007 エブリシング オア ナッシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
007 エブリシング・オア・ナッシング
James Bond 007: Everything or Nothing
ジャンル TPS
対応機種 PlayStation 2ゲームキューブ
ゲームボーイアドバンス
開発元 EA Redwood Shores
Griptonite Games(GBA版)
発売元 エレクトロニック・アーツ
人数 1~4人
メディア DVD-ROMGC用8cm光ディスク
GBA用カートリッジ
発売日 Flag of Japan.svg 2004年2月11日
Flag of the United States.svg 2004年2月17日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
CEROA(全年齢対象)(GBAのみ)
ESRBT(13歳以上)
コンテンツ
アイコン
暴力
テンプレートを表示

007 エブリシング オア ナッシング(Everything or Nothing)は、007を題材にしたゲームの一つ。2004年に全世界で発売された。

ストーリー[編集]

オックスフォード大学でナノロボット・プロジェクトと呼ばれる極秘の研究が行われていた。試作品のナノロボット盗難事件が発生した。その事件の際、プロジェクトの担当者であるカトヤ・ナダノバも失踪してしまった。ナノロボットの目的は、ロボットを遠隔操作して有害な原子力施設の安全に修復する事。盗難されたナノロボットには、金属を溶かす事が出来る化学物質があり、それを反欧米のロシア人活動家である、ニコライ・ディアボロが悪用してしまおうと画策している。今作の任務は、盗まれたハードウェアを取り戻し、極秘裏に調査を進め、賊の正体を把握した施設を破壊する事。ボンドはディアボロの野望を阻止するために立ち上がる。

キャラクター[編集]

ジェームズ・ボンド
演 - ピアース・ブロスナン / 吹き替え - 堀内賢雄
世界を救うことにおいては、十分な経験と実績を持った世界最高のエージェント。卓越した射撃能力、高度なドライビングテクニック、そして優雅で紳士的な振る舞いを極めた彼は、日夜極秘裏の任務を随行している。
ニコライ・ディアボロ
演 - ウィレム・デフォー / 吹き替え - 大塚芳忠
以前はKGB(国家保安委員会)幹部職だったが、祖国の欧米化に幻滅していた。並外れた才能を持つマックス・ゾリンに目をつけたディアボロは、ゾリンの計画を自らの目的-世界征服-のために利用することを企んでいる。
M
演 - ジュディ・デンチ / 吹き替え - 弥永和子
女王陛下のシークレットサービスの部長として、MはMI6すべてのミッションと、ミッションを遂行するエージェントたちの責任者を務めている。常に冷静なボスMはボンドに大切な情報を与えてくれる。
Q
演 - ジョン・クリース / 吹き替え - 塚田正昭
MI6兵器開発担当であるQは、ダブルオーエージェントに提供する全ての武器、車両、ガジェットの開発にあたっている。自分の作品を大切に扱わない007に対しては、イライラを隠せないことも多い。
ミス・ナガ
演 - 伊東美咲 / 吹き替え - 伊東美咲
Qのアシスタントとして、兵器開発の補佐を務める人物。新兵器の取り扱いに誰よりも詳しい彼女のアドバイスは注意深く聞いておく必要がある。
カトヤ・ナダノバ博士
演 - ハイジ・クラム / 吹き替え - 野沢由香里
著名な科学者であり、恐ろしい暗殺者でもあるナダノバは、ディアボロの右腕として活動している人物。ディアボロはナダノバを介して、ナノテクノロジーを手に入れようと画策している。彼女の持つ魅力とだましのテクニックは、007にとって厄介な相手になる。
セリーナ・サンジェルマン
演 - シャノン・エリザベス / 吹き替え - 高乃麗
アメリカの地質学者。私生活ではエージェント003のパートナーでもあります。地質調査中、偶然にも事件に巻き込まれボンドと行動を共にすることになる。
エージェント・マイア・スターリング
演 - マイア / 吹き替え - 高島雅羅
NSAエージェントである彼女は、ルイジアナ州にあるナイトクラブの歌手としてスパイ活動を行っている。マイアの任務は、ニューオリンズでのディアボロの行動を調査すること。彼女の謀報活動は、いつしかボンドの任務にも深く関わっていくことになる。
ヤヤコフ
吹き替え - 辻親八
ラ・ローグ
吹き替え - 中田和宏
サッフォー
吹き替え - 古田信幸
将軍
吹き替え - 梁田清之
メッセージ・ガール
吹き替え - 間宮知子
番兵
吹き替え - 水内清光花輪英司坪井智浩竹田雅則堀越省之助
ジョーズ
演 - リチャード・キール / 吹き替え - なし

