グレアム・グールドマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
グレアム・グールドマン
Graham Gouldman
Graham Gouldman 2010.jpg
グレアム・グールドマン(2010年
基本情報
出生名 Graham Keith Gouldman
生誕 1946年5月10日
出身地 イングランドの旗 イングランド ブロートン・サルフォード ランカシャー
ジャンル ロック (音楽)
職業 ミュージシャン
担当楽器 ボーカルベースギターキーボード
活動期間 1963年 -
共同作業者 10cc、マインドベンダーズ、Wax、ヤードバーズ、GG/06
公式サイト grahamgouldman.info
ベースを弾くグレアム・グールドマン

グレアム・キース・グールドマン(Graham Keith Gouldman、1946年5月10日 - )は、イギリスミュージシャン、ソングライター、ベーシスト。1960年代は「バス・ストップ」などの作曲家として、70年代から現在までロックバンド10ccの最も長く在籍しているメンバーとして知られる。

来歴[編集]

英国ランカシャーのブロートン出身。東欧から移民したユダヤ人一家に生まれる。1960年代には他のバンドに数々の楽曲を提供し、ヤードバーズの「フォー・ユア・ラヴ」、ホリーズの「バス・ストップ」(もともとはハーマンズ・ハーミッツのために用意していたと言われる)は特に有名である。ほかにハーマンズ・ハーミッツ、ウェイン・フォンタナ、ジェフ・ベック、セント・ルイス・ユニオンなどにも楽曲を提供している。日本では名前を「グラハム・グールドマン」と記述されることがあるが、英語圏ではグレアムが正しい発音である。

1972年に10ccを結成。グループでは主にベースを担当した。最大のヒット曲「アイム・ノット・イン・ラヴ」の共作者でもある。

2005年7月には『10cc - Graham Gouldman and friends』として来日公演した。

2006年7月にはケヴィン・ゴドレイと一緒に作曲、レコーディングした新曲4曲をダウンロード販売で発表している。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • ザ・グレアム・グールドマン・シング - The Graham Gouldman Thing(1968年)
  • アニマリンピックス - Animalympics(1980年)
  • アンド・アナザー・シング - And Another Thing(2000年)
  • ラブ・アンド・ワーク - Love and Work(2012年)

シングル[編集]

  • "Stop Stop Stop (or Honey, I'll Be Gone)" / "Better To Have Loved And Lost" (1966) – UK Decca F-12334; US (no issue)
  • "The Impossible Years" / "No Milk Today" (1968) – UK (no issue); US RCA Victor 47-9453
  • "Upstairs, Downstairs" / "Chestnut" (1968) – UK RCA 1667; US (no issue)
  • "Pamela, Pamela" / "For Your Love" (1968) – UK (no issue); US RCA Victor 47-9584
  • "Windmills of Your Mind" / "Harvey's Tune" (as The Graham Gouldman Orchestra) (1969) – UK Spark SRK-1026; US (no issue)
  • "Nowhere To Go" / "Growing Older" (1972) – UK CBS 7729; US (no issue)
  • "Sunburn" (1979) UK #52

関連項目[編集]

出典/脚注[編集]

外部リンク[編集]