ケヴィン・ゴドレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ケヴィン・ゴドレイ
Kevin Godley
Kevin Godley.jpg
10ccでの演奏中(1976年
基本情報
出生名 Kevin Michael Godley
生誕 1945年10月7日
出身地 イングランドの旗 イングランドランカシャー、プレストウィッチ
ジャンル ロック (音楽)
職業 ミュージシャン、ミュージック・ビデオ監督
担当楽器 ボーカルドラムパーカッションキーボード
活動期間 1960年代後期 -
共同作業者 10ccホットレッグスゴドレイ&クレーム、GG/06

ケヴィン・マイケル・ゴドレイ(Kevin Michael Godley, 1945年10月7日 - )は、イギリス・プレストウィッチ生まれのミュージシャンプロモーションビデオディレクター。元10cc、元ゴドレイ&クレームのメンバー。

経歴・概要[編集]

1960年頃幼なじみのロル・クレームと共に"The Sabres"というビートバンドに参加、地元の同胞のユダヤ人集会所などで演奏活動を行う。1965年ケヴィンは同郷でおなじユダヤ系のグレアム・グールドマンのバンド"The Mockingbirds"に参加しレコードデビュー。しかし5枚のシングルを発表するもヒットを生み出せずにバンドは解散。解散後ケヴィンは再びロルとコンビを組む。グレアムのマネージメントで二人は1967年"Yellow Bellow Room Boom"名義でシングルをリリース。その後グレアムが元マインドベンダーズのエリック・スチュワートとレコーディング・スタジオ"ストロベリースタジオ"の共同出資者となったことから、スタジオミュージシャンとして出入りを始め、やがてエリック、グレアム、ロル、ケヴィンの4人でバンド活動を開始する。

1969年ヤードバーズのマネージャー、ジョルジオ・ゴメルスキーの設立したレーベル "Marmalade"より、"Frabjoy & Runcible Spoon"名義でシングルをリリース。アルバムも企画されるがレーベルの資金繰り悪化に伴いキャンセルとなる。1970年にはロル、エリック、ケヴィンの3人でレコーディングした「ネアンデルタール・マン」が"ホットレッグス"名義でリリース。全世界で200万枚以上を売り上げるヒットを記録するも以降不発に終わる。その後も4人は"Doctor Father""Fighter Squadron""Amazon Trust""The New Wave Band"などとバンド名を変えながらシングルを次々とリリースし次のヒットを狙っていく。その前後スタジオミュージシャンとして、ニール・セダカ、オハイオ・エクスプレス、ラマセスなど数多くのアーティストのレコーディングを行った。

1972年4人は、ジョナサン・キングのUKレコードから"10cc"名義でシングル「ドナ」をリリース。これが全英2位の大ヒットとなり以降バンドの活動は10cc名義が中心となっていく(74年以降は10ccに固定)。3枚目のシングル「ラバー・ブレッツ」で全英チャート1位を獲得、次々とヒットを飛ばす。1975年にマーキュリー・レコードに移籍、「アイム・ノット・イン・ラヴ」等を発表するも、1976年に音楽性の違いから(公式にはギターアタッチメント"ギズモ"の開発のため)10ccを脱退。以降ゴドレイ&クレームとしてレコードをリリースする。

1980年自分たちのシングル曲「ニューヨークのイギリス人」でミュージック・ビデオを初監督。その後ポリスデュラン・デュラン他のアーティスト達のビデオを手がけ、高い評価を受ける。ハービー・ハンコックの「ロック・イット」では1983年のMusic Week AwardsでBritish Music Promo Videosの"Top Director"を、1984年MTV Video Music Awardsで"Best Concept Video"を受賞。1985年のMTV Video Music Awardsでは"Video Vangard Award"を受賞した。またCM演出も手がけ始め、カンヌ国際広告祭では銀賞を受賞。1981年には画集"The Fun Starts Here - Outakes from A Rock Memoir"を出版するなどマルチアーティストとしての評価を固める。一方音楽活動では1985年のシングル「クライ」がプロモビデオの高評価も伴い彼らの代表曲となった。