主題歌[編集]

  • Everything or Nothing/Mya

登場武器[編集]

この作品では前作のナイトファイアと違い、登場する武器のほとんどが実名で登場する。

プレイヤーが使用できる武器の中で特に初期装備となっている自動拳銃。威力は低いものの、唯一サプレッサーが装着ができ、敵に気づかれることなく先手を取ったり出来るのが強みである。装弾数10発。
P99より連射と装弾数が劣るが威力が高い自動拳銃。主に敵が所持している場合が多いが一部ミッションでは初期装備になることもある。装弾数6発。
連射に優れた短機関銃。しかし集弾性が悪く無駄打ちするとすぐに弾薬が尽きるため使いどころを考える必要がある。装弾数15発。
接近戦では非常に強力な散弾銃。攻撃力が高く、警備兵やごろつきを一撃で仕留めることができる。またトライアンフ・デイトナ600(バイク)に乗っている時も使用可能。実際はセミオートとポンプアクションの切り替えが可能だが、徒歩ではセミオート、トライアンフ搭乗時はポンプアクションで使用している。装弾数はセミオート時8発、ポンプアクション時無限。
ペルーのミッションでは敵兵のメイン武器として登場している自動小銃。武器としてはバランスが良いため、銃撃戦では大いに活躍する。装弾数20発。作中ではAK74と表記されているが、外観はAK-47となっている。
ミッションの大半で使用できる自動小銃。AK74よりも装弾数が多く射程距離も長い。一部ミッションでは初期装備にもなっている。装弾数30発。
遠距離からの狙撃に特化した武器。直撃した警備兵はどんな距離でも一撃で倒すことが可能。ほとんどの場合敵が所持している。回収することでボンドアクションになることもあるが、ボンドにとって敵への攻撃には実用性がない(同じ遠距離攻撃系のAT-420と比べると弾速は速い為、回避する敵には向いている)。装弾数5発。
  • AT-420
威力の高いロケット弾を発射するロケットランチャー。銃弾が効きにくい装甲車両に非常に有効な武器だが、対象との距離によっては自爆する危険性もある。装弾数4発。
  • 黄金銃
純金製の自動拳銃。ある条件を満たすとチートが使用可能となり、ポーズ画面でコマンド入力をすると使用可能となる。1発で大ダメージを与える事ができ、P99と弾薬を共有できる。
  • プラチナガン
外見は黄金銃と同じだが、本体がプラチナで出来ている自動拳銃。本編を完全クリア後にチートコードが出現し、そのコードをポーズ画面中に入力すると使用可能となる。命中後爆発する為、即死級の攻撃力(ボスでも3発で倒せる)を持ち、ゲーム上最強の攻撃力を持っている。黄金銃同様にP99と弾薬が共有できる。

乗り物[編集]

ポルシェの高級SUV。装備はルーフに内蔵されたミサイル、車体前方に搭載された機関銃、一部ミッションではクラスター爆弾、車体の姿を隠すことができるクローキング機能が備わっている。主にペルーのミッションで乗ることができる。
  • トライアンフ・デイトナ600
トライアンフ製のスポーツバイク。主な装備はロケット、火炎放射器、フロントフェアリングに内蔵されている武器収納タンクにはショットガンが搭載されている。カウンターウエイトが搭載されており、車体を平行に倒して障害物の回避もできる。主にペルーのミッションで使用する。

ゲームボーイアドバンス版とその他の違い[編集]

  • ミッションの数やPS2版にはないストーリーが存在する。

ワイド切り替えと英語音声切り替えの不具合[編集]

本作のPS2版及びゲームキューブ版では16:9のワイド出力への切り替えが、PS2版では英語音声への切り替えが可能であるが、一度設定してしまうとそのファイルではワイド出力や音声の切り替えができないという不具合がある。既存のファイルで画面や音声設定を切り替えたい場合は、希望の設定をした後にニューゲームを始め、1つ目のミッションをクリアした後に空きファイルにセーブし、その次に設定を変えたいファイルをロードしてからセーブし直す必要がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]