エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド(Ernst Stavro Blofeld)はイアン・フレミング原作の『ジェームズ・ボンド』シリーズに登場する悪役(スーパーヴィラン)。世界征服を狙う悪の天才であり、世界規模の犯罪組織「スペクター」(SPECTRE, SPecial Executive for Counter-intelligence, Terrorism, Revenge and Extortion、「対敵情報、テロ、復讐、強要のための特別機関」)の首領をつとめており、イギリス秘密情報部の諜報員ジェームズ・ボンドの宿敵でもある。

ブロフェルドはスキンヘッドの姿がよく知られているが、彼はしばしば変装したり整形手術により容姿を変えたりしてボンドの前に現れる。また映画版では常に白いペルシャ猫を膝の上に抱きかかえながら登場し、初期(『サンダーボール作戦』まで)は猫を撫でて毛づくろいをする手だけしか観客の前に姿を見せなかった。白猫を撫でるブロフェルドは様々な映画などでパロディにされている(『オースティン・パワーズ』シリーズの悪役ドクター・イーブルなど)。

経歴[編集]

フレミングは1961年に刊行した小説『サンダーボール作戦』でブロフェルドの前半生を詳しく描いているが、映画では一切過去が明らかにされたことはない。

小説によれば[1]、ブロフェルドは1908年5月28日[2]ポーランド人の父とギリシャ人の母のもとにグディニャで生まれた[3]第一次世界大戦ポーランドの独立によりポーランド国民となったブロフェルドはワルシャワ大学に進み経済学政治史を学び、ワルシャワ工科大学で工学ラジオニクスを学んだ。その後ポーランド政府の郵便電信省に入ったが、この地位を利用しワルシャワ証券取引所で株の売買を行い財を成した。

第二次世界大戦を予見したブロフェルドは、1939年ポーランド侵攻の直前にポーランド政府の機密電報の写しを作ってナチス党政権下のドイツに売り、彼が存在したという記録や経歴の全てを抹消してトルコへ逃げた。

トルコのラジオ局で働きながら情報機関を設立し、スパイを使って集めたさまざまな情報を連合国枢軸国の両方に売った。エルヴィン・ロンメルが敗れた後は連合軍を支えることに専念し、連合国各国から多くの勲章を受けて終戦を迎えた。その後南米に渡り極秘裏に「スペクター」を設立した、という設定である。

登場[編集]

小説[編集]

イアン・フレミングの小説ではブロフェルドは三度登場した。最初は1961年の長編第8作目『サンダーボール作戦』でスペクターの首領として現れたが彼の役割は比較的小さなものだった。彼の陰謀を実行してボンドと戦ったのは部下のエミリオ・ラルゴである。

ブロフェルドは次の小説『わたしを愛したスパイ』には出ないが、この物語はボンドが北米でブロフェルドを調査中に起こっている。『女王陛下の007』では、ボンドはブロフェルドが身分を偽りスイスにいることを掴み、英国の農業を崩壊させるという陰謀を砕く。小説の最後ではブロフェルドはボンドの妻となったヒロインのテレサ(映画版ではトレーシー)を殺して復讐を果たす。

妻の死後、自失状態にあったボンドは007としての職務に支障をきたし、MI6内部の人間を殺すという適正テストの指令(Mの指示による疑似テスト)を受け失敗、更に指令失敗直後の交通事故で負傷。殺しの番号007を剥奪され7777のナンバーで外交官として日本に赴任する(未公開小説)。

続く『007は二度死ぬ』ではブロフェルドはガントラム・シャターハントという名の植物学者として日本に潜伏しているが、日本の諜報部(長官はタイガー田中)からのシャターハント暗殺依頼と情報によりブロフェルドであることがボンドに見破られてしまう。ブロフェルドは私有地で様々な仕掛けを用意し、自殺志願者を招き入れるという、死神のような役目をしている(しかし、ボンドに言わせるとその陰謀のスケールは小さくなっている)。小説の最後でボンドは妻の敵でもあるブロフェルドを追いつめて殺し、これ以後ブロフェルドは登場しない。