1988年にコンビを解消。ケヴィンはその後もミュージック・ビデオの監督を続け、U2ポール・マッカートニーらの作品を手がけている。また反アパルトヘイトキャンペーンソング「サン・シティ」のビデオ制作をきっかけにチャリティー活動に目覚め、その後「ファッションエイド」「バンドエイドII」など様々なプロジェクトに参加するようになる。1990年には自らが企画した環境問題チャリティアルバム「ワン・ワールド・ワン・ヴォイス」を発表。50分強もある1曲を制作するために世界26ヶ所のスタジオで292名以上のミュージシャンが参加。この映像版は、1990年5月20日~26日に放送されたスペシャル・プログラム「ワン・ワールド・シンフォニー」の一環としてイギリスBBCを始め、NHKほか各国のTVで放送された。

2006年7月からグレアムと新ユニット"GG/06"を結成。一緒に作曲、レコーディングした新曲をダウンロード販売で発表している。2007年3月にはグレアムのライブにゲスト参加、10cc時代の曲を含む2曲でリードヴォーカルを担当した。

2008年にはエイドリアン・ディーヴォイと共同執筆したサスペンス・コメディー長編映画"Where The Treetops Glisten"がクランクイン直前まで進むも、制作中止に終わっている。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム(オリジナル/ライヴ)[編集]

ホットレッグス

  • シンクス~スクール・スティンクス - Thinks: School Stinks (1971)

10cc

  • 10cc - 10cc (1972)
  • シート・ミュージック - Sheet Music (1974)
  • オリジナル・サウンドトラックThe Original Soundtrack (1975)
  • びっくり電話:ハウ・デア・ユー - How Dare You ! (1976)
  • キング・ビスケット・ライヴ - In Concert (1995) ※1975年11月26日米国サンタモニカでのコンサートを収録

ゴドレイ&クレーム

  • ギズモ・ファンタジア - Consequences (1977)
  • L - L (1978)
  • ミュージック・フロム・ギズモ・ファンタジア - Music From Consequences (1979)
  • フリーズ・フレーム - Freeze Frame (1980)
  • イズミズム - Ismism (1981)
  • バーズ・オブ・プレイ - Birds Of Prey (1983)
  • ヒストリー・ミックス Vol.1 - The History Mix Volume 1 (1985)
  • グッドバイ・ブルー・スカイ - Goodbye Blue Sky (1988)

ビデオグラフィー[編集]

ゴドレイ&クレーム[編集]

1980年

  • Godley & Creme/An Englishman In New York (デレク・バービッジと共同監督)
  • Godley & Creme/Wide Boy

1981年

1982年

  • Asia/Heat Of The Moment
  • Asia/Only Time Will Tell
  • Godley & Creme/Wedding Bells
  • Graham Parker/Temporary Beauty
  • Joan Armatrading/The Weakness In Me
  • Joan Armatrading/When I Get It Right
  • Toyah/Thunder In The Mountains

1983年

1984年

  • Frankie Goes To Hollywood/Two Tribes
  • Frankie Goes To Hollywood/Power Of Love
  • Godley & Creme/Golden Boy
  • Paul Young/Everything Must Change (US Version)
  • Rebellious Jukebox (音楽とコメディーを融合させたTV番組)

1985年

  • Artists United Against Apartheid/Sun City (ジョナサン・デミ、ハート・ペリーと共同監督)
  • Duran Duran/View To A Kill
  • Eric Clapton/Forever Man
  • Go West/We Close Our Eyes
  • Godley & Creme/Cry
  • Godley & Creme/History Mix Vol.1
  • Graham Parker & The Shots/Wake Up (Next To You)
  • Howard Jones/Life In One Day (編集担当)
  • INXS/This Time (プロデューサー担当)
  • Rush/Mystic Rhythms (スタッフ参加)
  • Sting/If You Love Somebody Set Them Free
  • Thompson Twins/Don't Mess With Doctor Dream

1986年

  • Godley & Creme/Mondo Video
  • Huey Lewis & The News/Hip To Be Square
  • Jana Pope/Don't You Hear Me Screaming
  • Lou Reed/No Money Down
  • Patti Labelle/Oh People
  • Peter Gabriel & Kate Bush/Don't Give Up (Version 1)
  • Rob Jungklas/Boystown
  • The Police/Don't Stand So Close To Me '86
  • Ultravox/All Fall Down
  • Wang Chung/Everybody Have Fun Tonight

