007 死ぬのは奴らだ (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポール・マッカートニー > 作品リスト > 007 死ぬのは奴らだ (曲)
ウイングス > 作品リスト > 007 死ぬのは奴らだ (曲)
ガンズ・アンド・ローゼズ > 作品リスト > 007 死ぬのは奴らだ (曲)
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 007 死ぬのは奴らだ
  • 007/死ぬのは奴らだ
007 死ぬのは奴らだ
ウイングスシングル
初出アルバム『007/死ぬのは奴らだ英語版
B面 アイ・ライ・アラウンド英語版
リリース
規格 7インチシングル
録音
  • 1972年10月19日
  • AIR
ジャンル シンフォニック・ロック[1]
時間
レーベル アップル・レコード
作詞・作曲
プロデュース ジョージ・マーティン
ゴールドディスク
後述を参照
チャート最高順位
後述を参照
ウイングス シングル 年表
  • 007 死ぬのは奴らだ
  • (1973年)
007/死ぬのは奴らだ英語版 収録曲
死ぬのは奴らだ (メイン・テーマ)
(1)
主よ御もとに近づかん〜ニュー・セカンド・ライン
(2)
テンプレートを表示

007 死ぬのは奴らだ[注釈 1]」(Live and Let Die)は、ウイングス[注釈 2]の楽曲である。1973年に公開された同名の映画の主題歌として制作された楽曲で、作詞作曲はポール・マッカートニーと妻リンダの共作で、プロデュースとオーケストラアレンジはジョージ・マーティンが手がけた。脚本の完成前に、マッカートニーは映画のプロデューサーであるハリー・サルツマンアルバート・R・ブロッコリー英語版から主題歌の作曲を依頼を受けた。ウイングスは、『レッド・ローズ・スピードウェイ』のセッション期間中であった1972年10月にAIRで「007 死ぬのは奴らだ」のレコーディングを行なった。本作は『007』シリーズの主題歌史上初のロック・ナンバーとなっている[4]。映画ではB.J.アルアヌ英語版による別バージョンも使用されている。

Billboard Hot 100では最高位2位、全英シングルチャートでは最高位9位を記録。1974年の第16回グラミー賞英語版最優秀ヴォーカル入りインストゥルメンタル編曲賞英語版を受賞した。ウイングスのコンサート・ツアーやウイングス解散後のマッカートニーのソロ・ツアーで演奏されており、演奏時には打ち上げ花火の演出が採用されることがある。1991年にガンズ・アンド・ローゼズによってカバーされ、このカバー・バージョンは1993年の第35回グラミー賞最優秀ハードロック・パフォーマンス賞英語版にノミネートした。

背景・レコーディング[編集]

トム・マンキーウィッツが映画『007/死ぬのは奴らだ』の脚本を完成する前に、同作のプロデューサーであるサルツマンとブロッコリーはマッカートニーに主題歌の作曲を依頼。作曲に際してマッカートニーは、イアン・フレミングの原作のコピーを送るように頼んだ[5]。マッカートニーは、「ソングライターとしての野望の1つは、ジェームズ・ボンドのテーマソングを作ることだった。簡単にできるものじゃないとわかっていたけど、僕の目には魅力的な仕事だと感じられた」と語っている[6]

ウイングスは、『レッド・ローズ・スピードウェイ』のセッション期間中であった[1]1972年10月19日にジョージ・マーティンのプロデュースのもと、AIRで「007 死ぬのは奴らだ」のレコーディングを行なった[7]。レコーディングにはレイ・クーパー英語版パーカッション[8]や40人編成のオーケストラが参加している[7]

サルツマンは、当初ウイングスの代わりにシャーリー・バッシーテルマ・ヒューストン英語版が本作を歌うことを考えていた[9]。マーティンが完成した曲を映画会社に聴かせた際、会社側から「映画では誰にこの歌を歌わせるつもりか?テルマ・ヒューストンか?」と聞かれ、マーティンが「もうポールがレコーディングを済ませてるじゃないか!」と返したというエピソードが残っている[6]。ウイングスによる「007 死ぬのは奴らだ」は、映画のオープニングで使用され[10]、B.J.アルナウによる別バージョンも映画で使用された[11][注釈 3]。アルナウによる別バージョンは、マーティンが作曲したインストゥルメンタル「ニューオリンズの罠」(Fillet of Soul  – New Orleans)と「ハーレムの危機」(Fillet of Soul  – Harlem)とのメドレーとしてサウンドトラック・アルバムに収録され、1973年6月下旬にRCAレコードからシングル盤としても発売された[12]

