ロル・クレーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロル・クレーム
Lol Creme
Lol Creme 1976.jpg
10ccでの演奏中(1976年
基本情報
出生名 Laurence Neil Creme
生誕 1947年9月19日
出身地 イングランドの旗 イングランド プレストウィッチ ランカシャー
ジャンル ロック (音楽)
職業 ミュージシャン、ミュージック・ビデオ監督
担当楽器 ボーカルギターベースキーボードヴァイオリン
活動期間 1970年 -
共同作業者 10ccホットレッグスゴドレイ&クレームアート・オブ・ノイズ、プロデューサーズ

ロル・クレーム(Lawrence Neil Creme、1947年9月19日 - )は、イギリス・プレストウィッチ生まれのミュージシャンミュージック・ビデオディレクター。元10cc、元ゴドレイ&クレームで再結成アート・オブ・ノイズのメンバー。2006年にはザ・プロデューサーズ(現・プロデューサーズ)に参加。

経歴・概要[編集]

1960年頃幼なじみのケヴィン・ゴドレイと共に"The Sabres"というビートバンドに参加、地元のユダヤ人集会所などで演奏活動を行う。1964年同郷のグレアム・グールドマンのバンド"The Whirlwinds"のレコードデビューに際し、B面曲として"Baby Not Like You"を提供する。1965年、ケヴィンがグレアムの新しいバンド"The Mockingbirds"に引き抜かれたことから、ロルは"The Sabres"を脱退、アートスクールに進学する。1966年に"The Mockingbirds"が解散しフリーになったケヴィンと再びコンビを組む。グレアムのマネージメントで二人は1967年"Yellow Bellow Room Boom"名義でシングルをリリース。その後グレアムが元マインドベンダーズのエリック・スチュワートとレコーディング・スタジオ"ストロベリースタジオ"の共同出資者となったことから、スタジオミュージシャンとして出入りを始め、やがてエリック、グレアム、ロル、ケヴィンの4人でバンド活動を開始する。

1969年ヤードバーズのマネージャー、ジョルジオ・ゴメルスキーの設立したレーベル "Marmalade"より、"Frabjoy & Runcible Spoon"名義でシングルをリリース。アルバムも企画されるがレーベルの資金繰り悪化に伴いキャンセルとなる。1970年にロル、エリック、ケヴィンの3人でレコーディングした「ネアンデルタール・マン」が"ホットレッグス"名義でリリース。全世界で200万枚以上を売り上げるヒットを記録するも以降不発に終わる。その後も4人は"Doctor Father""Fighter Squadron""Amazon Trust""The New Wave Band"などとバンド名を変えながらシングルを次々とリリースし次のヒットを狙っていく。その前後スタジオミュージシャンとして、ニール・セダカ、オハイオ・エキスプレス、ラマセスなど数多くのアーティストのレコーディングを行った。

1972年4人は、ジョナサン・キングのUKレコードから"10cc"名義でシングル「ドナ」をリリース。これが全英2位の大ヒットとなり以降バンドの活動は10cc名義が中心となっていく(74年以降は10ccに固定)。3枚目のシングル「ラバー・ブレッツ」で全英チャート1位を獲得、次々とヒットを飛ばす。1975年にマーキュリー・レコードに移籍、「アイム・ノット・イン・ラヴ」等を発表するも、1976年に音楽性の違いから(公式にはギターアタッチメント"ギズモ"の開発のため)10ccを脱退。以降ゴドレイ&クレームとしてレコードをリリースする。

1980年自分たちのシングル曲「ニューヨークのイギリス人」でミュージック・ビデオを監督。その後ポリスデュラン・デュラン他のアーティスト達のビデオを手がけ、高い評価を受ける。1985年のMTV Video Music Awardsでは"Video Vangard Award"を受賞した。またCM演出も手がけ始め、カンヌ国際広告祭では銀賞を受賞。1981年には画集"The Fun Starts Here - Outakes from A Rock Memoir"を出版するなどマルチアーティストとしての評価を固める。一方音楽活動では1985年のシングル「クライ」がプロモビデオの高評価も伴い彼らの代表曲となった。

1988年にコンビを解消。ロルは元バグルストレヴァー・ホーンの片腕としてロッド・スチュワートティナ・ターナーら、数多くのアーティストのレコーディングに参加。1999年に再結成アート・オブ・ノイズに正式参加した。トレヴァー・ホーンとは2006年にザ・プロデューサーズというバンド(後に「プロデューサーズ」に変更)を結成、2007年にシングルを、2012年にアルバムを発表した。また1991年には、アンソニー・C・ウィンクラーの小説を原作とした劇場長編映画"The Lunatic"を監督している。

