ジェット (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェット
ポール・マッカートニー&ウイングスシングル
リリース
録音 1973年
ジャンル ロック
時間
レーベル アップル・レコード
プロデュース ポール・マッカートニー
ゴールドディスク
1974年4月1日 BPI(UK)ゴールド
チャート最高順位
  • 7位(イギリス)
  • 7位(アメリカ)
  • 1位(日本)
ポール・マッカートニー&ウイングス シングル 年表
ミセス・ヴァンデビルト
(1973年)
ジェット
(1974年)
バンド・オン・ザ・ラン
(1974年)
テンプレートを表示

ジェット」(Jet)は、1973年ポール・マッカートニー&ウイングス(Paul McCartney & Wings)が発表した楽曲、及び同曲を収録したシングル1974年にリリースされた。

解説[編集]

バンド・オン・ザ・ラン』の2曲目に収録。またベストアルバムでは『ウイングス・グレイテスト・ヒッツ』『オール・ザ・ベスト』『夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜』に収録されている。シングルカットはアルバム発表から年の明けた2月15日で、ウイングスのシングルでは7枚目、『バンド・オン・ザ・ラン』からのカットでは2枚目に当たる。

ポールが自分の飼っているラブラドール種の仔犬の名「ジェット」を歌詞に織り込んだ。しかし2010年11月の『バンド・オン・ザ・ラン』再発売に際し2010年イギリスで放送されたテレビ番組にてポールは「ジェットは僕が飼っていたポニーの名」と述べている。ポールはビートルズ時代にも当時の飼犬マーサをタイトルにした「マーサ・マイ・ディア」を作曲している。

録音中にテープの磁気体が剥がれるというトラブルのために、シンバルの音が少々弱くなっている。さらに、テープの救出のため、コピーをかけたことによって全体の音がしまって聞こえている。[1]

またこの曲はコンサートで演奏される事が多く(それも序盤のメドレーで)、『ウイングスU.S.A.ライヴ!!(Wings Over America)』では「ロック・ショウ」からのメドレー、『ポール・マッカートニー・ライブ!!(Tripping the Live Fantastic)』では「フィギュア・オヴ・エイト」からのメドレーとなっている。

1973年8 - 9月、ラゴスでの『バンド・オン・ザ・ラン』制作後にイギリスに戻ってきて録音。[1]英で7位*を記録。ビルボード(Billboard)誌では、1974年3月30日に週間ランキング最高位の第7位を獲得。ビルボード誌1974年年間ランキングは第77位。キャッシュボックス誌では、3月23日付け最高位第5位を獲得し、年間ランキングでは第77位を記録した。日本では「DIATONEポップスベスト10」(FM東京)で1974年の年間洋楽チャート1位となっている。

*チャートはイギリスが『ミュージック・ウィーク』での最高位を示す。

収録曲[編集]

カヴァー[編集]

トリビア[編集]

日本のタレント シルク がロンドン留学中、偶然ポール・マッカートニーに遭遇し、本曲のレコーディングを見学したことを『痛快!明石家電視台』(毎日放送)出演時に話した。[3]スタジオでの見学中にはリンダ・マッカートニーに紅茶を入れてもらったことや、新聞に「日本から来たラッキーガール2人」と掲載されたと述べた。

脚注[編集]

  1. ^ a b ジェフ・エメリック、ハワード・マッセイ 『ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実』 奥田祐士訳、白夜書房、2006年、545-548ページ
  2. ^ 少年ナイフ公式サイト内Discography
  3. ^ 2011年7月11日放送回『痛快!明石家電視台』で発言