リリース・影響[編集]

「007 死ぬのは奴らだ」は、イギリスで1973年4月16日、アメリカで5月10日に放送された特別番組『James Paul McCartney』で先行公開された。番組内ではスタジオでウイングスが本作を演奏する様子と、映画のシーンの一部が放送された[13]。『ビルボード』誌は、当時の「最高位の007映画のテーマ」とし、「甘美なメロディー、オーケストラによる突発的な喧騒、レゲエの一片、『1812年』のようなより大げさな演奏」の組み合わせを引き合いに、「マッカートニーの最も満足のいくシングルの1つ」と評し[14]、『キャッシュボックス』誌も「あらゆる点で素晴らしい曲」と評している[15]

「007 死ぬのは奴らだ」は、イギリスで1973年6月1日、アメリカで1973年6月18日にシングル盤として発売された[7]。本作は、アメリカの3つのチャートのうち、最高位2位となった『ビルボード』誌のHot 100[16]を除く2つのチャートで首位を獲得した[17]。イギリスの全英シングルチャートでは最高位9位を記録[18]。アメリカでは、100万枚以上の売り上げにより、アメリカレコード協会からゴールド認定を受けている[19]。1974年の第16回グラミー賞英語版で最優秀ヴォーカル入りインストゥルメンタル編曲賞と最優秀ポップ・パフォーマンス賞(デュオまたはグループ)にノミネートし、最優秀ヴォーカル入りインストゥルメンタル編曲賞を受賞した[20]

「007 死ぬのは奴らだ」は、1973年7月に発売された映画のサウンドトラック・アルバム『007/死ぬのは奴らだ英語版』にオープニング・トラックとして収録された[21]。その一方で、マッカートニーのオリジナル・アルバムには未収録となっており、『ウイングス・グレイテスト・ヒッツ』(1978年)、『オール・ザ・ベスト』(1987年、アメリカ盤)、『夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜』(2001年)[22]、『ピュア・マッカートニー〜オール・タイム・ベスト』(2016年)[23]などのコンピレーション・アルバムに収録された。2018年12月7日に『レッド・ローズ・スピードウェイ』のデラックス・エディションが発売され、同作のボーナス・オーディオの1つとして「007 死ぬのは奴らだ」のリマスター音源とテイク10が収録された[24]

1973年のウイングスのイギリスツアー[25]を皮切りに、マッカートニーは多数のライブで本作を演奏している[26]。ライブでの演奏時には打ち上げ花火を仕掛けるなど、観客を特に盛り上げる演出がなされており、マッカートニーはこの演出について「ジェームズ・ボンドといったら轟音と銃声だから」と語っている[27]。ライブ音源は『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』(1976年)、『ポール・マッカートニー・ライブ!!』(1990年)、『ポール・イズ・ライブ』(1993年)、『バック・イン・ザ・U.S. -ライブ2002』(2002年)、『バック・イン・ザ・ワールド』(2003年)、『グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ〜ベスト・ヒッツ・ライヴ』(2009年)などのライブ・アルバムに収録された[22]

2001年のアメリカ同時多発テロ事件の発生直後、クリアチャンネル英語版放送自粛曲リストを作成。同リストには本作も含まれている[28]

2007年に公開されたアニメ映画『シュレック3』で本作が使用され、同作のサウンドトラック・アルバムにも収録された[29]。2022年に披露されたジェームズ・ボンド 007シリーズが60周年を迎えたことを記念したモンタージュでも本作が使用された[30]

クレジット[編集]

※出典[31](特記を除く)

チャート成績(ウイングス版)[編集]

週間チャート[編集]

チャート (1973年) 最高位
オーストラリア (Go-Set Top 40)[33]
3
ベルギー (Ultratop 50 Wallonia)[34] 32
Canada Top Singles (RPM)[35]
2
日本 (オリコン)
25
オランダ (Dutch Top 40)[36] 27
オランダ (Single Top 100)[37] 32
ニュージーランド (Listener)[38]
20
ノルウェー (VG-lista)[39] 2
UK Singles (Official Charts Company)[18] 9
US Bjllboard Hot 100[16]
2
US Easy Listening (Bjllboard)[40]
8
US Cash Box Top 100[17]
1
US Record World Singles Chart[17]
1
西ドイツ (Official German Charts)[41]
31