1987年

1988年

ソロ[編集]

1985年

1988年

  • Fine Young Cannibals/Don't Look Back
  • Mother Earth (環境保護団体の活動宣伝ビデオ)

1989年

  • Band Aid II/Do They Know It's Christmas?
  • Wet Wet Wet/Sweet Surrender

1990年

  • Erasure/Blue Savannah
  • Various Artists/One World One Voice

1991年

  • Bryan Adams/Can't Stop This Thing We Started
  • Bryan Adams/Thought I'd Died And Gone To Heaven
  • Bryan Adams/All I Want Is You
  • U2/Even Better Than The Real Thing (Version 1)

1992年

  • Garland Jeffreys/The Answer
  • Moodswings & Chrissie Hynde/Spiritual High (State Of Independence)
  • U2/Zoo TV Featuring U2 (ライヴ番組)

1993年

1994年

  • Blur/Girls And Boys
  • Bono & Gavin Friday/In The Name Of The Father
  • Dave Stewart/Heart Of Stone
  • East 17/Steam
  • Larry Adler and Kate Bush /The Man I Love
  • Paul McCartney/Paul Is Live In Concert On The New World Tour (ビデオ用再編集担当)

1995年

  • Deep Forest/Deep Forest (Version 1)
  • U2/Hold Me, Thrill Me, Kiss Me, Kill Me (Maurice Linnaneと共同監督)
  • Whale/I'll Do Ya

1996年

  • Adam Clayton & Larry Mullen/Theme From Mission:Impossible
  • Bryan Adams/Star
  • Gavin Friday/You Me And World War Three
  • Phil Collins/Dance Into The Light
  • The Beatles/Real Love
  • Tonic/Soldier's Daughter

1997年

  • Forest For The Trees/Dream
  • Garland Jeffreys/Sexuality
  • James/Tomorrow
  • Jean Michel Jarre/Oxygene Part 8 (Version 1)

1998年

  • Boyzone/When The Going Gets Tough
  • Boyzone/You Needed Me
  • Eric Clapton/My Father's Eyes
  • Helicopter Girl/Subliminal Punk
  • Kele le Roc/My Love
  • Phil Collins/You'll Be In My Heart
  • Sting/After The Rain Has Fallen
  • The Black Crowes/By Your Side
  • The Charlatans/Forever
  • U2/Sweetest Thing

1999年

  • Ronan Keating/When You Say Nothing At All
  • Various Artists/Here There And Everywhere - A Concert For Linda (ライヴ番組)
  • Wyclef Jean featuring Bono/New Day

2000年

2001年

  • Gabrielle/Out Of Reach
  • H.I.M./Pretending
  • Marti Pellow/Close To You
  • U2/Stuck In A Moment You Can't Get Out Of (Version 1)
  • Zucchero/Baila(sexy thing)
  • Zucchero/I'm In Trouble

2002年

  • Ronan Keating/If Tomorrow Never Comes
  • Ronan Keating & Lulu/We've Got Tonight
  • Scarface featuring Faith Evans/Someday
  • The Charlatans/A Man Needs To Be Told

2003年

  • The Rapture/Sister Saviour
  • Will Young/Leave Right Now

2004年

  • Bryan Adams/Flying
  • Haven/Wouldn’t Change A Thing
  • Kealer/Cry
  • Lisa Stansfield/Treat Me Like A Woman
  • Ronan Keating, featuring Yusuf/Father And Son
  • The Corrs/Summer Sunshine

2005年

  • Ben Adams/Sorry Kevin
  • Katie Melua/Nine Million Bicycles
  • Katie Melua/I Cried For You
  • Jamie Cullum/Mind Trick

2006年

  • Brothermandude/Automatic
  • Keane/Is It Any Wonder?
  • Mojo Fury/The Mann

2008年

  • Boyzone/Better
  • Snow Patrol/Crack The Shutters

関連項目[編集]

外部リンク[編集]