カジノ・ロワイヤル (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カジノ・ロワイヤル :
秘密情報部〇〇七号
Casino Royale
著者 イアン・フレミング
発行日 13 4 1953
発行元 ジョナサン・ケープ
ジャンル スパイ小説
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
形態 文学作品
ページ数 213
次作 死ぬのは奴らだ
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

カジノ・ロワイヤル』(Casino Royale)は、イギリスの作家イアン・フレミングによるスパイ小説。1953年に出版されたこの作品は、「ジェームズ・ボンド」の最初の作品であり、その後、フレミングによる11冊の小説と2冊の短編小説集が出版され、さらに他の作家によってボンドを主人公とした数多くの小説が出版された。

概要[編集]

この物語は、英国の諜報員ジェームズ・ボンドが、ロワイヤル・レゾーのカジノでギャンブルを行い、フランスの組合の会計係でロシアのシークレット・サービスの一員であるル・シッフルを破産させるというもの。ボンドをサポートするのは、ボンドの部下であるヴェスパー・リンド、CIAフェリックス・ライター、フランス国家安全保障局のルネ・マティスである。

フレミングは、海軍情報部のメンバーとしての戦時中の経験や、仕事中に出会った人々をプロットの要素として用い、ボンドのキャラクターにはフレミング氏の個人的な好みも多く反映されている。フレミングは、1952年初めにジャマイカのゴールデンアイの屋敷で、結婚を待ちながら草稿を書き上げた。当初、この作品が出版に適しているかどうか迷っていたが、友人である小説家のウィリアム・プロマーから、この小説は将来性があると言われた。

スパイもののストーリーの中で、世界におけるイギリスの立場、特にイギリスの諜報員であるガイ・バージェスとドナルド・マクレインがソ連に亡命したことを踏まえたアメリカとの関係をテーマにしている。1953年4月13日にイギリスで発売されたこの本は、当時の批評家たちからおおむね好意的な評価を受け、1か月足らずで完売したが、1年後にアメリカで発売されたときの売れ行きはかなり悪かった。

デイリー・エクスプレス」にコミックとして掲載されたほか、1954年にバリー・ネルソンがアメリカ人ボンドを演じたCBSのテレビシリーズ「Climax!」のエピソード、デヴィッド・ニーヴンが「サー・ジェームズ・ボンド」を演じた1967年の映画版ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じたイーオン・プロダクションズシリーズの2006年の映画と、3度にわたって映画化されている。

舞台[編集]

2023年3月から同年6月にかけ、宝塚歌劇団宙組による舞台『アクション・ロマネスク「カジノ・ロワイヤル 〜我が名はボンド〜」』を上演予定。主演は真風涼帆潤花。脚本・演出は小池修一郎[1]

日本語訳[編集]

  • 『カジノ・ロワイヤル - 秘密情報部〇〇七号』
    • (訳:井上一夫創元推理文庫 1963年 ISBN 4-488-13801-2
    • (訳:井上一夫)創元推理文庫 2006年 ISBN 4-488-13806-3
  • 『007 / カジノ・ロワイヤル』

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]