年間チャート[編集]

チャート (1973年) 順位
オーストラリア (Go-Set Top 40)[42]
24
Canada Top Singles (RPM)[43]
39
US Billboard Hot 100[44]
56
US Cash Box[45]
33

認定[編集]

国/地域 認定 認定/売上枚数
アメリカ合衆国 (RIAA)[19] Gold 1,000,000^

^認定のみに基づく出荷枚数

未発表のパロディ[編集]

本作には、アル・ヤンコビックによる「Chicken Pot Pie」というパロディソングが存在[46]しており、1990年代のライブで食べ物をテーマとしたメドレー内の1曲として演奏された[47]。1992年、ヤンコビックは「Chicken Pot Pie」をアルバムに収録するにあたり許可を求めたが、マッカートニーは自身がベジタリアンであり、肉の消費の促進につながるおそれからこれを拒否。同じくベジタリアンであるヤンコビックは、マッカートニーの考えを尊重してアルバムへの収録を断念した[48]

ガンズ・アンド・ローゼズによるカバー[編集]

リヴ・アンド・レット・ダイ
ガンズ・アンド・ローゼズシングル
初出アルバム『ユーズ・ユア・イリュージョン I
B面 シャドウ・オブ・ユア・ラヴ
リリース
規格
ジャンル ハードロック[50]
時間
レーベル ゲフィン・レコード
作詞・作曲
  • ポール・マッカートニー
  • リンダ・マッカートニー
プロデュース
ゴールドディスク
後述を参照
チャート最高順位
後述を参照
ガンズ・アンド・ローゼズ シングル 年表
  • リヴ・アンド・レット・ダイ
  • (1991年)
ユーズ・ユア・イリュージョン I 収録曲
ダスト・アンド・ボーンズ
(2)
リヴ・アンド・レット・ダイ
(3)
ドント・クライ
(4)
ライブ映像
「Live and Let Die」 - YouTube
テンプレートを表示

1991年、アメリカのロックバンド、ガンズ・アンド・ローゼズがアルバム『ユーズ・ユア・イリュージョン I』でカバー[10]。ガンズ・アンド・ローゼズによるカバー・バージョンの邦題は、「リヴ・アンド・レット・ダイ」となっている[51]。レコーディングにはマシュー・マッケイガン、レイチェル・ウェスト、ロバート・クラーク、ジョン・トラウトワインの4名がホーン・セクションとして参加しており、また、ブラインド・メロンシャノン・フーン英語版がバックグラウンド・ボーカルで参加した[52]

1991年12月1日にゲフィン・レコードからシングル盤として発売され、カップリング曲として1991年8月31日のウェンブリー・スタジアム公演から「リヴ・アンド・レット・ダイ」と「シャドウ・オブ・ユア・ラヴ英語版」のライブ音源が収録された[49]。ガンス・アンド・ローゼスによるカバー・バージョンは、『ビルボード』誌のAlbum Rock Tracksで最高位20位[53]Hot 100で最高位33位[54]を記録したほか、イギリス、アイルランド、ノルウェー、ポルトガルなどのシングルチャートでトップ5入りした[55][56][57]。フィンランドとニュージーランドのシングルチャートでは首位を獲得[58][59]。1993年の第35回グラミー賞最優秀ハードロック・パフォーマンス賞英語版にノミネートした[60]

1997年に公開された映画『ポイント・ブランク英語版でサウンドトラックとして使用され[61]、同作のサウンドトラック・アルバムにも収録された[62]

シングル収録曲[編集]

#タイトル作詞・作曲時間
1.「リヴ・アンド・レット・ダイ (LPヴァージョン)」(Live and Let Die)
  • ポール・マッカートニー
  • リンダ・マッカートニー
2.「リヴ・アンド・レット・ダイ(ライヴ・ヴァージョン)」(Live and Let Die (Live))
  • ポール・マッカートニー
  • リンダ・マッカートニー
3.シャドウ・オブ・ユア・ラヴ英語版 (ライヴ・ヴァージョン)」(Shadow of Your Love (Live))
合計時間:

チャート成績(ガンス・アンド・ローゼス版)[編集]