小説『007は二度死ぬ』でのブロフェルドとの格闘で受けた頭部への打撃と事件のショックにより、ボンドは記憶を喪失。日本でキッシー鈴木と男子を儲けるも、記憶喪失のままロシアに渡る(ロシアに渡った時点では子供は産まれていない)。その後ロシアに洗脳され、M暗殺の刺客としてロンドンに送り込まれる(小説『黄金の銃を持つ男』)。

映画[編集]

ブロフェルドは007シリーズの映画6作とシリーズ外の1作でその姿を見せている

『ドクター・ノオ』、『ロシアより愛をこめて』など、小説にてソヴィエト連邦の秘密機関スメルシが背後にいた陰謀が映画ではスペクターが黒幕となっている作品が多い。ブロフェルドを含めスペクターの幹部たちはナンバーで呼ばれており、失策をした者に対しブロフェルドは容赦なく死の罰を与える。また、自分そっくりの容姿をした替え玉(ペルシャ猫とセット)を複数用意しており、ボンドらを苦しめた。『女王陛下の007』のラストでボンドの妻となったトレーシーを殺すが、次の『ダイアモンドは永遠に』ではついに最期を迎える[4]。ただし『ダイヤモンドは永遠に』ではっきりとは死が描写されておらず、『ユア・アイズ・オンリー』では人物がブロフェルドだとは明言されていないので、ブロフェルドが死んだという確証はない。

登場作品と担当俳優一覧
作品 公開年 演じた俳優 監督[5] ボンド俳優[5] 備考
007 ロシアより愛をこめて 1963年 アンソニー・ドーソン
(声:エリック・ポールマン)
テレンス・ヤング ショーン・コネリー [6]
007 サンダーボール作戦 1965年 [6]
007は二度死ぬ 1967年 ドナルド・プレザンス ルイス・ギルバート [6]
女王陛下の007 1969年 テリー・サバラス ピーター・ハント ジョージ・レーゼンビー [6]
007 ダイヤモンドは永遠に 1971年 チャールズ・グレイ ガイ・ハミルトン ショーン・コネリー [6]
007 ユア・アイズ・オンリー 1981年 ジョン・ホリス
(声:ロバート・リエッティ)
ジョン・グレン ロジャー・ムーア
ネバーセイ・ネバーアゲイン 1983年 マックス・フォン・シドー アーヴィン・カーシュナー ショーン・コネリー [7][6]
007 スペクター 2015年 クリストフ・ヴァルツ サム・メンデス ダニエル・クレイグ

ショーン・コネリー主演作品[編集]

007 ロシアより愛をこめて』『007 サンダーボール作戦
演:アンソニー・ドーソン(声:エリック・ポールマン)
ブロフェルドの最初の登場はシリーズ第二作『ロシアより愛をこめて』で、その次が第四作『サンダーボール作戦』である。
両作でブロフェルドはその顔を現さず、最後の出演者クレジットでも俳優の名はクエスチョンマークで伏せられた。彼は背広姿で椅子に座って白いペルシャ猫を撫でており、見えるのはほとんど手と猫だけであったが、これは後に非常に多くの模倣やパロディを生んだ。
007は二度死ぬ
演:ドナルド・プレザンス
当初チェコ出身のコメディ俳優ヤン・ヴェリフが起用されていたが、イメージ面で温和すぎ、ミスキャストとの指摘が監督、スタッフから続出。数シーン撮影の後降板となり、急遽プレザンスに交代となった。『007は二度死ぬ』初お目見えのプレザンス演じるブロフェルドはスキンヘッドで顔の右側に縦の傷跡があり、ぎょろりとした青い目の中年の男で、立襟の上着にペルシャ猫を抱いているという姿であった。しかし、その後は毎回異なる俳優が演じたため、顔も性格も毎回異なった。『007は二度死ぬ』で顔の右側についていた長い傷跡は後の2作にはない。ただし、後の『007 スペクター』のブロフェルド=オーベルハウザーは、映画終盤にほぼ同様の顔右側の傷を負う。
007 ダイヤモンドは永遠に
演:チャールズ・グレイ
髪は銀髪でふさふさとしている。フレミングの小説では、ブロフェルドはボンドたちに気付かれないよう毎回整形手術などで容姿を変えているとされており、これに沿った変貌振りである。『ダイヤモンドは永遠に』のアヴァン・タイトル(タイトルが出る前の冒頭部)でも整形技術を用いたブロフェルド自身の影武者造りの計画をグレイが語っている。その後のラスベガスでの再登場、ボンドとの再会シーンでは影武者と2人で姿を現す(白いペルシャ猫も2匹用意している)。ちなみに、『ダイヤモンドは永遠に』でブロフェルド役を演じたチャールズ・グレイは『007は二度死ぬ』においてもイギリス情報部のヘンダーソンとして、端役ながら出演している。
ネバーセイ・ネバーアゲイン
演:マックス・フォン・シドー
ブロフェルドと「スペクター」は、ケヴィン・マクローリーとショーン・コネリーによって製作された『サンダーボール作戦』リメイク版である本作にも登場した。演じるマックス・フォン・シドーは口ひげ・あごひげに蝶ネクタイの背広という姿であった。

