ライヴ・イン・ジャパン (カーペンターズのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ライヴ・イン・ジャパン
カーペンターズライブ・アルバム
リリース
録音 1974年6月6日 - 6月8日 大阪フェスティバルホール
ジャンル ポップス
時間
レーベル キングレコード[1]
A&Mレコード
プロデュース リチャード・カーペンターカレン・カーペンター
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
カーペンターズ 年表
ナウ・アンド・ゼン
(1973年)
ライヴ・イン・ジャパン
(1975年)
緑の地平線〜ホライゾン
(1975年)
テンプレートを表示

ライヴ・イン・ジャパン』(Live in Japan)は、カーペンターズ1975年に発表したライヴ・アルバム。

解説[編集]

カーペンターズにとって初のライヴ・アルバム。日本限定企画で、オリジナルLPは2枚組だった。1974年の5月から6月にかけて行われた日本ツアーのうち、大阪での3日間公演の音源を使用している。この頃は、日本でカーペンターズの人気が頂点に達しており、東京公演のチケットを抽選制にしたところ、38万通以上の応募があったという[2]。初回盤には、リチャード・カーペンターカレン・カーペンター和服姿を撮影したピンナップが付いており、2009年にユニバーサルミュージックが発売した紙ジャケット仕様のSHM-CDでは、同ピンナップのミニチュアが封入された。

「オールディーズ・メドレー」と題されたメドレーでは、ピート・ヘンダーソンがボーカルでゲスト参加した。「シング」では、カレン・カーペンターと京都少年少女合唱団が日本語で歌っている。

収録曲[編集]

サイド1[編集]

  1. メドレー - Medley
    a) スーパースター - "Superstar" (Leon Russell, Bonnie Bramlett) - 2:58
    b) 雨の日と月曜日は - "Rainy Days and Mondays" (Paul Williams, Roger Nichols) - 1:53
    c) 愛にさよならを - "Goodbye to Love" (Richard Carpenter, John Bettis) - 3:29
  2. トップ・オブ・ザ・ワールド - "Top of the World" (R. Carpenter, J. Bettis) - 2:50
  3. ヘルプ - "Help" (John Lennon, Paul McCartney) - 4:32

サイド2[編集]

  1. ミスター・グーダー - "Mr. Guder" (R. Carpenter, J. Bettis) - 3:52
  2. 遙かなる影 - "(They Long to Be) Close to You" (Hal David, Burt Bacharach) - 4:07
  3. ジャンバラヤ - "Jambalaya (On the Bayou)" (Hank Williams) - 3:22
  4. イエスタデイ・ワンス・モア - "Yesterday Once More" (R. Carpenter, J. Bettis) - 1:38
  5. ハーティング・イーチ・アザー - "Hurting Each Other" (Peter Udell, Gary Geld) - 2:13

サイド3[編集]

  1. オールディーズ・メドレー – Oldies Medley
    a) リトル・ホンダ - "Little Honda" (Brian Wilson, Mike Love) - 2:15
    b) この世の果てまで - "The End of the World" (Sylvia Dee, Arthur Kent) - 2:04
    c) 悲しき街角 - "Runaway" (Del Shannon, Max D. Crook) - 2:09
    d) ハイ・ロン・ロン - "Da Doo Ron Ron" (Jeff Barry, Ellie Greenwich, Phil Spector) - 1:37
    e) リーダー・オブ・ザ・パック - "Leader of the Pack" (J. Barry, Ben Raleigh) - 2:17
    f) ジョニー・エンジェル - "Johnny Angel" (Lee Pockriss, Lyn Duddy) - 1:03
    g) ブック・オブ・ラヴ - "Book of Love" (Warren Davis, Charles Patrick, G. Malone) - 1:18
    h) シュブン - "Shuboom" (Carl Fester, James Keyes, Franklin McRay, William Edward) - 1:32
    i) ダディーズ・ホーム - "Daddy's Home" (James Sheppard, William Miller) - 1:47
    j) ジョニー・B.グッド - "Johnny B. Goode" (Chuck Berry) - 3:29

サイド4[編集]

  1. イントロダクション〜クワイ河マーチ / シング - "Introduction Colonel Borgy" (Kenneth Alford) / "Sing" (Joe Raposo / 訳詞:星加ルミ子) - 4:26
  2. サムタイムズ - "Sometimes" (Henry Mancini) - 2:39
  3. 愛のプレリュード - "We've Only Just Begun" (P. Williams, R. Nichols) - 4:22
  4. ふたりの誓い - "For All We Know" (Fred Karlin, Robb Wilson, Arthur James) - 3:13

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1975年当時は、A&Mレコードが原盤権を持つ作品はキングレコードから発売されていた。2009年現在の発売元はユニバーサルミュージック
  2. ^ a b 『文藝別冊[総特集]カーペンターズ』(河出書房新社、2003年、ISBN 4-309-97652-2)p.115, 117