週間チャート
チャート (1991年 - 1992年) 最高位
オーストラリア (ARIA)[63] 10
オーストリア (Ö3 Austria Top 40)[64] 27
ベルギー (Ultratop 50 Flanders)[49] 20
ヨーロッパ (Eurochart Hot 100)[65]
7
フィンランド (Suomen virallinen lista)[58]
1
フランス (SNEP)[66] 39
ドイツ (Official German Charts)[67] 33
ギリシャ (IFPI)[68]
10
アイルランド (IRMA)[69]
5
オランダ (Dutch Top 40)[70] 12
オランダ (Single Top 100)[71] 13
ニュージーランド (Recorded Music NZ)[59]
1
ノルウェー (VG-lista)[56] 3
ポルトガル (AEP)[57]
3
スペイン (AFYVE)[72]
14
スウェーデン (Sverigetopplistan)[73] 15
スイス (Schweizer Hitparade)[74] 19
UK Singles (Official Charts Company)[55] 5
US Billboard Hot 100[54]
33
US Album Rock Tracks (Billboard)[53]
20
年間チャート
チャート (1992年) 順位
ニュージーランド (Recorded Music NZ)[75]
27

認定(ガンス・アンド・ローゼス版)[編集]

国/地域 認定 認定/売上枚数
オーストラリア (ARIA)[76] Gold 35,000^
イギリス (BPI)[77] Silver 200,000double-dagger

double-dagger認定のみに基づく売上枚数と再生回数

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ サウンドトラック・アルバム『007/死ぬのは奴らだ英語版』では、「死ぬのは奴らだ」という邦題が使用されている[2]。また、「007/死ぬのは奴らだ」という表記揺れも存在する[3]
  2. ^ 『007/死ぬのは奴らだ』の映画内では「ポール・マッカートニー&ウイングス」名義。
  3. ^ 当初この別バージョンは、フィフス・ディメンションが歌う予定だった[11]

出典[編集]