ジョージ・レーゼンビー主演作品[編集]

女王陛下の007
演:テリー・サバラス
ボンドをスキーで自ら追跡、雪崩を起こして捕えたトレイシーを口説いたり、ボンドとの結婚直後のトレイシーを殺害するなど、前作よりかなりアクティブなブロフェルドとなっている。またスキンヘッドは前作『007は二度死ぬ』と同じだが、デ・ブルーシャン伯爵位を得るため、(ブルーシャン家の肉体的特徴を得るために)耳たぶを切り落としている設定となっている。

ロジャー・ムーア主演作品[編集]

007 ユア・アイズ・オンリー
演:ジョン・ホリス(声:ロバート・リエッティ)
本作でのブロフェルドに似た人物の登場はアヴァンタイトル(タイトルが出る前の冒頭部)である。電動車椅子に座わってペルシャ猫を抱いた禿頭の男(顔ははっきりとは見えない)が、ボンドの乗ったヘリコプターを遠隔操作し墜落させようとする。しかし、ボンドは手動操縦に切り替えて男をヘリコプターのスキッド先端で車椅子ごとつまみ上げ、工場の煙突へ落下させる。
ここではブロフェルドに似た男の名は最後の出演者クレジットにも出てこないが、これは当時イオン・プロとケヴィン・マクローリーが『サンダーボール作戦』の映画化権とブロフェルドというキャラクターの著作権をめぐり法廷で争っていたためでもある。マクローリーはフレミングの旧友であり、ジャック・ウィッティンガムと三人で1950年代後半にジェームズ・ボンドシリーズの映画化・テレビ化を模索して多くの脚本を書いていた。この映画原案のひとつをフレミングが無断で小説『サンダーボール作戦』にしたため、マクローリーとウィッティンガムはフレミングを法廷に訴えた。1963年の暮れ、フレミングが2人に対する損害賠償支払いを行い、以後の小説では2人の名をクレジットするよう判決が出た。小説の権利はフレミングに残ったため、スペクターは1963年以後もフレミングと後継作家たちにより小説に登場している。マクローリーは映画プロデューサのアルバート・R・ブロッコリおよびハリー・サルツマンと『サンダーボール作戦』映画化の合意を行ったが、その映画化以後もブロフェルドと組織「スペクター」が登場し続けたため彼らに対してもブロフェルドと「スペクター」の著作権を主張して裁判を起こした。この訴訟後、『ユア・アイズ・オンリー』冒頭でブロフェルドらしき謎の男を倒したことにより映画製作者はこのキャラクターに対する決別をほのめかしたといわれる。以後、007シリーズにブロフェルトが直接登場することはなかったが2006年にマクローリーが死去し、イオン・プロが遺族と和解交渉の結果、以後2015年に公開した『スペクター』において34年ぶりに再登場を果たした。
ただし本作におけるブロフェルドに似た人物の描写はスキンヘッド、立襟のグレースーツなどの外見のみの類似であり、本物のブロフェルドとしての登場ではなくマクローリーとの訴訟の副産物もしくはセルフパロディとして考えるべきで(本作品の時点で、マクローリーとの訴訟の決着はついていない)、本物のブロフェルドの登場・出演ではないと考えるのが妥当だろう。

ダニエル・クレイグ主演作品[編集]