息子のレイロ・クレームの所属するバンド"アーカーナ (Arkarna)"がアルバムを2枚出している。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム(オリジナル/ライヴ)[編集]

ホットレッグス

  • シンクス~スクール・スティンクス - Thinks: School Stinks (1971)

10cc

  • 10cc - 10cc (1972)
  • シート・ミュージック - Sheet Music (1974)
  • オリジナル・サウンドトラック - The Original Soundtrack (1975)
  • びっくり電話:ハウ・デア・ユー - How Dare You ! (1976)
  • キング・ビスケット・ライヴ - In Concert (1995)

ゴドレイ&クレーム

  • ギズモ・ファンタジア - Consequences (1977)
  • L - L (1978)
  • ミュージック・フロム・ギズモ・ファンタジア - Music From Consequences (1979)
  • フリーズ・フレーム - Freeze Frame (1980)
  • イズミズム - Ismism (1981)
  • バーズ・オブ・プレイ - Birds Of Prey (1983)
  • ヒストリー・ミックス Vol.1 - The History Mix Volume 1 (1985)
  • グッドバイ・ブルー・スカイ - Goodbye Blue Sky (1988)

アート・オブ・ノイズ

  • ドビュッシーの誘惑 - The Seduction Of Claude Debussy (1999)
  • Reconstructed...for your listening pleasure (2003)

ザ・プロデューサーズ

  • Made in Basing Street (2012)

ビデオグラフィー[編集]

ゴドレイ&クレーム[編集]

1980年

  • Godley & Creme/An Englishman In New York (デレク・バーブリッジと共同監督)
  • Godley & Creme/Wide Boy

1981年

  • Visage/Fade To Grey
  • Visage/Mind Of Toy
  • Duran Duran/Girls On Film
  • Ringo Starr/The Cooler (短編映画)
  • Status Quo/Something 'Bout You Baby I Like
  • Toyah/I Want To Be Free

1982年

  • 10cc/Feel The Love
  • Asia/Heat Of The Moment
  • Asia/Only Time Will Tell
  • Godley & Creme/Wedding Bells
  • Graham Parker/Temporary Beauty
  • Joan Armatrading/The Weakness In Me
  • Joan Armatrading/When I Get It Right
  • Toyah/Thunder In The Mountains

1983年

  • Any Trouble/Touch And Go
  • Culture Club/Victims
  • David Sylvian & Ryuichi Sakamoto/Forbidden Colours
  • Elton John/Kiss The Bride
  • Godley & Creme/Save A Mountain For Me
  • Herbie Hancock/Rock It
  • Herbie Hancock/Autodrive
  • The Police/Every Breath You Take
  • The Police/Wrapped Around Your Finger
  • The Police/Synchronicity II
  • The Police/Synchronicity Concert (ライヴビデオ)
  • The Police/The Synchronicity Show - Montreal "Le Spectrum" (ライヴTV番組)
  • Yes/Leave It

1984年

  • Frankie Goes To Hollywood/Two Tribes
  • Frankie Goes To Hollywood/Power Of Love
  • Godley & Creme/Golden Boy
  • Paul Young/Everything Must Change (US Version)
  • Rebellious Jukebox (音楽とコメディーを融合させたTV番組)

1985年

  • Artists United Against Apartheid/Sun City (ジョナサン・デミ、ハート・ペリーと共同監督)
  • Duran Duran/View To A Kill
  • Eric Clapton/Forever Man
  • Go West/We Close Our Eyes
  • Godley & Creme/Cry
  • Godley & Creme/History Mix Vol.1
  • Graham Parker & The Shots/Wake Up (Next To You)
  • Howard Jones/Life In One Day (編集担当)
  • INXS/This Time (プロデューサー担当)
  • Rush/Mystic Rhythms (スタッフ参加)
  • Sting/If You Love Somebody Set Them Free
  • Thompson Twins/Don't Mess With Doctor Dream

1986年

1987年

  • George Harrison/When We Was Fab
  • Go West/I Want To Hear It From You
  • Godley & Creme/A Little Piece Of Heaven
  • Godley & Creme/10,000 Angels
  • Peter Gabriel/Biko

1988年

ソロ[編集]

1986年

  • Tim Simenon & Stacy Peralta/Attack (企画・編集担当)

1990年

  • Various Artists/Knebworth The Silver Clef Award Winners (ライヴビデオ)

1991年

  • The Lunatic (劇場長編映画)
  • Tina Turner/The Best

1994年

  • Limboland (コメディ番組)
  • Seal/Newborn Friend
  • Tom Jones/If I Only Knew

1996年

  • Sting/I'm So Happy I Can't Stop Crying

2002年

  • Art Of Noise/Into Vision (ライヴビデオ)

2007年

  • The Producers/Barking Up The Right Tree (レイロ・クレームと共同監督)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]