  1. ^ a b Banitez 2010, p. 50.
  2. ^ 007/死ぬのは奴らだ [SHM-CD][CD] - V.A.”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2022年4月3日閲覧。
  3. ^ ポール・イズ・ライヴ〜ニュー・ワールド・ツアー・ライヴ!! [限定盤][紙ジャケット] [SHM-CD][CD] - ポール・マッカートニー”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2022年4月3日閲覧。
  4. ^ Chilton, Martin. “映画『007 / ジェームズ・ボンド・シリーズ』の主題歌ベスト・ソング15選(年代順)”. uDiscover. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2022年4月3日閲覧。
  5. ^ Barnes, Alan; Hearn, Marcu (1997). Kiss Kiss Bang! Bang!: the Unofficial James Bond Film Companion. Batsford Books. pp. 110-111. ISBN 978-0-7134-8182-2 
  6. ^ a b McGuinness 2020.
  7. ^ a b c d Evans 2021, p. 31.
  8. ^ a b Perasi 2013, p. 89.
  9. ^ Benitez 2010, p. 50.
  10. ^ a b Leszczak 2014, p. 2014.
  11. ^ a b Christoph 2003, p. 130, 134.
  12. ^ Burlingame 2012, p. 111.
  13. ^ Burlingame 2012, p. 112.
  14. ^ “Top Single Picks”. Billboard: 58. (June 30, 1973). https://worldradiohistory.com/Archive-Billboard/70s/1973/Billboard%201973-06-30.pdf. 
  15. ^ “Cash Box / Singles Reviews”. Cash Box: p. 18. (1973年6月30日). https://worldradiohistory.com/Archive-All-Music/Cash-Box/70s/1973/Cash-Box-1973-06-30.pdf 2021年12月11日閲覧。 
  16. ^ a b The Hot 100”. Billboard. 2022年4月3日閲覧。
  17. ^ a b c Whitburn 2015, p. 333.
  18. ^ a b "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2022年4月3日閲覧。
  19. ^ a b "American single certifications – Paul Mc Cartney & Wings – Live". Recording Industry Association of America. 2022年4月2日閲覧 If necessary, click Advanced, then click Format, then select Single, then click SEARCH
  20. ^ 16th Annual GRAMMY Awards | 1973”. GRAMMY.com. Recording Academy. 2022年4月3日閲覧。
  21. ^ Eder, Bruce. Live and Let Die [Original Motion Picture Soundtrack] - George Martin | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2022年4月3日閲覧。
  22. ^ a b Womack 2014, p. 553.
  23. ^ Blistein, Jon (2016年3月31日). “Paul McCartney Preps Sprawling Post-Beatles Compilation”. Rolling Stone. 2022年4月3日閲覧。
  24. ^ ウイングス、2作品がアーカイヴ・コレクションに登場。11枚組超豪華盤も”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク (2018年10月22日). 2022年4月3日閲覧。
  25. ^ Badman, Keith (2009). The Beatles Diary Volume 2:After The Break-Up 1970-2001. London: Omnibus Press. p. 230. ISBN 0-8571-2001-8 
  26. ^ Jackson 2012, p. 92.
  27. ^ 『ポール・マッカートニー コンサート・ツアー ザ・ビートルズ・クラブ オフィシャル・ガイドブック』ザ・ビートルズ・クラブ(編著)、斉藤早苗(監修)、プロデュース・センター出版局、東京、2006年、73頁。ISBN 4-9384-5672-9 
  28. ^ It's the End of the World as Clear Channel Knows It”. Slate Magazine. The Slate Group (2001年9月17日). 2022年4月3日閲覧。
  29. ^ Phares, Heather. Shrek the Third [Motion Picture Soundtrack] - Various Artists | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2022年4月3日閲覧。
  30. ^ Cooper, Gael Fashingbauer (2022年3月28日). “Watch the Oscars Pay Tribute to 60 Years of James Bond”. CNET. 2022年4月3日閲覧。
  31. ^ Jackson 2012, p. 91.
  32. ^ Sounes, Howard (2010). Fab: An Intimate Life of Paul McCartney. New York: Hachette Books. p. 271. ISBN 0-3068-1938-4 
  33. ^ Go-Set Australian charts - 13 October 1973”. Go-Set charts. 2022年4月3日閲覧。
  34. ^ "Ultratop.be – Paul McCartney & Wings – Live And Let Die" (in French). Ultratop 50. 2022年4月3日閲覧。
  35. ^ Top RPM Singles: Issue 7532”. RPM. Library and Archives Canada. 2022年4月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年4月3日閲覧。
  36. ^ "Nederlandse Top 40 – week 35, 1973" (in Dutch). Dutch Top 40 2022年4月3日閲覧。
  37. ^ "Dutchcharts.nl – Paul McCartney & Wings – Live And Let Die" (in Dutch). Single Top 100. 2022年4月3日閲覧。
  38. ^ flavour of new zealand - search listener”. Flavourofnz.co.nz. 2022年4月3日閲覧。
  39. ^ "Norwegiancharts.com – Paul McCartney & Wings – Live And Let Die". VG-lista. 2022年4月3日閲覧。
  40. ^ Paul McCartney Chart History (Adult Contemporary)”. Billboard. 2022年4月3日閲覧。
  41. ^ Offizielle Deutsche Charts - Paul McCartney & Wings - Live And Let Die”. GfK Entertainment charts. 2022年4月3日閲覧。
  42. ^ Go-Set Australian charts - Top Records for the Year of 1973”. Go-Set charts. 2022年4月3日閲覧。
  43. ^ Top 100 Singles of '73”. RPM. Library and Archives Canada. 2022年3月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年4月3日閲覧。
