心のラヴ・ソング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
心のラヴ・ソング
ウイングスシングル
収録アルバム スピード・オブ・サウンド
リリース 1976年4月30日
録音 1975年
ジャンル ロック
レーベル パーロフォン
作詞・作曲 ポール・マッカートニー
リンダ・マッカートニー
プロデュース ポール・マッカートニー
チャート最高順位
ウイングス シングル 年表
ヴィーナス・アンド・マース/ロック・ショー
1975年)
心のラヴ・ソング
1976年
幸せのノック
1976年
テンプレートを表示

心のラヴ・ソング (Silly Love Songs) は、1976年ポール・マッカートニー(Paul McCartney )率いるウイングス(Wings)の楽曲

アルバムスピード・オブ・サウンド』からシングル・カットされ、ベスト・アルバム『グレイテスト・ヒッツ』『オール・ザ・ベスト』『夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜』に収録された他、『ウィングス・オーヴァー・アメリカ』にライヴ版が、『ヤァ!ブロード・ストリート』に別テイクを収録。シングルカットは1976年4月。

楽曲[編集]

評論家のリチャード・ゴールドシュタインに「ポールはバラードしか書けない」と批評された事に対し、ポールが「馬鹿げたラヴ・ソングの何が悪い?」と切り返した曲とされる。また一説では、ビートルズ解散後確執の続いていたジョン・レノンの「ハウ・ドゥ・ユー・スリープ?」(1971年)への反論とも言われるが、両曲の発表年は5年も開いており、また「ハウ・ドゥ・ユー・スリープ?」を受けた直後にポールも「サム・ピープル・ネヴァー・ノウ」でやり返していることなどから、信憑性は低い。

イギリスでチャート2位*を記録した。アメリカビルボード(Billboard)誌では、1976年5月22日に1位の座に着くものの翌週から2週にわたりダイアナ・ロスのラブ・ハングオーバーにその座を獲られた後返り咲き4週連続第1位計5週、週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1976年年間ランキングは第1位。キャッシュボックス誌では、同年5月29日、6月5日の2週間、第1位を獲得。年間ランキングでは第9位を記録した。

*チャートはイギリスが『ミュージック・ウィーク』での最高位を示す。

「Silly」は本来の意味は「愚かな」や「馬鹿げた」といった意味なので本来の訳は「愚かな愛の歌たち」と成る。

イントロ[編集]

独特のイントロは、ピンク・フロイドの「マネー」のテープループに触発されたという。

このイントロは、日本の幼児番組『ひらけ!ポンキッキ』で頻繁に効果音として用いられていた。同番組は他にもビートルズ楽曲からBGMを多く採り入れており、他楽曲については『ひらけ!ポンキッキ』を参照。

収録曲[編集]