明日なき暴走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
明日なき暴走
ブルース・スプリングスティーンスタジオ・アルバム
リリース
録音 ニューヨークレコード・プラント・スタジオ
ニューヨーク州ブロベルト、914サウンド・スタジオ(B1のみ)
ジャンル ロック
時間
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース ブルース・スプリングスティーン、マイク・アペル、ジョン・ランドー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 3位(アメリカ[1]
  • 7位(オランダ・1985年[2]、スウェーデン・2005年[3]
  • 13位(ノルウェー・2005年[4]
  • 17位(イギリス・1985年[5]
  • 28位(ニュージーランド・1985年[6]
  • 52位(日本[7]
  • ブルース・スプリングスティーン 年表
    青春の叫び
    (1973年)
    明日なき暴走
    (1975年)
    闇に吠える街
    (1978年)
    テンプレートを表示

    明日なき暴走』(原題:Born to Run)は、ブルース・スプリングスティーンが1975年に発表した3枚目のアルバム

    ローリング・ストーン』誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」(2012年版)において18位にランクインした[8]

    解説[編集]

    ボブ・ディランのような詩、フィル・スペクターのような音作り、デュアン・エディのようなギター、ロイ・オービソンのような歌唱」を目指して作られた[9]

    レコーディングは「明日なき暴走」のみニューヨーク州ブロベルトの914サウンド・スタジオで行われ、そのほかの曲はニューヨークレコード・プラント・スタジオで行われた。「ジャングルランド」の編曲はチャーリー・カレロが担当した[10]。ジャケットの写真はエリック・メオラ(Eric Meola)が撮影した。

    自身初の全米トップ10入り(ビルボード誌のアルバム・チャートで3位)を果たした。

    収録曲[編集]

    全曲ブルース・スプリングスティーン作詞・作曲。

    Side 1
    1. 涙のサンダーロード - Thunder Road (4:49)
    2. 凍てついた十番街 - Tenth Avenue Freeze-Out (3:11)
    3. 夜に叫ぶ - Night (3:01)
    4. 裏通り - Backstreets (6:31)
    Side 2
    1. 明日なき暴走 - Born to Run (4:30)
    2. 彼女でなけりゃ - She's the One (4:30)
    3. ミーティング・アクロス・ザ・リバー - Meeting Across the River (3:18)
    4. ジャングルランド - Jungleland (9:36)

    脚注[編集]