  44. ^ “Top Pop Singles”. Billboard Talent in Action: TA-28. (December 29, 1973). https://worldradiohistory.com/Archive-Billboard/70s/1973/Billboard%201973-12-29-II-Talent-in-Action.pdf. 
  45. ^ Cash Box YE Pop Singles - 1973”. tropicalglen.com. 2022年4月2日閲覧。
  46. ^ Hirsch, Lily E. (2022) [2020]. Weird Al: Seriously. Lanham, Maryland: Rowman & Littlefield Publishers. p. 90. ISBN 1-5381-6351-9 
  47. ^ Greene, Andy. “Flashback: Weird Al's Rejected Wings Parody, 'Chicken Pot Pie'”. Rolling Stone. 2022年4月3日閲覧。
  48. ^ Epstein, Dan (December 1997). “"Weird Al" Yankovic the ICON Profile”. ICON (United States): 95. 
  49. ^ a b c "Ultratop.be – Guns N' Roses – Live And Let Die" (in Dutch). Ultratop 50. 2022年4月3日閲覧。
  50. ^ Naish, Stephen Lee (2018). Riffs & Meaning: Manic Street Preachers and Know Your Enemy. Manchester: Headpress. p. 29. ISBN 1-9093-9457-2 
  51. ^ ユーズ・ユア・イリュージョンI [SHM-CD][CD] - ガンズ・アンド・ローゼズ”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2022年4月3日閲覧。
  52. ^ Use Your Illusion I (CD booklet). Guns N' Roses. Geffen Records. 1991.
  53. ^ a b Guns N' Roses Chart History (Mainstream Rock)”. Billboard. 2022年4月3日閲覧。
  54. ^ a b The Hot 100”. Billboard. 2022年4月3日閲覧。
  55. ^ a b "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2022年4月3日閲覧。
  56. ^ a b "Norwegiancharts.com – Guns N' Roses – Live And Let Die". VG-lista. 2022年4月3日閲覧。
  57. ^ a b “Top 10 Sales in Europe”. Music & Media 9 (6): 18. (February 8, 1992). https://worldradiohistory.com/UK/Music-and-Media/90s/1992/MM-1992-02-08.pdf. 
  58. ^ a b Pennanen, Timo (2003). Sisaltaa hitin: levyt ja esittajat Suomen musiikkilistoilla vuodesta 1972. Helsinki: Otava Publishing Company. ISBN 9-5112-1053-X 
  59. ^ a b charts.nz - Guns N' Roses - Live And Let Die”. Top 40 Singles. 2022年4月3日閲覧。
  60. ^ 35th Annual GRAMMY Awards”. GRAMMY.com. Recording Academy. 2022年4月3日閲覧。
  61. ^ Betts, Graham (2004). Complete UK Hit Singles. United Kingdom: Marshall Pickering. p. 333. ISBN 0-0071-7931-6 
  62. ^ Ruhlmann, William. Grosse Pointe Blank - Original Soundtrack | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2022年4月3日閲覧。
  63. ^ "Australian-charts.com – Guns N' Roses – Live And Let Die". ARIA Top 50 Singles. 2022年4月3日閲覧。
  64. ^ "Austriancharts.at – Guns N' Roses – Live And Let Die" (in German). Ö3 Austria Top 40. 2022年4月3日閲覧。
  65. ^ “Eurochart Hot 100 Singles”. Music & Media 9 (3): 31. (18 January 1992). https://worldradiohistory.com/UK/Music-and-Media/90s/1992/MM-1992-01-18.pdf. 
  66. ^ "Lescharts.com – Guns N' Roses – Live And Let Die" (in French). Les classement single. 2022年4月3日閲覧。
  67. ^ "Musicline.de – Guns N' Roses Single-Chartverfolgung" (in German). Media Control Charts. PhonoNet GmbH. 2022年4月3日閲覧。
  68. ^ “Top 10 Sales in Europe”. Music & Media 9 (3): 30. (January 18, 1992). https://worldradiohistory.com/UK/Music-and-Media/90s/1992/MM-1992-01-18.pdf. 
  69. ^ The Irish Charts - Search Results - Live & Let Die”. Irish Singles Chart. 2022年4月3日閲覧。
  70. ^ "Nederlandse Top 40 – week 2, 1992" (in Dutch). Dutch Top 40
  71. ^ "Dutchcharts.nl – Guns N' Roses – Live And Let Die" (in Dutch). Single Top 100. 2022年4月3日閲覧。
  72. ^ Salaverri, Fernando (September 2005). Solo exitos: ano a ano, 1959-2002 (1st ed.). Spain: Fundacion Autor-SGAE. ISBN 84-8048-639-2 
  73. ^ "Swedishcharts.com – Guns N' Roses – Live And Let Die". Singles Top 100. 2022年4月3日閲覧。
  74. ^ "Swisscharts.com – Guns N' Roses – Live And Let Die". Swiss Singles Chart. 2022年4月3日閲覧。
  75. ^ End of Year Charts 1992”. Recorded Music NZ. 2022年4月3日閲覧。
  76. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2021 Singles (PDF)”. Australian Recording Industry Association. 2022年4月3日閲覧。
  77. ^ "British single certifications – Guns N' Roses – Live and Let Die". British Phonographic Industry. 2022年4月3日閲覧 Enter Live and Let Die in the field Keywords. Select Title in the field Search by. Select single in the field By Format. Select Silver in the field By Award. Click Search

参考文献[編集]

外部リンク[編集]