メイド・イン・アメリカ (カーペンターズのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メイド・イン・アメリカ
カーペンターズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1978年 - 1981年
ジャンル ポップス
時間
レーベル A&Mレコード
プロデュース リチャード・カーペンター
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 52位(アメリカ)
  • 12位(イギリス)
  • 44位(日本・オリコン[1]
カーペンターズ 年表
クリスマス・ポートレイト
(1978年)
メイド・イン・アメリカ
(1981年)
ヴォイス・オブ・ザ・ハート
(1983年)
テンプレートを表示

メイド・イン・アメリカ』(Made in America)は、カーペンターズ1981年に発表したアルバム。カレン・カーペンター存命時としては最後のアルバムとなった。

解説[編集]

リチャード・カーペンターの療養による活動休止後としては初のアルバムとなった。その間、カレンは初のソロ・アルバム『遠い初恋』を制作していたが、当時は発売を見送られ、同作は1996年にようやく発表された。

収録曲のほとんどは新曲だが、「アイ・ビリーヴ・ユー」は活動休止前の1978年にシングルA面として発表され、全米68位に達した。本作からは、「タッチ・ミー」(全米16位)、「バック・イン・マイ・ライフ」(全米72位)、「遠い想い出」(全米63位)、「恋のビーチウッド」(全米74位)がシングル・カットされた。「ウェディング・ソング」は、1980年8月に行われたカレンの結婚式のために作られた曲で、カレンは挙式の2日前にボーカルを録音した[1]

本作に伴うコンサート・ツアーは行われなかったが、リチャードとカレンは、プロモーションのために日本のテレビ番組に衛星中継で出演し、10月にはヨーロッパブラジルを訪れた[1]

収録曲[編集]

  1. 遠い想い出 - "Those Good Old Dreams" (Richard Carpenter, John Bettis) - 4:12 ・全米最高第63位
  2. ストレングス・オブ・ア・ウーマン - "Strength of a Woman" (Phyllis Brown, Juanita Curiel) - 3:59
  3. バック・イン・マイ・ライフ - "(Want You) Back in My Life Again" (Kerry Chater, Chris Christian) - 3:40
  4. すばらしき人生 - "When You've Got What It Takes" (Roger Nichols, Bill Lane) - 3:41
  5. あなたを信じて - "Somebody's Been Lyin'" (Carole Bayer Sager, Burt Bacharach) - 4:25
  6. アイ・ビリーヴ・ユー - "I Believe You" (Dick Addrisi, Dan Addrisi) - 3:54
  7. タッチ・ミー - "Touch Me When We're Dancing" (Terry Skinner, J. I. Wallace, Ken Bell) - 3:20  ・全米最高第16位、これがカーペンターズ最後のトップ20ヒットとなった
  8. 涙の色は - "When It's Gone (It's Just Gone)" (Randy Handley) - 5:01
  9. 恋のビーチウッド - "Beechwood 4-5789" (William Stevenson, Marvin Gaye, George Gordy) - 3:06
  10. ウェディング・ソング - "Because We Are in Love (The Wedding Song)" (R. Carpenter, J. Bettis) - 5:04

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『文藝別冊[総特集]カーペンターズ』(河出書房新社、2003年、ISBN 4-309-97652-2)p.99, 115