ヴィーナス・アンド・マース (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヴィーナス・アンド・マース
ウイングススタジオ・アルバム
リリース
録音 1974年11月 - 1975年2月
ジャンル ロック
時間
レーベル キャピトル・レコード
プロデュース ポール・マッカートニー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(イギリス)
  • 1位(アメリカ)
  • ウイングス 年表
    バンド・オン・ザ・ラン
    (1973年)
    ヴィーナス・アンド・マース
    (1975年)
    スピード・オブ・サウンド
    (1976年)
    テンプレートを表示

    ヴィーナス・アンド・マース(Venus And Mars)は、ウイングス1975年にリリースしたアルバム。アーティスト名は、1971年の『ワイルド・ライフ』以来4年ぶりに、ウイングスのみに戻された。

    解説[編集]

    ジミー・マッカロク(ギター)が加入し、5人体制で制作されたウイングス4枚目のアルバム。レコーディング開始から間もなくジェフ・ブリトン(ドラムス)が脱退し、後任としてジョー・イングリッシュが加入。主にニューオーリンズロサンゼルスでレコーディングが行われ、ライブを強く意識した構成になっている。ニューオーリンズでのレコーディングは、アラン・トゥーサンが所有するシー・セイント・スタジオで行われ、トゥーサンもレコーディングにゲスト参加した。

    「遥か昔のエジプト精神」ではデニー・レインがリード・ヴォーカルを担当。「メディシン・ジャー」は、ウイングス加入前のジミー・マッカロクがコリン・アレンと共作した曲で、リード・ヴォーカルもジミー。

    前作『バンド・オン・ザ・ラン』のヒットの勢いを受け、本作も全英、全米で1位を記録。アメリカでは予約だけで200万枚を超える大ヒットとなった。アメリカではその後、アルバム・チャートのトップ100圏外にランク・ダウンするが、翌年のUSツアーが始まると再び、トップ100圏内にランキングされている。シングル・カットされた「あの娘におせっかい」も全米1位のヒットを記録した。

    収録曲[編集]

    Side 1
    1. ヴィーナス・アンド・マース -Venus and Mars
    2. ロック・ショー -Rock Show
    3. 歌に愛をこめて -Love in Song
    4. 幸せのアンサー -You Gave Me the Answer
    5. 磁石屋とチタン男 -Magneto and Titanium Man
    6. ワインカラーの少女 -Letting Go
    Side 2
    1. ヴィーナス・アンド・マース(リプライズ) -Venus and Mars (Reprise)
    2. 遥か昔のエジプト精神 -Spirits of Ancient Egypt
    3. メディシン・ジャー -Medicine Jar
    4. コール・ミー・バック・アゲイン -Call Me Back Again
    5. あの娘におせっかい -Listen to What the Man Said
    6. トリート・ハー・ジェントリー〜ロンリー・オールド・ピープル -Treat Her Gently/Lonely Old People
    7. クロスロードのテーマ -Crossroads

    デジタル・リマスター盤のボーナス・トラック[編集]

    1. ズー・ギャング -Zoo Gang
    2. ランチ・ボックス〜オッド・ソックス -Lunch Box/Odd Sox
    3. マイ・カーニヴァル -My Carnival
    4. My Carnival (12" Party Mix)

    ※「arnival (12" Party Mix)」は2007年、iTunes Store販売版のボーナス・トラック。(12”収録バージョン)

    演奏者[編集]

    • ポール・マッカートニー – lead, rhythm and bass guitars, piano, vocals
    • リンダ・マッカートニー – piano, organ, keyboards, percussion
    • デニー・レイン – rhythm, lead and bass guitars, keyboards, vocals
    • ジミー・マカロック – lead and rhythm guitars, vocals
    • ジョー・イングリッシュ – drums, percussion
    • ジェフ・ブリトン – drums(3. 6. 9.をレコーディングしたのみで脱退)

    ゲスト[編集]