007 スペクター
演:クリストフ・ヴァルツ
『ユア・アイズ・オンリー』のブロフェルドに似た人物の出演から数え、34年ぶりに登場。本作でブロフェルトはメインの悪役を務める。
本作でのブロフェルドの登場は制作中に厳重に隠され、演じるヴァルツも撮影中幾度ものマスコミのインタビューでも自分はブロフェルド役ではないと一貫して否定を貫き通した。[8]
過去作に対して設定が大幅に変更されている。本名はフランツ・オーベルハウザーといい、彼の父ハンスは両親を亡くした幼少期のボンドの後見人であり、ブロフェルトとボンドは血はつながってはいないが実質的な兄弟の関係にあった。父ハンスがボンドに愛情を注ぐことに嫉妬し、雪崩を起こして殺害。自らも死を偽装して行方を眩ます。以後、母方の血統より名前を拝借し、エルンスト・スタヴロ・ブロフェルドという偽名で組織スペクターを設立した。
旧作のイメージを彷彿とする描写が多く、立襟のスーツを着用し、スペクター本部では白いペルシャ猫を飼っており、終盤ではボンドによる爆撃で『007は二度死ぬ』の時と同様の顔の右側についていた長い傷を負う。
ダニエル・クレイグが演じるボンドシリーズにおいて直接登場するのは『スペクター』のみだが同作において『カジノ・ロワイヤル』『慰めの報酬』『スカイフォール』における出来事すべてに関わっていたことが明かされている。

ゲーム[編集]

ブロフェルドと「スペクター」は2004年のゲーム化作品『GoldenEye: Rogue Agent』に登場した。スペクターは深海基地と強力な軍隊、進んだ技術を持つ秘密結社で、かつての007の敵役たちが所属している。

影響[編集]

様々な俳優が演じた様々な「ブロフェルド」は、007の亜流作品やパロディをはじめ、後世の映画やテレビ番組に登場する「悪の首領」像に大きな影響を与えた。「猫を膝に載せた、顔の見えない悪の首領」はもはやこの手の悪の組織の「お約束ごと」(クリシェ)、ストックキャラクターと化した感があり、一つ一つ列挙することはできない。

最も印象的なパロディは、『オースティン・パワーズ』シリーズでマイク・マイヤーズが演じた悪の天才ドクター・イーブルであろう。『007は二度死ぬ』のドナルド・プレザンス演じるブロフェルドに影響されたこのキャラクターは、部下たちをナンバーで呼ぶ、顔に傷がある、「ビグルスワース君」と名付けたペルシャ猫を膝に乗せる、『007は二度死ぬ』『ダイヤモンドは永遠に』でブロフェルドが着ていたのと同じネルー・ジャケットを着る、ブロフェルド同様の謎めいた生い立ちを持つなど、007シリーズへの強いこだわりがみられる。

注釈[編集]

  1. ^ ブロフェルドという名は、フレミングの同級生(イギリスのクリケット解説者ヘンリー・ブロフェルドの父親)から取られたと信じられている。しかし実際にはフレミングと同じ会員制クラブにいた作家のジョン・ブロフェルドの父、アーンスト・ブロフェルドから取ったものである。ヘンリーとジョンは遠い親戚に当たる。
  2. ^ イアン・フレミングの誕生日と同じ。
  3. ^ 1908年当時、グディニャは小さな漁村であり観光客がいくらか来る程度だった。現在のような港湾都市となったのはポーランド独立後の1920年代のことであり、フレミングの説明するようなブロフェルドの生まれ方は不可能か、もしくは信じがたいものである。
  4. ^ 製作側としては本来、ブロフェルドを今後も登場させるつもりであったが、ケヴィン・マクローリーとの権利問題(後述)でブロフェルドをこの作品の後、長期にわたって登場させることができなくなってしまった。よって、ブロフェルドの死ははっきりとは描写されていない。『ユア・アイズ・オンリー』においても同様の理由である。
  5. ^ a b 監督や主演(ボンド俳優)によって世界観や解釈が変化しているので、記述しておく。
  6. ^ a b c d e f イアン・フレミングの長編小説を元にした同名作品。
  7. ^ 『007 サンダーボール作戦』のリメイク版映画。
  8. ^ http://jamesbond007news.com/2015/04/07/christoph-waltz-denies-blofield-rumours-again/

外部リンク[編集]