磁石屋とチタン男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
磁石屋とチタン男
ウイングス楽曲
収録アルバム ヴィーナス・アンド・マース
リリース 1975年5月30日(UK)
録音 1975年 1月~2月
ジャンル ブギウギ
時間 3:16
レーベル パーロフォン
作詞者 ポール・マッカートニー
プロデュース ポール・マッカートニー

磁石屋とチタン男(原題:Magneto and Titanium Man)は、1975年ウイングスが発表した楽曲。アルバム「ヴィーナス・アンド・マース」収録。

概要[編集]

ジャマイカでの休暇中に購入して読んだコミックに誘発されて書かれた曲である。軽快なリズムと分厚いコーラスが特徴。ライヴでは1975年から1976年に演奏され、その様子がライブ盤『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』に収録されている。

歌詞[編集]

この曲には6人の登場人物がいる。

  • 語り手
  • 話し相手(歌詞では二人称で登場する)
  • 5つ星級の犯罪者である女性
  • マグニートー

アメリカンコミック「X-メン」に登場する悪役ミュータント。

  • タイタニウムマン

アメリカンコミック「アイアンマン」に登場する悪役。

  • クリムゾンダイナモ

アメリカンコミック「アイアンマン」に登場する戦闘用アーマー

歌詞では「語り手マグニートータイタニウムマンそしてクリムゾンダイナモが、銀行強盗をする」という発想の出所が不明な物語が展開される。サビの終わりで、「話し相手」と「5つ星級の犯罪者である女性」が実は同一人物であることが明かされる[1]

出典[編集]

Paul McCartney Recording Sessions (1969~2013)

脚注[編集]

  1. ^ 「話し相手=警察官」であるという解釈も可能。この歌詞についてのポールのコメントが無いため、歌詞の正確な意味は不明。