015年7月10日閲覧。
  24. ^ a b Jose F. Promis. “Journey Home – Will to Power | Songs, Reviews, Credits, Awards”. AllMusic. 2014年3月27日閲覧。
  25. ^ Whitburn, Joel (2004). Hot Dance/Disco: 1974–2003. Record Research. p. 193. 
  26. ^ Ball, Joann D. “Olive, Trickle”. Consumable Online. 2006年8月29日閲覧。
  27. ^ I'm Not in Love by 10cc”. SecondHandSongs. 2015年7月10日閲覧。

外部リンク[編集]