ヴァン・マッコイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Van McCoy
出生名 Van Allen Clinton McCoy
生誕 (1940-01-06) 1940年1月6日
ワシントンD.C.
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
死没 (1979-07-06) 1979年7月6日(39歳没)
ニュージャージー州イングルウッド英語版
ジャンル ディスコR&B
職業 歌手作曲家
担当楽器 コーラス • ほか
活動期間 1952年 - 1979年
レーベル Columbia • Avcoレコード英語版 • H&Lレコード英語版

ヴァン・マッコイ(Van McCoy、本名Van Allen Clinton McCoy、1940年1月6日 - 1979年7月6日)は、アメリカ音楽プロデューサー作曲家。1975年にディスコ曲「ハッスル」が大ヒットした。バーバラ・ルイスの「ベイビー・アイム・ユアーズ」の作者としても知られる。

来歴・人物[編集]

ワシントンD.C.生まれ。幼い頃から聖歌隊で歌い、1950年代ドゥーワップのいくつかのグループに参加し、レコードを吹き込む。心理学を学ぶためハワード大学に入学したが2年で中退し、作曲家、A&Rとして活動するようになり、1960年代グラディス・ナイト&ピップスなどに曲を提供した。また、ブレンダ&タビュレーションズにも楽曲を提供している。

1970年代にもプレジデンツ、フェイス・ホープ&チャリティー、ニュー・センセーションなど、プロデューサーとして活動を続ける一方、ソウル・シティ・シンフォニーを結成した[1]。彼は自身の名義で1975年インストゥルメンタルアルバム『ディスコ・ベイビー』を発表した。ここからシングルカットされた「ハッスル」が全米1位、世界でレコード売上総計約1000万枚の大ヒットを記録し、グラミー賞の最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞を受賞。西のバリー・ホワイト[2]に対して、東のヴァン・マッコイとも位置づけられた。彼は、アメリカをはじめ、西側世界を中心としたディスコ・ブームの一翼を担った。

この後もディスコのアルバムをリリースする一方、元テンプテーションズのデヴィッド・ラフィンの「ウォーク・アウェイ・フロム・ラブ」など、ソウル/R&Bのシンガー、グループのプロデュースも手がけた。

日本では、吹奏楽高校野球の応援曲「アフリカン・シンフォニー」(1974年)の作曲者としても知られた。

しかしマッコイは、1979年心臓発作を起こし、39歳で急逝してしまった。

制作作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Van McCoy Profile”. Everything2. 2022年5月30日閲覧。
  2. ^ 1974年にラブ・アンリミテッド・オーケストラ名義の「愛のテーマ」が大ヒットした

関連項目[編集]


外部リンク[編集]