プレス・トゥ・プレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
プレス・トゥ・プレイ
ポール・マッカートニースタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル パーロフォン
プロデュース ポール・マッカートニー
ヒュー・パジャム
専門評論家によるレビュー
ポール・マッカートニー 年表
ヤァ!ブロード・ストリート
(1984年)
プレス・トゥ・プレイ
(1986年)
オール・ザ・ベスト
(1987年)
テンプレートを表示

プレス・トゥ・プレイPress To Play)とは、1986年に発表されたポール・マッカートニーのアルバム。

全英8位、全米30位を記録。

概要[編集]

ジョン・レノンの死後、ポールは、『タッグ・オブ・ウォー』『パイプス・オブ・ピース』『ヤァ!ブロード・ストリート』といったアルバムをビートルズのプロデューサー・ジョージ・マーティンの下で製作していたが、今作ではプロデューサーにはヒュー・パジャムが起用されている。

10ccエリック・スチュワートが、ソングライティングのパートナーとして多くの曲を共作している。

楽曲[編集]

収録曲中の「ストラングルホールド」「フットプリンツ」「プリティ・リトル・ヘッド」「ムーブ・オーヴァー・バスカー」「アングリー」「ハウエヴァー・アブサード」「ライト・アウェイ」「タフ・オン・ア・タイトロープ」の8曲はエリック・スチュワートとの共作曲。

収録曲[編集]

  1. ストラングルホールド - Stranglehold
  2. グッド・タイムズ・カミング/フィール・ザ・サン - Good Times Coming/Feel The Sun  
  3. トーク・モア・トーク - Talk More Talk  
  4. フットプリンツ - Footprints
  5. オンリー・ラヴ・リメインズ - Only Love Remains  
  6. プレス - Press (Video soundtrack)
  7. プリティ・リトル・ヘッド - Pretty Little Head  
  8. ムーブ・オーヴァー・バスカー - Move Over Busker  
  9. アングリー - Angry
  10. ハウエヴァー・アブサード - However Absurd
    • 以下はCDのみのボーナス・トラック〜
  11. ライト・アウェイ - Write Away  
  12. イッツ・ノット・トゥルー - .It's Not True  
  13. タフ・オン・ア・タイトロープ - Tough On A Tightrope  
    • 以下は「ポール・マッカートニー・コレクション」と題したデジタル・リマスター盤で再発の際に追加されたボーナス・トラック
  14. スパイズ・ライク・アス - Spies Like Us 
  15. ワンス・アポン・ア・ロング・アゴー(ロング・ヴァージョン)- Once Upon A Long Ago(Long Version)
    • 以下は2007年、iTunes Store販売版のボーナス・トラック。(12”シングル収録バージョン)
  16. Press (12" Bevans / Forward Dub Mix)