ワイルド・ライフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワイルド・ライフ
ウイングススタジオ・アルバム
リリース
録音 1971年7月25日 (1971-07-25) - 8月2日
ジャンル ロック
時間
レーベル アップル/EMI
プロデュース ポール&リンダ・マッカートニー
専門評論家によるレビュー
ウイングス アルバム 年表
  • ワイルド・ライフ
  • (1971年 (1971)
テンプレートを表示

ワイルド・ライフ』(英語: Wild Life)は、1971年に発表されたポール・マッカートニー&ウイングスのアルバム(本作の正式なアーティスト名は「ウイングス」のみ)。

解説[編集]

ポール・マッカートニーがビートルズ解散後に妻のリンダ・マッカートニー、元ムーディー・ブルースデニー・レインらと結成したバンド、ウイングスのデビューアルバム。2週間でレコーディングされた本作は、リハーサル・テイクかのような荒削りな演奏がそのまま収録され、当時の評論家からは批判をあびることとなった。

一方、かつての相棒であるジョン・レノンは、このアルバムについて「いいね。悪くないよ。あいつはいい方向に進んでいる」と『マイク・ダグラス・ショウ』出演時に語っている。

イギリスでは、アルバム・チャート最高位11位とトップ10入りを逃している。アメリカの「ビルボード」誌アルバム・チャートでは2週連続最高10位、「キャッシュボックス」誌では2週連続最高6位を獲得し、1972年度年間ランキング第73位を記録。アメリカでは50万枚以上を売った。

ミッキー&シルヴィア英語版のカバーである「ラヴ・イズ・ストレンジ英語版」がシングルでリリースされる予定だったが、キャンセルとなった。

収録曲[編集]

Side 1[編集]

  1. マンボ  – Mumbo
  2. ビップ・バップ  – Bip Bop
  3. ラヴ・イズ・ストレンジ  – Love Is Strange
  4. ワイルド・ライフ  – Wild Life

Side 2[編集]

  1. サム・ピープル・ネヴァー・ノウ  – Some People Never Know
  2. アイ・アム・ユア・シンガー  – I Am Your Singer
  3. ビップ・バップ・リンク  – Bip Bop Link
  4. トゥモロウ  – Tomorrow
    イエスタデイのコード進行を利用したもの
  5. ディア・フレンド  – Dear Friend
  6. マンボ・リンク  – Mumbo Link

1993年ポール・マッカートニー・コレクション盤のボーナス・トラック[編集]

  1. アイルランドに平和を  – Give Ireland Back to the Irish
  2. メアリーの子羊  – Mary Had A Little Lamb
  3. リトル・ウーマン・ラヴ  – Little Woman Love
  4. ママズ・リトル・ガール  – Mama's Little Girl

2007年iTunes Store販売版のボーナス・トラック[編集]

  1. Give Ireland Back to the Irish (version)

演奏者[編集]

外部リンク[編集]