青春の叫び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青春の叫び
ブルース・スプリングスティーンスタジオ・アルバム
リリース
録音 ニューヨーク州ブロベルト 914サウンド・スタジオ[3]
ジャンル ロック
時間
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース マイク・アペル、ジム・クレテコス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1975年
    • 59位(アメリカ[4]
  • 1985年
    • 34位(スウェーデン[5]
  • ブルース・スプリングスティーン アルバム 年表
    アズベリー・パークからの挨拶
    (1973年)
    青春の叫び
    (1973年)
    明日なき暴走
    (1975年)
    テンプレートを表示

    青春の叫び』(原題:The Wild, the Innocent & the E Street Shuffle)は、アメリカ合衆国ロック・ミュージシャン、ブルース・スプリングスティーン1973年9月11日に発表した2作目のスタジオ・アルバム

    背景[編集]

    前作『アズベリー・パークからの挨拶』(1973年)と同様、後に「Eストリート・バンド」と呼ばれるバックアップ・バンドのメンバーが参加しているが、ドラマーのヴィニ・ロペスは本作リリース後の1974年2月に解雇される[6]。「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」は、スプリングスティーンが1972年にコロムビア・レコードのオーディションを受けた際に歌った曲「Vibes Man」から発展して作られた曲である[7]

    スプリングスティーン自身は2009年、本作の歌詞に関して「半分の曲はニュージャージー州と、俺達の街角の周りについての曲で、残りの半分はニューヨークに関する俺のロマンティックな幻想さ」とコメントしている[2]

    反響・評価[編集]

    リリース当時はヒットに結びつかなかったが、1975年にはアメリカの総合アルバム・チャートBillboard 200で59位に達した[4]。また、リリースから12年後の1985年には、スウェーデンのアルバム・チャートで34位を記録している[5]

    William Ruhlmannはオールミュージックにおいて満点の5点を付け「フォーク・ロック的アプローチであったデビュー・アルバム『アズベリー・パークからの挨拶』からわずか8か月後、ブルース・スプリングスティーンはこの野心的な次作において、様々なスタイルの中でも特にジャズ的な曲に行き着いた」と評している[8]。Greg Kotは1992年8月23日付の『シカゴ・トリビューン』紙において4点満点中3点を付け、アルバム後半の3曲を「ウエスト・サイド物語を思わせる、ゴージャスな遊歩道の組曲」と評している[9]。また、デイヴ・リフトンは「Ultimate Classic Rock」において「スプリングスティーンは、この7曲においてロック、ソウル、フォーク、ファンク、ジャズ(スウィングのリズムとガーシュウィン的なピアノの間奏を含む)、それに移動遊園地の音楽に触れている」と評している[2]

    ローリング・ストーン』誌が選出した「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」では133位にランク・インした[10]

    収録曲[編集]

    全曲ともブルース・スプリングスティーン作。

    Side 1
    1. Eストリート・シャッフル - The E Street Shuffle - 4:29
    2. 7月4日のアズベリー・パーク - 4th of July, Asbury Park (Sandy) - 5:36
    3. キティズ・バック - Kitty's Back - 7:08
    4. ワイルド・ビリーズ・サーカス・ストーリー - Wild Billy's Circus Story - 4:47
    Side 2
    1. 57番通りの出来事 - Incident on 57th Street - 7:44
    2. ロザリータ - Rosalita (Come Out Tonight) - 7:03
    3. ニューヨーク・シティ・セレナーデ - New York City Serenade - 9:58

    参加ミュージシャン[編集]

    アディショナル・ミュージシャン

    脚注・出典[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ The Wild, the Innocent, and the E Street Shuffle”. The Official Bruce Springsteen Website. 2017年1月7日閲覧。
    2. ^ a b c Lifton, Dave (2015年9月11日). “The Story of Bruce Springsteen's Eclectic Second Album, 'The Wild, the Innocent & the E Street Shuffle'”. Ultimate Classic Rock. Diffuser Network. 2017年1月7日閲覧。
    3. ^ CD英文ブックレット内クレジット
    4. ^ a b Bruce Springsteen - Awards”. AllMusic. 2016年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月7日閲覧。
    5. ^ a b swedishcharts.com - Bruce Springsteen - The Wild, The Innocent & The E Street Shuffle
    6. ^ Lifton, Dave. “E Street Band Lineup Changes: A Complete Guide”. Ultimate Classic Rock. Diffuser Network. 2017年1月7日閲覧。
    7. ^ New York City Serenade by Bruce Springsteen”. Songfacts. 2017年1月7日閲覧。
    8. ^ Ruhlmann, William. “The Wild, the Innocent & the E Street Shuffle”. AllMusic. 2017年1月7日閲覧。
    9. ^ Kot, Greg (1992年8月23日). “The Recorded History Of Springsteen”. Chicago Tribune. 2017年1月7日閲覧。
    10. ^ Bruce Springsteen, ' The Wild, the Innocent & the E Street Shuffle '”. Rolling Stone. 2017年1月7日閲覧。